日本の作家 あ行の「お」

王   樞之   孫文傳、改造社、1931年。
小江  康雄   琵琶湖水底の謎、現代新書、1975.
大石  邦子   回想のわが青春よ!、母校へ行く、自負、屈辱、
鬼の邦子、埋もれ火、夕日、かえりこよ、
「福島文学全集 第二期3」所収。
瀬戸蔵の小さな窓に、蕎麦の花、「福島県文学全集
第二期5」所収。
大石  真   チョコレート戦争、理論社フォア文庫、1980年、第」5刷。
大石  芳野   ベトナムは いま、十年後のベトナム戦争、講談社文庫、1985.
大泉  光一   国際テロの標的、講談社、1986.
笈川  博一   コロンブスは何を「発見」したか、講談社現代新書、1992.
大井 義典  詩集 無の勝利、1972年。
詩集 線、1977年。
大内 一(染田・立石共著)  もう一つのスペイン史、同朋舎出版、1994.
大内  兵衛   日本社会党と農地改革 筑摩「戦後思想の出発」所収.
エンゲルスの「小見本」、「中江丑吉の人間像」所収。
大江 健三郎   現代の文学43 大江権三郎集、河出書房新社、1964.
(収録作品・われらの時代、芽むしり仔撃ち、
奇妙な仕事、死者の奢り、他人の足、飼育、
人間の手、見るまえに跳べ、戦いの今日、ここより
他の場所、共同生活、後退青年研究所、解説奥野健男)
性的人間、新潮社、1968,11刷.
われらの時代、新潮文庫、1970,13刷.
同時代としての戦後、講談社、1973,2刷.
壊れものとしての人間 活字のむこうの暗闇、講談社文庫、1973,6刷.
みずから我が涙をぬぐいたまう日、講談社文庫、1974.
厳粛な綱渡り、上下、文春文庫、1975.
ピンチランナー調書、新潮社、1976.
小説の方法、岩波現代選書、1978年。
「雨の木」を聴く女たち、新潮社、1982,2刷
沖縄ノート、岩波新書、1983,15刷.
(選)何とも知れない未来に、集英社文庫、1983.
新しい人よ眼ざめよ、講談社、1983,2刷.
日本現代のユマニスト 渡辺一夫を読む、岩波書店、1984.
同時代ゲーム、新潮文庫、1984.
いかに木を殺すか、文芸春秋社、1985,2刷.
河馬に噛まれる、文芸春秋社、1985.
懐かしい年への手紙、講談社、1987.
新しい文学のために、岩波新書、1988.
キルプの軍団、岩波同時代ライブラリー、1990.
死者の奢り・飼育、新潮文庫、1991,49刷.
小説のたくらみ、知の楽しみ、新潮文庫、1992,3刷.
「最後の小説」、講談社、1994,3刷.
治療塔、岩波書店、1994,4刷.
静かな生活、講談社、1994,5刷.
ヒロシマの「生命の木」、日本放送出版協会、1994,3刷.
現代の文学 28 大江権三郎、講談社、講談社、
(収録作品・不意の唖、人間の羊、後退青年
研究所、不満足、セヴンティーン、空の怪物
アグイー、万延元年のフットボール、狩猟で暮らし
たわれらの先祖、巻末作家論長田弘)
芽むしり仔撃ち、筑摩現代文学大系61.
新年の挨拶、岩波書店、1993年。
人生の親戚、新潮社、1994,20刷.
鯨の死滅する日、講談社文芸文庫、1994,2刷.
個人的な体験、新潮文庫、1994,21刷.
僕が本当に若かった頃、講談社、1994年、第2刷。
あいまいな日本の私、岩波新書、1995年。
小説の経験、朝日新聞社、1994年、2刷。
恢復する家族、講談社、1995年、3
日本の「私」からの手紙、岩波新書、1996年。
万延元年のフットボール、講談社文芸文庫、1995年、第12刷。
ゆるやかな絆、講談社、1996年。
燃えあがる緑の木 第1部、「救い主」が殴られるまで 、
新潮社、1994,2刷.(もう一冊ある)
第2部、揺れ動く〈ヴァシレーション〉
新潮社、1994,2刷.
第3部、大いなる日に、新潮社、1995年。
宙返り、上下、講談社、1999年、第4刷、第1刷。
取り替え子 チェンジリング、講談社、2000年。
憂い顔の童子、講談社、2002年。
二百年の子供、講談社、2003年。
言い難き嘆きもて、講談社文庫、2004年。
さようなら、私の本よ!(講談社、2005年)
臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ、新潮社、2009年。
暴力に逆らって書く 往復書簡、朝日新聞社、2003年。
晩年様式集、講談社、2013年。
「群像日本の作家23」、大江健三郎、小学館、1994年、第4刷。
群像特別編集「大江健三郎」、講談社MOOK、1995年。
世界文学は日本文学たりうるか?、『群像』合本94/95。
群像 日本の作家23 大江健三郎、1995年、第6刷。
(中文)我在曖昧的日本(王中■・庄焔訳)、南海出版公司、2005年。
(中文)個人的体験(王中■他訳)、(収録作品.万延元年
のフットボール、飼育、人間の羊、性的人間、空の
怪物アグイー)北京燕山出版社、2001年。
(中文)『広島・沖縄札記』(王新新訳)、河北教育出版社、2002年。
(中文)『康復的家庭』(鄭民欽訳)、2004年。
(中文)『被倫換的孩子』(竺家榮訳)南海出版公司、2004年。
(中文)莫言など『大江健三郎文学研究 2006年論文集』、
百花文藝出版社、2008年。
大江  三郎  英語の構造、真砂書房、1966年。
大江 志乃夫  満州歴史紀行、立風書房、1995年。
張作霖爆殺 昭和天皇の統帥、中公新書、1989年。
大岡  昇平  無罪、新潮文庫、1982,2刷.
俘虜記、野火、花影、朝の歌(筑摩現代文学大系59).
野火、新潮文庫、1993年、75刷。
青山二郎装「山羊の歌」、『海』1979,7月号.
武蔵野夫人、新潮文庫、1970年、30刷。
保成峠、磐梯愁色、「福島県文学全集 第二期2」所収。
大岡昇平・埴谷雄高 二つの同時代史、岩波書店、1984年、
第二刷。
母六夜、母、焚火、童謡、「講談社少年少女日本文学館19」
所収。
「群像 日本の作家19 大岡昇平」、小学館、1995年、第2刷。
大岡   信  詩への架橋、岩波新書、1983,15刷.
熊野川『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
光のくだもの、小学館、1993年、2刷。
光の受胎、小学館、1995年。
おとぎ草子、岩波少年文庫、1995年。
1900年前夜後朝譚 近代文芸の豊かさの秘密、岩波書店、
1994年。
捧げるうた 50篇、花神社、1999年。
大上  正美  思索と詠嘆、「中国古典詩聚花4」、小学館、1985年。
大木  英夫  終末論的考察、中央公論社、1970.
現代人のユダヤ人化 現代文明論集、白水社、1976.
大来 佐武郎  (監修)ローマ・クラブ東京シンポジウム
新しい世界像を求めて、ダイヤモンド社、1974年。
大久保 督子  空っぽの家、沖積舎、1988.
梟の棲むベランダ、沖積舎、1992.
大久保 哲郎  ウナムーノの詩と世界、芸林書房、1975.
実存・時間・生成、芸林書房、1977.
存在の光(竹下双炎と共著)、近代文芸社、1985.
大倉  桃郎   琵琶歌、筑摩「明治文学全集93」所収。
逢坂   剛   スペイン読本、福武文庫、1987.
ハポン追跡、講談社文庫、1995年。
カディスの赤い星、1987年、5刷。
大澤  武男  ユダヤ人とドイツ、講談社現代新書、1991.
大塩  中斉  洗心洞箚記、古本大学刮目(抄)、儒門空虚聚語
附録ほか、佐藤一斉に寄せた手紙と返書、檄文
「中公日本の名著27」1978年。
大島   彰  心の月は沈まない、河出書房新社、1995年。
大島  鋸山  鞴(ふいご)遺句集、1995年
大嶋   仁  こころの変遷 日本思想をたどる、増進会出版社、1997年。
(MJデプラダ共著)ゆらぎとずれの日本文学史、ミネルヴァ書房、2005年。
ユダヤ人の思考法、ちくま新書、1999年。
福沢諭吉のすすめ、新潮選書、1998年。
大島  秀子  歌集 花のある径、短歌新聞社、1990年。
大須賀 乙字  乙字俳論集(抄)、「福島県文学全集 第二期1」所収。
大杉  一雄  日中十五年戦争史、中公文庫、1996年。
大杉   栄  自叙伝、日本脱出記(抄)、僕は精神が好きだ、
新しい女、自我の棄脱、小紳士的感情、労働運動の
精神、組合帝国主義、無政府主義将軍ほか、
「中公日本の名著46」、1969年。
「遺言」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
牢屋の歌、「ちくま文学の森13」所収。
太田  尚樹  満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの、講談社、2005年。
大田  治子  心映えの記、中公文庫、1987年。
太田 光・中沢新一 憲法九条を世界遺産に、集英社新書、2006年。
大田  昌秀  沖縄の心 沖縄戦と私、岩波新書、1988,2刷.
大田  浩史  相馬移民と二宮尊徳、真宗大谷派大福寺住職、2011年。
太田  水穂  冬葉、筑摩現代文学大系68.
大田  洋子  ほたる、『何とも知れない未来に』所収.
大田遼一郎  回想の中江丑吉、風媒社「中江丑吉の人間像」所収。
大高 保二郎  世界美術全集11 ベラスケス、小学館、1978.
新潮美術文庫12、1974.
大滝  清雄  作品 第陸、作品 第質、作品 第捌、作品 第玖、
「福島県文学全集 第二期6」所収。
大竹   勝  アメリカ文学史、評論社、1963,6版.
大塚 金之助  「一自由主義者の戦時日記」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
大槻  吉直  相馬藩士 富田高慶伝、興複社、明治三十年。
大手  拓次  藍色のがま、筑摩現代文学大系67.
大谷  貴子  霧の中の生命、リヨン社、1991.
大谷 忠一郎  小石を投げる、空中錯覚、
大塚  公子  死刑囚の最後の瞬間、角川文庫、1997年、8版。
大西  巨人  神聖喜劇、第一巻、ちくま文庫、1991年。
第二巻、      、1991年。
第三巻、      、1992年。
第四巻、       1992年。
第五巻、       1992年。
大野   晋  日本語の起源、岩波新書、1965,11刷.
大野  林火  (監修)ハンディ版入門歳時記、角川書店、1987再版.
大庭 みな子  三匹の蟹、講談社、1968,2刷.
飛ぶ花、「海」1979,7月号.
藤、「海」1980,7月号.
大橋  訥菴  書簡、「岩波日本思想大系47」所収、1972年。
大原  富枝  ソドムの林檎、「海」1979,7月号.
大原  幽學  微味幽玄考、義論集、「日本思想大系52」、中井信彦
校注、岩波書店、1973年。
大曲  駒村  東京灰燼記、中公文庫、1981年。
大町  桂月  阿武隈水源の仙境、「福島県文学全集 第二期1」所収。
大村  はま  教師大村はま96歳の仕事、小学館、2003年。
大森 和夫・弘子 (編著)「中国の大学生」発日本語のメッセージ、
日本僑報社、2004年。
大宅  壮一  実録・天皇記、角川文庫、1988,17版.
(編)日本のいちばん長い日 運命の八月十五日、
角川文庫、1988,20版.
「無思想人」宣言、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
大山  郁夫  戦争責任と天皇の退位、筑摩「国家の思想」所収.
大和  岩雄  日本にあった朝鮮王国 謎の「秦王国」と古代信仰、
白水社、1993年、第4刷。
大和田 建樹  鉄道唱歌、「ちくま文学の森13」所収。
岡    潔  講演集、市民大学講座出版局、1978.
岡    麓  雲間草、筑摩現代文学大系68.
岡倉  覚三  茶の本、村岡博訳、岩波文庫、1974,53刷.
岡倉  天心  東洋の目覚め、東洋の理想、日本の目覚め、茶の本、
応挙・芳崖・雅邦、「中公日本の名著39」、1970年。
岡崎 嘉平太  私の記録 飛雪、春の到るを迎う、東方書店、1979年。
(伊藤武雄・松本重治との鼎談)われらの生涯のなかの中国、
みすず書房、1983年。
岡田   啓  島尾敏雄 還相の文学、国文社、1990.
岡田  喜秋  秘話ある山河(抄)、「福島県文学全集 第二期5」所収。
岡田 英樹  文学にみる「満洲国」の位相、研文出版、2000年。
尾形   勇  (鶴間和幸・上田信・葛剣雄・王勇、蠣波護共著)日本
にとって中国とは何か、講談社「中国の歴史」
第12巻、2005年。
岡村  史夫  スプートニクとボク、キツツキの習性について、笑いの
質について、「福島県文学全集 第二期6」所収。
岡本 一平   清水勲編 漫画漫文集、岩波文庫、1995年。
岡本 かの子  巴里祭、新潮文庫、1964年,14刷.
巴里祭、東海道五十三次、老ぎ抄(筑摩現代文学大系41).
鮨、「ちくま文学の森3」所収。
生々流転、講談社文芸文庫、1993年。
老祇抄、「ちくま文学の森9」所収。
東海道五十三次、「ちくま文学の森13」所収。
岡本 綺堂   利根の渡、「ちくま文学の森」7所収。
蛇精、「ちくま文学の森12」所収。
岡本 恵徳   「ヤポネシア論」の輪郭 島尾敏雄のまなざし、
沖縄タイムス社、1990年。
岡本  潤  神の声、「福島県文学全集 第二期6」所収。
岡本  太郎  母の手紙、千曲出版社、1979.
(敏子共著)愛する言葉、イースト・プレス、2006年。
岡本 良雄  アンクル・トムさん、『川をわたる歌声』所収。
尾形 仂   松尾芭蕉、ちくま文庫、1989.
歌仙の世界 芭蕉連句の観賞と考察、学術文庫、1989.
岡野   進  天皇と天皇制、筑摩「戦後思想の出発」所収.
岡本 恵徳   「ヤポネシア論」の輪郭 島尾敏雄のまなざし、沖縄タイムス社、1990.
小川  芋銭  福島飯坂滞留中日記、「福島県文学全集 第二期2」所収。
小川 国夫   アポロンの島、審美社、1967.
生のさ中に、審美社、1967.
海からの光、南北社、1968.
新鋭作家叢書 小川国夫集、河出書房新社、1971.
一房の葡萄、冬樹社、1972,2刷.
悠蔵が残したこと、審美社、1972,3版.
或る聖書、筑摩書房、1973,2刷.
彼の故郷、講談社、1974.
漂泊世界、冬樹社、1974,3刷.
試みの岸、河出書房新社、1975,再版.
青銅時代、新潮社、1974,2刷.
流域、河出書房新社、1975,再版.
舷にて、冬樹社、1977.
対談集 彼に尋ねよ、小沢書店、1977.
天草灘、潮出版社、1977,2刷.
花深き、湯川書房、1977.
ステンドグラス なだれる虹 燃えるいばら、
平凡社カラー新書、1977年。
親和力、小沢書店、1978.
葦の言葉、筑摩書房、1978.
血と幻、小沢書店、1979.
光があった(下村寅太郎と共著)、朝日出版社、1979年。
アフリカの死、集英社、1980.
想う人、小沢書店、1980.
なだれる虹、作品社、1980.
新潮現代文学 65 小川国夫(或る聖書・青銅時代
・アポロンの島・自選エッセイ)、1980年。
サハラの港、小沢書店、1981.
若潮の頃、新潮社、2刷、1981年。
西方の誘惑、朝日出版社、1981.
(埴谷雄高と共著)夢の中の夢想、朝日出版社、1982年。
冬の二人 立原正秋・小川国夫往復書簡、創林社、1982,4刷.
青の諧調(丹羽正編)、小沢書店、1984年。
古都アッシジと聖フランシスコ(写真菅井日人)、
講談社、1985年。
逸民、新潮社、1986.
ヴァン・ゴッホ、小沢書店、1986.
聖書と終末論、岩波書店、1987.
或る過程、河出書房新社、1988.
地中海の慰め、小沢書店、1989.
遊子随想 陽炎の道、岩波書店、1989年。
跳躍台、文藝春秋、1990年。
マグレブ、誘惑として、講談社、1995年。
ハシッシ・ギャング、文藝春秋、1998年。
あじさしの洲 自選短編集、講談社文芸文庫、2009年、第2刷。
昼行灯ノート、2008年、私家製。
止島、講談社、2008年。
弱い神、講談社、2010年。
俺たちが十九の時 初期作品集、新潮社、2012年。
動員時代ー海へ、岩波書店、2013年。
生徒会長、「群像」1995年7月号。※私製合本に収録。
追悼埴谷雄高 ひたむきな思索、暗示力、「群像」
1997年7月号。 ※私製合本に収録。
オディル、「群像」1997年十月号。 ※私製合本に収録。
星月夜、「群像」1998年1月号。※私製合本に収録。
「無題」、新発見第回、「アナホリッシュ國分学」、
第2号、響文社、2013年。
小川国夫全集、小沢書店版(1991~1995年)
第一巻   アポロンの島、想う人、ファンタジア
第二巻   生のさ中に、海からの光
第三巻   悠蔵が残したこと 試みの岸
第四巻   或る聖書、アフリカの死
第五巻   彼の故郷 青銅時代
第六巻   若潮の頃、逸民
第七巻   王歌、血と幻、遠つ海の物語
第八巻   跳躍台、黙っている、お袋、蛇王
第九巻   或る過程、遊子随想
第十巻   随想1 文学論Ⅰ
第十一巻  随想2 文学論Ⅱ
第十二巻  随想3 美術論
第十三巻  随想4 紀行
第十四巻  随想5 身辺誌
小川国夫 光と闇、おりじん書房、1974年。
故郷を見よ 小川國夫 文学の世界、静岡新聞社、2007年。
大阪芸術大学 河南文藝 追悼ー小川国夫、Vol5,2008年。
言葉は光、小川邦夫文学碑建立記念、2012年。
小川 恵    銀色の月 小川国夫との日々、岩波書店、2012年。
指輪の行方、岩波書店、2015年。
小川  圭治   人類の知的遺産48 キルケゴール、講談社、1979.
小川  環樹   (西田太一郎共著)漢文入門、岩波全書、1987年、第31刷。
小川津根子・石川小夜子  国に棄てられるということ 「中国残留婦人」はなぜ
国を訴えたか、岩波ブックレtット、No.666、2005年。
祖国よ 「中国残留婦人」の半世紀、岩波新書、1995年。
小川  末明   赤いらふそくと人魚、筑摩現代文学大系64所収.
野ばら、『川をわたる歌声』所収。
牛女(高野玲子・絵)、偕成社、2005年、3刷。
「日本児童文学大系5 小川未明集」、ほるぷ出版、1977年。
小川 洋子  (中文)博士的愛情算式(李建云訳)、人民文学出版社、2005年。
(中文)妊娠日暦、「中日女作家新作大系」、中国文聯
出版公司、2001年。
尾川  正二   原稿の書き方、現代新書、1976.
荻内  勝之   スペイン・ラプソディ、主婦の友社、1989.
ドン・キホーテの食卓、新潮選書、1987.
荻原 井泉水   井水句集一、筑摩現代文学大系69.
荻生  徂徠   学則、弁道、弁名(抄)、徂徠集(抄)、答書、
政談(抄)、「中公日本の名著16」、1974年。
屋島  庄太郎   英詩の味わい方、研究社、初版1957;1988,24版.
奥田 平八郎   文学と愛の神秘、近代文藝社、1993年。
奥野  健男   越境する文芸批評、平凡社、1995年。
小熊  秀雄   (岩田宏編)小熊秀雄詩集、岩波文庫、1983,2刷.
哀憐詩集、筑摩現代文学大系67.
ある手品師の話、童話集、晶文社、1976年。
小熊秀雄研究(小田切秀雄・木島始編)、創樹社、1980年。
全集 2(詩集・全童話)、創樹社、1983年第2刷。
新編全集 3(『飛ぶ橇』、「文壇風刺詩編」)、1991年。
全集 4(『流民詩集』、評論)1977年
全集 5(画家論、美術論)、1978年、
奥村  土牛   牛のあゆみ、中公文庫、1988.
奥村  義信   満州娘娘考、満州事情案内所、1915年の、復刻版
(第一書房、1982年)

▲大石孝さん、あなたのアドレスが間違っているらしくこちらからのメール何度送っても返ってきます。至急正しいアドレスで連絡してください。(2017,一月四日記)
小倉  和夫   パリの周恩来 中国革命家の西欧体験、中公叢書、1992年。
小倉 金之助   自然科学者の反省、筑摩「戦後思想の出発」所収.
「黒板は何処から来たのか」、平凡社「世界教養
全集」別巻1所収。
小倉  倉一   或る哲人の思い出、「中江丑吉の人間像」所収。
小倉  正宏   光と闇 我らが世紀、三一書房、2000年。
生越   忠   これからの大学、朝日新聞社、1974,2刷.
小此木 啓吾   秘密の心理、講談社現代新書、1989,6刷.
モラトリアム人間の時代、中央公論社、1974,2刷.
尾崎  一雄   芳兵衛物語、虫のいろいろ、美しい墓地からの眺め、
まぼろしの記(筑摩現代文学大系45).
虫のいろいろ、「少年少女日本文学館17」所収。
歌集『水枕』 「海」1979,7月号.
虫のいろいろ、「ちくま文学の森12」所収。
尾崎  喜八   甲斐路の春、『日本随筆紀行10』所収.
尾崎  紅葉   多情多魂、花微笑、病骨録(筑摩現代文学大系45).
尾崎 庄太郎   われ、一粒の麦となりて、桐原書店、2007年。
尾崎  士郎   空想部落、せきれいの巣、河鹿、かがり火、落日、
将軍(筑摩現代文学大系44).
高杉晋作・石田三成・他、河出「国民の文学8」、1969年。
人生劇場、筑摩「昭和国民文学全集18」、1974年。
尾崎  秀樹   魯迅との対話、南北社、1962年。
上海1930年、岩波新書、1989年。
夢いまだ成らず 評伝 山中峯太郎、中央公論社、1983年。
尾崎  文昭   (編)「規範」からの離脱 中国同時代作家たちの
探索、山川出版社、2006年。
尾崎  秀実   愛情はふる星のごとく、光文社カッパ・ブックス、1960年。
現代支那論、岩波新書(特装版)、1982年。
現代支那論、中国新書8、勁草書房、1964年。
尾崎   翠    ちくま日本文学全集20、1992.
初恋、「ちくま文学の森1」所収。
長田   新   (編)わたしがちいさかったときに(岩崎ちひろ画)
童心社、1970年、12版。
(編)原爆の子、上下、岩波文庫、1998、2007年。
長田  武正   野草図鑑⑥おきなぐさの巻、保育社、1984年。
長田   弘    長田弘詩集、思潮社、1968.
アウシュビッツへの旅、中公新書.
ねこに未来はない、角川文庫、1982,13版.
木造校舎、福島、吾妻山、「福島県文学全集第二期5」所収。           無言          歌、愛について、われら新鮮な旅人、
わが詩法、「福島県文学全集 第二期6」所収。
小山内 薫   息子、筑摩現代文学大系64所収.
長部 日出雄   天皇はどこから来たか、新潮社、1996年、2刷。
大佛  次郎   敗戦日記、草思社、1995年、3刷。
鞍馬天狗 1角兵衛獅子、小学館文庫、2000年。
2地獄の門・宗十郎頭巾、2000年。
3新東京絵図、2000年。
4雁の便り、2000年。
5地獄太平記、2000年。
※ 5巻ともよっちゃんに進呈(2016年5月5日)
新潮日本文学25(乞食大将、帰郷、霧笛、ドレフェス事件、
詩人、地霊)、1981年、7刷。
新潮日本文学アルバム、1995年。
赤穂浪士、河出「国民の文学5」、1967年。
ごろつき船、筑摩「昭和国民文学全集2」、1973年。
「少年小説大系 第4巻 大佛次郎集」、三一書房、1986年。
小澤   勲   認知症とは何か、岩波新書、2005年。
押田  成人   地下水の思想、新潮社、1986.
尾島 菊子  初奉公、他3編、ほるぷ「日本児童文学大系6」所収。
尾島 庄太郎  英詩の味わい方、研究社、1957年。
小田  玉瑛   インド曼荼羅、蓮河舎、1990.
小田   実   何でも見てやろう、河出書房新社、1962年、5版。
人間について、筑摩現代日本思想大系16 「現代人間論」所収.
私と天皇・人びとの中の天皇、ちくま文庫、1988.
(安岡章太郎と対談)大逃走論、毎日新聞社、1969年。
小田  勝造   人間の灰、『何とも知れない未来に』所収.
織田 作之助    夫婦善哉、木の都、螢、六白金星、アド・バルーン、
世相、競馬(筑摩現代文学大系44).
ニコ狆先生、「ちくま文学の森5」所収。
小高根二郎  詩人 伊東静雄、新潮選書、1971年。
小高町     大悲山大蛇物語、西崎正絵、1997(平成9)年再版。
越智  道雄   ワスプ(WASP)、中公新書、2000、5版。
越智 保夫   好色と花、筑摩書店、1970.
落合 一泰  (稲村哲也共著)マヤ文明・インカ文明の謎、光文社、1988.
落窪物語   稲賀敬二校注、「新潮日本古典集成」、1977年。
小都 晶子  日本人移民政策と「満州国」政府の制度的対応
―ー拓政司、開拓総局を中心に―ー、『アジア経済』
XLVII-4(2006.4)抜き刷り
御伽草子     松本隆信校注、「新潮日本古典集成」、1980年。
小野 和子  中国女性史 太平天国から現代まで、平凡社選書、1978年。
小野賢二・藤原彰・本多勝一編  南京大虐殺を記録した皇軍兵士
たち、大月書店、2004年、第3刷。
尾上 柴舟   銀鈴、筑摩現代文学大系68.
小野寺 功    大地の哲学 場所的論理とキリスト教、三一書房、1983.
小野寺公二  南部一揆の旗、集英社文庫、1995年。
小野山博子  原爆記 それは第二の誕生日だった、女人随筆社、2003年、4版。
帯広小学校同窓会  花の帯広小学校、1982年。
おもろそうし 外間守善・西郷信綱校注、岩波日本思想大系18、1972年。
親泊 朝省  草奔の文、筑摩「戦後思想の出発」所収.
尾山 篤二郎   明る妙、筑摩現代文学大系68.
折口 信夫  海やまのあひだ、死者の書、零時日記、山の音を
聴きながら、姥の話、雪の記憶、恋の消息、日本
の道路、留守ごと(中公「日本の文学」26所収)
「世々の歌びと」、平凡社「世界教養全集」14所収。
折原  治  危機における人間と学問、未来社、1972,4刷.
人間の復権を求めて、中央公論社、1971.
折本 立身  介護もアート、KTC中央出版、2003年。

日本の作家 あ行の「え」

永   六輔   大往生、岩波新書、1994年、第21刷。
江上 波夫     騎馬民族国家 日本古代史へのアプローチ、
中公文庫、1975,27刷.
江川  紹子   「オウム真理教」追跡2200日、文芸春秋社、1995年。
冤罪の構図、現代教養文庫、社会思想社、1994年。
江口   渙   「漱石山房夜話」、平凡社「世界教養全集」別巻1 所収。
つる、『川をわたる歌声』所収。
江口 圭一  日本帝国主義論、青木書店、1975年。
日中アヘン戦争、岩波新書、1988年。
江崎  富雄   『思い出 熱河戦記』、1984年。
江渡  狄嶺  選集、上下、家の光協会、1980年、第2版。
江藤   淳   小林秀雄、講談社、1966,7刷.
漱石とその時代 第一部、新潮選書、1975,14刷.
第二部、 1975,13刷.
アメリカと私、講談社文庫、1974,3刷.
夏目漱石、角川文庫、1970,4版.
衛藤  利夫    韃靼、中公文庫、1992年。
衛藤  瀋吉   『中江丑吉書簡集』、「中江丑吉の人間像」所収。
江戸川 乱歩   化人幻戯、角川ホラー文庫、1998年、8版。
押絵と旅する男、「ちくま文学の森6」所収。
人間椅子、「ちくま文学の森4」所収。
二銭銅貨、「ちくま文学の森14」所収。
黄金豹、ほるぷ「日本児童文学大系29」所収。
江成 常夫    シャオハイの満州、集英社、1984年。
江原  昭善    人間性の起源と進化、NHKブックス、1990,5.
潁原  退蔵    芭蕉俳句新講 上、岩波書店、1978,6刷.
下、 1978,6刷
NHK取材班    「ヒトラー」に派遣されたスパイ、日本の選択9、
角川文庫、1995年。
NHK「新シルクロード」プロジェクト編著
1 楼蘭 トルファン,2005年。
2 草原の道 タクラマカン、2005年。
3 天山南路 敦煌、2005年。
4 青海 カラホト、2005年。
5 カシュガル 西安、2005年。
援助修道会   1981年。
円地 文子   食卓のない家、新潮文庫、1985,5刷.
花散里、ひもじい月日、黒い紫陽花、男のほね、妖、
二世の縁、拾遺、耳おうらく、東京の土、冬紅葉、
老桜(筑摩現代文学大系40).
噴水(抄)、「少年少女日本文学館17」所収。
迷子、「海」1979,7月号.
女親戦争、「海」1980,7月号.
遠藤 周作   深い河、講談社、1993,8刷.
沈黙、新潮社、1967,17刷.
死海のほとり、新潮社、1973.
イエスの生涯、新潮社、1973.
留学、新潮文庫、1969,2刷.
文学と芸術、講談社、1977.
宗教と文学、講談社、1977.
月光のドミナ、新潮文庫、1973,3刷.
私のイエス、祥伝社、1976.
対談集 日本人はキリスト教を信じられるか
侍、新潮文庫、1986.
おバカさん、角川文庫、1963年、3版。
その前日、童話、私のもの、札の辻、四十歳の男、
帰郷、ルーアンの夏、留学生(筑摩現代文学大系61).
小説家の海外旅行、「海」1979,7月号.
聖書の中の女性たち、角川書店、4版、1962年。
鉄の首枷、中央公論社、1977年、3版。
白い人・黄色い人、新潮文庫、1985年、11刷。
海と毒薬、新潮文庫、2002年、88刷。
真昼の悪魔、新潮文庫、1996年、26刷。
古今百馬鹿、角川文庫、1976年、17版。
「群像 日本の作家22 遠藤周作」、小学館、1994年、第2刷。
遠藤  順子 再会 夫の宿題 それから、PHP研究所、2000年。
遠藤登志子  雪の夜ばなし 福島の民話、ふるさと企画、1985年。
遠藤 満雄  戦後生まれの正義感、情報センター出版局、1982年。

日本の作家 あ行の「う」

上杉   聡   天皇制と部落差別、三一新書、1990.
植田  重雄   ヨーロッパ歳時記、岩波新書、1984,3刷.
植田  寿蔵   滑稽、機智、機鋒および洒脱の「間」と「答」、筑摩「哲学思想」.
植田  満文   ことわざ辞典、成美堂出版、2006年。
上田  秋成   雨月物語、癇癖談 浅野三平校注 新潮日本古典 集成、1979.
春雨物語・書初機嫌梅、美山靖校注、「新潮日本
古典集成」、1980年。
夢応の鯉魚(石川淳訳)、「ちくま文学の森4」所収。
上田  和夫   ユダヤ人、講談社現代新書、1987,4刷.
上田 トシコ   祖国はなれて(ハルピン)、『ボクの満州』所収。
上田  正昭   斐伊川、『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
帰化人 古代国家の成立をmぐって、中公新書、1989年、35版。
上田   信   海と帝国 明清時代、「中国の歴史09」、講談社、2005年。
上田 三四二   現代秀歌Ⅰ 斉藤茂吉、筑摩書房、1981年。
上野 さち子   女性俳句の世界、岩波新書、1989.
上野 千鶴子(他) 男流文学論、筑摩書房、1992,4刷.
上野  英信   廃紘譜、筑摩書房、1978.
遠賀川、『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
スカブラの話、「ちくま文学の森9」所収。
上野  清士   ラス・カサスへの道、新泉社、2008年。(川崎剛氏寄贈)
上野  洋三   芭蕉、旅へ;岩波新書、1989.
上原  専禄   増補改訂版 世界史における現代のアジア、
末来社、1968年、6刷。
上原  善広   被差別の食卓、新潮新書、2005年、4刷。
植村  直己   北極圏一万二千キロ、文春文庫、1979.
牛島  信明   反=ドン・キホーテ論、弘文堂、1989年。
スペイン古典文学史、名古屋大学出版会、1997年。
ドン・キホーテの旅、中公新書、2002年。2冊有り。
『ドン・キホーテ』書物の書、『古典の扉 第一集』
所収、中公クラシックス、2005年。
宇治拾遺物語   中島悦次校注、角川文庫、1975,16版.
小林智昭校注、小学館日本古典文学全集28、1987,16版.
川端義明現代語訳、岩波少年文庫、1995年。
臼井  勝美   満州事変 戦争と外交と、中公新書、1974年。
日中戦争 和平か戦線拡大か、中公新書、1977年、15版。
臼井  吉見   人間の確かめ、文藝春秋、1977年、第4刷。
日本語と酒と、「ちくま文学の森14」所収。
内田 清之助  「鳥の名前」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
内田   百間   ノラや、中公文庫、1987,6版.
クルやお前か、旺文社文庫、1983.
冥土・旅順入城式、旺文社文庫、1986.重版.
東北本線阿房列車(抄)、「福島県文学全集第二期2」所収。
東京日記 抄、「ちくま文学の森4」所収。
豹/鯉、「ちくま文学の森12」所収。
内田  道夫   (解説)北京風俗図譜1,2、東洋文庫23,30、平凡社、1964年。
内田  康夫   遠野殺人事件、中公文庫、1995年。
記憶の中の殺人、講談社文庫、1998年。
内田  芳明   風景の現象学 ヨーロッパの旅から、中公新書、1985年.
内田  義彦   日本資本主義の思想像、岩波書店、1968,2刷.
作品としての社会科学、岩波書店、1981 4刷.
学問への散策、岩波書店、1976,4刷.
内田  魯庵  「煙本」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
内村  鑑三  後世への最大遺物・デンマルク国の話、岩波文庫、1983年、第40刷
勿来関を訪ふの記、「福島県文学全集 第二期1」所収。
余はいかにしてキリスト教徒となりしか、求安録、
地人論、小篇、「中公日本の名著38」、1971年。
「後世への最大遺物」、平凡社「世界教養全集」9所収。
内山 完造  中国人の生活風景 内山完造漫語、東方書店、1979年。
内村 剛介   流亡と自存、北洋社、1974,3刷.
宇都宮 貞子  秋の草木、新潮文庫、1984.
宇野 浩二   思ふ川、子を貸し屋、枯野の夢、子の来歴、
夢の通い路(筑摩現代文学大系29).
屋根裏の法学士、「ちくま文学の森9」所収。
揺籃の唄の思ひ出、他14編、ほるぷ「日本児童文学大系9」所収。
宇野 重吉   新劇 愉し哀し、理論社、1969.
旅廻り宇野重吉一座、岩波書店、1988.
宇野 千代  女の日記、講談社文芸文庫、1991.
或る一人の女の話/刺す、講談社文芸文庫、1989年。
色ざんげ、おはん(筑摩現代文学大系41).
雨の音、講談社文藝文庫、1997年、第六刷。
生きて行く私、角川文庫、1996年。
生きていく願望、集英社文庫、1996年、5刷。
宇野 信夫   ふたりの姉、「海」1981,12月号.
宇野 美恵子   教育の復権、国際書院、1991.
梅棹 忠夫  (編)私の知的生産の技術、岩波新書、1988.
知的生産の技術、岩波新書、1972,16刷.
文明の生態史観、中公文庫、1974.
(他)続 わたしの知的生産の技術、講談社、1979.
梅崎  春生   桜島、日の果て、輪唱、空の下、Sの背中、紫陽花
(筑摩現代文学大系51).
ヒョウタン、クマゼミとタマゴ、「講談社少年少女日本
文学館19」所収。
ボロ家の春秋、「ちくま文学の森 別巻」所収。
梅津 尚志、他編  ヨーロッパ文化史 中世への招待、南窓社、1989,2刷.
梅原  猛   日本学の哲学的反省、講談社学術文庫、1976.
湖の伝説 画家三橋節子の愛と死、新潮社、1977,6刷.
闇のパトス、著作集1、1983年。
仏像・羅漢、著作集2、1982年、第6刷。
美と宗教の発見、著作集3
地獄の思想、著作集4
仏教の思想Ⅰ、著作集5
Ⅱ、   6
哲学の復興、著作集7、1983年。
神々の流竄、著作集8、集英社、1981年第6刷。
搭、著作集9、1982年。
隠された十字架、著作集10
水底の歌、著作集11
さまよえる歌集、著作集12、1982年。
万葉を考える、著作集13
歌の復籍、梅原猛著作集14、1982年。
飛鳥とは何か、著作集15
日常の思想、著作集17、1982年。
精神の発見、著作集18、1983年。
美と倫理の矛盾、著作集19、1983年。
日本学事始、著作集20
日本の深層 縄文・蝦夷文化を探る、写真井上
隆雄、佼成出版社、1983年。
自然と人生 思うままに、文藝春秋、1995年。
日本人の魂 あの世を観る、光文社、1992年、2刷。
梅原 龍三郎   富士山、『日本随筆紀行』所収.
浦野  興治    おどける父、青弓社、1989年.
海野 福寿  韓国併合、岩波新書、1995年。
海野 十三  浮かぶ飛行島、ほるぷ「日本児童文学大系29」所収。
海野 泰男   ミラノの雷、文藝春秋企画出版部、2010年。
文豪と京の「庭」「桜」、集英社新書、2015年。