外国の作家 ハ行のホ

ポアロ―、N. 影の顔(三輪秀彦訳)、ハヤカワ・ミステリ文庫、1976年。
ホイジンガ   ホモ・ルーデンス(高橋英夫訳)、中公文庫、1973年。
中世の秋(堀越孝一訳)、「中公世界の名著 55」、1957年
エラスムス(宮崎信彦訳)、筑摩書房、1985年、10刷。
レンブラントの世紀(栗原福也訳)、創文社、1976年、4刷。
ポイス、T.F.  バケツと綱(龍口直太郎訳)、「ちくま文学の森6」所収。
ホイットマン  「伊藤整篇 世界近代詩十人週」、「河出世界文学全集 48」。
ポイス、T.F. 海草と郭公時計(龍口直太郎訳)、「ちくま文学の森5」所収。
ホイト、エドウィン・P  エムデン号最後の航海(佐藤亮一訳)、
「筑摩ノンフィクション4」
ホイト、リチヤード  デコイの男(浅倉久志約)、ハヤカワ文庫、1988年。
方 志敏   遺著(丸山昇訳)、平凡社「中国現代文学選集17」所収。
方   方   やがて哀しき、「現代中国女性文学傑作選」所収。
(中文)暗示、「中日女作家新作大系」、中国文聯出版公司、2001年。
方 ポウ(草冠に包)  獄中雑記(松枝茂夫訳)、平凡社「中国古典文学大系56」
所収。
芒 克     時間のない時間(是永駿訳)、書肆山田、1991年。
ボーヴォワール   女ざかり、上(朝吹登水子他訳)、紀伊國屋書店、1966年、8刷。
方 志敏    遺著、平凡社「中国の革命と文学10」所収。
方 励之   中国よ変われ(末吉作訳)、学生社、1989年、4刷。
茅   盾   子夜(小野忍・高田昭二訳)、上下、岩波文庫、1962年。
腐蝕(小野忍訳)、岩波文庫、1961年。
霜葉は二月花よりも紅く、西北見聞記、他、「現代中国
文学全集3」、河出書房新社、1958年。
霜葉は二月の花に似て紅なり(立間祥介訳)、
岩波文庫、1980年。
香港陥落、平凡社「中国の革命と文学6」所収。
西北見聞記、平凡社「中国の革命と文学8」所収。
々      「中国現代文学選集15」所収。
短編集 藻を刈る男、JICC出版局、1991年。
中国の一日 1936年5月21日(中島長文訳)、平凡社、
1984年、第2刷。
林商店(白井重範訳)、『中国現代文学珠玉選』1所収。
少女的心(中文)、香港南華書店。
小巫ーーある妾の死、「ユリイカ 中国文学の現在」所収。
ボウマン、H.A. 「現代人のための結婚論」(堀秀彦訳)、平凡社「世界
教養全集」5所収。
ボエティウス   哲学の慰め(畠中尚志訳)、岩波文庫、1950年、第6刷。
ポオ      小説全集、全四巻、創元社、1974年。
詩と詩論(福永武彦他訳)、創元推理文庫、1979年。
モルグ街の殺人事件(佐々木直二郎訳)、新潮文庫、1963年、21刷。
黒猫・黄金虫(佐々木直次郎訳)、新潮文庫、1992年、82刷。
短編集(佐々木直二郎訳)、「新潮世界文学全集 46」、 1965年、2刷。
黒猫/モルグ街の殺人(小川高義訳)、光文社古典
新訳文庫、2006年、第2刷、
メルtェルの将棋差し(小林秀雄・大岡昇平訳)、
「ちくま文学の森11」所収。
「お前が犯人だ」(丸谷才一訳)、「ちくま文学の森」7所収。
ボカリウス、ペーター ミヒャエル・エンデ 物語の始まり(子安美知子訳)、
朝日新聞社、1993年。
墨 浪子   (編)西湖佳話(抄)、平凡社「中国古典文学大系39」所収。
穆 時英   上海のフォックストロット(ある断片)(西野由希子訳)、
『中国現代文学珠玉選」2所収。
蒲松齢     聊斎志異(中野美代子訳)、バベルの図書館、国書
刊行会、1988年。
聊斎志異(立間祥介編訳)、岩波少年文庫、2000年、新版第1刷。
(中文)聊斎志異、上下、商務印書館、1935年初版、1957年重印刷、                             上海。
ホストヴスキー 秘密諜報員 アルフォンスを捜せ(岡田真吉訳)、
角川文庫、1968年、6版。
ホーソン    緋文字(鈴木重吉訳)、「新潮世界文学全集 46」、1965年、2刷。
The House of the Seven Gables,Pocket Books,8 ed.,1958.
ホッファー、エリック  魂の錬金術(中本喜彦訳)、作品社、2004年、第5刷。
波止場日記(田中淳訳)、みすず書房、2006年、新装第6刷。
自伝(中本喜彦訳)、作品社、2002年、第3刷。
ホッブス    リヴァイアサン、「河出世界の大思想 13」、1970年。
ボティノー   サンチャゴ巡礼の道(小佐井・入江役)、河出書房新社、1987年。
ボーデン、クリスティーン  私は誰になっていくの? アルツハイマー
病者からみた世界(桧垣陽子訳)、クリエイツかもがわ、2006年、
第13刷 ※クリスティーン・ブライデンは旧姓。
ボードレール  「伊藤整篇世界近代詩十人集」、「河出世界文学全集 48」
詩集(佐藤朔訳)、旺文社文庫、1973年、重版。
パリの憂愁(福永武彦訳)、岩波文庫、1966年、第8刷。
悪の華(鈴木信太郎訳)、岩波文庫、1986年、25刷。
巴里の憂鬱(三好達治訳)、新潮文庫、1979年、32刷。
(論)ジョルジュ・バタイユ『文学と悪』所収。
「リヒアルト・ワグナー論」(佐藤正彰訳)、平凡社「世界教養
全集」別巻2所収。
ボナール   「友情論」(安東次男訳)、平凡社「世界教養全集」5
所収。
ホバート、アリス  揚子江(須川博子訳)、大陸文学叢書1、改造社、1938年。
ボバン、クリスティアン  いと低きもの(中条省平訳)、平凡社、 1995年
ホブズボーム、E.J.  反抗の原初形態 千年王国主義と社会
運動(青木保訳)、中公新書、1971年。
ホフマン    従兄の窓(佐藤晃一訳)、「新潮世界文学全集 47」、1964年。
砂男(種村季弘訳)、「ちくま文学の森6」所収。                 短編集(池内紀訳)、岩波文庫、1987年、5刷。
牡猫ムルの人生観(秋山六郎兵衛訳)、世界社、1950年。
(昭和十一年版の復刻か?)
同   (石丸静雄訳)、角川文庫、上下合本、1988年再版。
ホフマンスタール  バッソンピエール公綺譚(池内紀訳)、「ウィーン世紀末
文学選」
チャンドス卿の手紙(富士川英労訳)、平凡社「現代人の思想 5」
(論)吉本隆明『言葉という思想』所収。
チチアンの死・人「富豪の死」(新關良三訳)、「近代
劇全集12」所収。
回想記から(大山定一訳)、「ちくま文学の森」7所収。
ボヘンスキー、J.M. 現代のヨーロッパ哲学(桝田啓三郎訳)、
岩波現代叢書、1974年、16刷。
ボーム、フランク  オズの魔法使い(幾島幸子訳)、岩波少年文庫、2004年、第2刷。

[バウムと表記] 同作品、旺文社ジュニア図書館、1968年。
ホメーロス   オデュッセイアー(呉茂一訳)、上下、岩波文庫、1986年。
イーリアス(呉茂一訳)、上中下、岩波文庫、1986年。
ホール、パーネル 犯人にされたくない(田中一江訳)、ハヤカワ文庫、1990年。
ポール、フレデリック  チェルノブイリ(山本楡美子訳)、講談社文庫、1989年。
ポルガー   すみれの君(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学選」所収
ボールディング、K. 二十世紀の意味、岩波全書、1975年、10刷。
ホールデン、クレイグ  リバー・ソロ―(近藤純夫訳)、扶桑社ミステリー、1995年。
夜が終わる場所(近藤純夫訳)、扶桑社ミステリー、2000年。
ポルト・リシユ  昔の男(堀口大學訳)、「近代劇全集17」所収。
過去・戀の女(岸田國士・西条八十訳)、「近代劇
全集16」所収。
ボルト、ロバート  ミッション(森村裕役)、ヘラルド・エンタープライズ、1987年。
ボルヒェルト    シシフシェ(小松太郎訳)、「ちくま文学の森 別巻」所収。
ボルヘス、J.L. 永遠の薔薇・鉄の貨幣(鼓・清水・篠沢訳)
国書刊行会、1989年。
ボルヘス、オラル(木村栄一訳)、書肆風の薔薇、1987年。                          パラケルススの薔薇(鼓直訳)、バベルの図書館
22、国書刊行会、1990年。
伝奇集(鼓直訳)、岩波文庫、1993年、第2刷。
砂の本(篠田一士訳)、集英社、1980年。
異端審問(中村健二訳)、晶文社、1982年。
不死の人(土岐恒二訳)、白水社、1968年。
ブロディーの報告書 (鼓直訳)、白水社
※ 常葉の学生、板谷君に貸してそのまま
同上を新たに購入、白水Uブックス、1992年、5刷。
砂の本(篠田一士訳)、集英社文庫、1995年。
ボルヘス詩集(鼓直訳) 現代詩文庫13、思潮社1998年。
旅人への贈り物 ボルヘス日本滞在誌(佐伯彰一・
神吉敬三編)、法政大学出版局、1982年。
論議(牛島信明訳)、国書刊行会、2000年。
ビオイ=カサレス(共)  ボルヘス怪奇譚集(柳瀬尚紀訳)、
晶文社、1989年15刷
ボルノウ   (編)現代の哲学的人間学(藤田健治他訳)、白水社、1981年、2刷。
ディルタイ その哲学への案内(麻生健訳)、未来社、1977年。
ボレル、J.    悖徳物語(金子博訳)、南 書房、1980年。
ホレンバッハ、J. 罪とノイローゼ、『現代思潮とカトリシズム』所収。
ホワイエ、F.   禁じられた遊び(花輪莞爾訳)、角川文庫、1984年、33版。
ホワイティング、アレン・S  中国人の日本観(岡部達味訳)、岩波書店、
ホワイト、テリ   真夜申の相棒(小菅正夫訳)、芙蓉文庫、1985年、3刷。
ホワイトヘッド、H.S. お茶の葉(荒俣宏訳)、「ちくま文学の森13」所収。
虹 影(ホン・イン) 裏切りの夏(浅見淳子訳)、青山出版社、1997年。
飢餓の娘(関根謙訳)、集英社、2004年。
ボンテンベルリ   太陽の中の女(岩崎純孝訳)、「ちくま文学の森5」所収。
頭蓋骨に描かれた絵(下位英一訳)、「ちくま文学の森6」所収。
アフリカでの私(柏熊達生訳)、「ちくま文学の森10」所収。
瞑想の機械(柏熊達生訳)、「ちくま文学の森11」所収。
世界一周(岩崎純孝訳)、「ちくま文学の森13」所収。

外国の作家 ハ行のヘ

ベーア=ホフマン ある夢の記憶(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学選」所収
ヘイ、D.(他)ルネサンスと人文主義(清水純一他訳)、平凡社、1987年。
ベイカー  フロイト(宮城音弥訳)、現代新書、1975年、2刷。
ベイツ、R.  同志ビラ、ブルネーテ、伝説の時代(鈴木健三訳)、
『スペイン人民戦争』 所収。
ベイヤー、ウィリアム すげ替えられた首(大江良平訳)、サンケイ文庫、1986年
ヘイリー。アレックス  ルーツ・上下(安岡章太郎・松田銑訳)、社会思想研究社、1977年。
ペイン、ロバート アラビアのロレンス(中野好夫・沢崎順之助訳)、
「筑摩ノンフィクション4」
ペイン、S.G.ファランヘ党(小箕俊介訳)、れんが書房新社、1982年。
ヘヴェジー  地獄のジュール・ヴェルヌ/天国のジュール・ヴェルヌ
(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学選」所収
ペギー   (論)Roussel,Jean:Peguy,Ed.Fontenella,Barcelona,1962.
北京市政協文史資料研究委員会編 北京の日の丸ーー体験者が綴る
占領下の日々(大沼正博訳)、岩波書店、1991年。
ベケット、S.  マロウンは死ぬ、講談社世界文学全集、1976年。
鎮静剤(清水透訳)、「集英社世界短編文学全集 7」、1962年。
モロイ、追放された者、終焉(三輪秀彦訳)、「集英社世界文学全集
27」、1968年。
(論)高橋康也:ジョイスとベケット、「ユリイカ」、1977年10月号。
川口喬一:ベケットからジョイスへ、
柳瀬尚紀:ある悪夢劇の記録ーーカフカ、ジョイス、
ベケットの出会い「エピステーメ」、1977年2月号。
「ユリイカ」、1982年11月号、特集ベケット
ヘーゲル 精神現象学(樫山欽四郎訳)、「河出世界の大思想 12」、1970年。
ベーコン 学問の進歩、ノヴム・オルガヌム、ニュー・アトランチス、「河出
世界の大思想 6」、1970年。
ヘーシオドス 仕事と日々(松平千秋訳)、岩波文庫、1986年。
ベーズ、テオドール・ド 為政者の臣下に対する権利(丸山忠孝訳)、
『宗教改革著作集10』所収。
ペソア、フェルナンド ポルトガルの海(池上岑夫訳)、彩流社、1997年、増補版。
不安の書(高橋都彦訳)、新思索社、2007年。
ペソア詩集(澤田直訳)、海外詩ン湖16、思潮社、2008年。
ペソアと歩くリスボン(近藤紀子訳)、彩流社、1999年。
※ アントニオ・タブツキ『フェルナンド・ペソア最後の三日間』。
※ジョゼ・サラマーゴ『リカルド・レイスの死の歳』
★ペソアのスペイン語訳、評伝あり。そちらを参照のこと。
ペータース   ルー・サロメ 愛と生涯(土岐恒二訳)、「筑摩現代世界
ノンフィクション14」所収。
ベック    巴里女・堅気な女(堀口・内藤訳)、「近代劇全集14」所収。
ベッケル  緑の館・月影(高橋正武訳)、岩波文庫、1987年、第3刷。
スペイン伝説集(山田真史訳)、彩流社、2002年、第2刷。
モーロの洞窟(大林一江訳)、『イワシの埋葬』所収。
ヘッセ、H. 知と愛(秋山六郎兵衛訳)、角川文庫、1962年、10版。
知と愛(高橋健二訳)、新潮文庫、1959年。
青春は美し(高橋健二訳)、「新潮世界文学全集 48」、1965年、2刷。
郷愁、春の嵐、車輪の下、デミアン(高橋健二訳)、
「新潮世界文学全集 27」
詩集(高橋健二訳)、白鴎社、1978年、4刷。
庭仕事の愉しみ(岡田朝雄訳)、草思社、1996年。
人は成熟するにつれて若くなる(岡田朝雄訳)、草思社、
1996年、13刷。
郷愁、車輪の下、春の嵐、知と愛、河出書房「世界文学
全集24」、1966年。
春の嵐(秋の旅路)(石丸静雄訳)、旺文社文庫、1967年。
湖畔の家(秋山六郎兵衛訳)、角川文庫、1954年。
孤獨な魂(秋山六郎兵衛訳)、角川文庫、1954年、再版。
車輪の下(秋山六郎兵衛訳)、角川文庫、1988年、改版39版。
「世界文学をどう読むか」(石丸静雄訳)、平凡社「世界
教養全集」13所収。
ラテン語学校生(高橋健二訳)、「ちくま文学の森1」所収。
クジャクヤママユ(岡田朝雄訳)、「ちくま文学の森3」所収。
ベディエ   トリスタン・イズー物語(砂糖輝夫訳)、岩波文庫、1967年、12刷。
ヘディン、スウェン  中央アジア探検記(岩村忍訳)、 「筑摩ノンフィクション1」
ゴビ砂漠探検記(梅棹忠夫訳)、「筑摩ノンフィクション7」
「シルク・ロード」(長尾宏也訳)、
平凡社「世界教養全集」23所収。
熱河―皇帝の都、ヘディン探検紀行全集11、白水社、1978年。
ペトラルカ   ルネサンス書簡集(近藤恒一編訳) 岩波文庫 1989年
ベナベンテ   作り上げた利害(永田寛定訳)、岩波文庫、1988年、 3刷。
伯爵夫人の驚き(永田寛定訳)、『近代劇全集第36巻』
第一書房、所収。
ベネット、A. 「文学――その味わい方」(藤本良造訳)、平凡社「世界
教養全集」13所収。
一里塚(灰野庄平訳)、「近代劇全集41」所収。
ベネディクト、R.菊と刀(長谷川松治訳)、社会思想社、1977年、2刷。
定訳 菊と刀(単行本)、1984年、31刷。
「菊と刀」(長谷川松治訳)、平凡社「世界教養全集」7所収。
ベネェリ     蠧魚(三浦逸雄訳)、「近代劇全集35」所収。
へファーナン、ウイリアム 殺しの儀式(友枝康子訳)、新潮文庫、1992年。
ヘミングウェイ  移動祝祭日(福田陸太郎訳)、岩波書店、1990年、第2刷。
短編集(大久保康雄訳)、殺人者、十人のインディアン、
挫けぬ男、白い象に似た山々、フランシス・マコーマーの
短い幸福な生涯、キリマンジャロの雪、新潮文庫、1967年、26刷。
短編集一(大久保康雄訳)、新潮文庫、1987年、35刷。
短編集二(大久保康雄訳)、新潮文庫、1987年、32刷。
武器よさらば(大久保康雄訳)、新潮文庫、1957年、9刷。
武器よさらば、日はまた昇る、「新潮世界文学全集31」196 年。
老人と海(福田恆存訳)、新潮文庫、1986年、61刷。
日はまた昇る 他(大久保康雄訳)、「新潮世界文学
全集 31」、1965年。
スペイン戦争の戦友への手紙(松本唯史訳)、
『スペイン人民戦争』所収。
全短編 1(われらの時代・男だけの世界)(高見浩訳)、
新潮文庫、1995年、2刷。
2(勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪)
(高見浩訳)、新潮文庫、1996年。
3 (蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす)
(高見浩訳)、新潮文庫、1997年。
インディアン・キャンプ(北村太郎訳)、
「ちくま文学の森3」所収。
殺し屋(鮎川信夫訳)、「ちくま文学の森8」所収。
大きな布達の心臓の川(北村太郎訳)、
「ちくま文学の森12」所収。
五万ドル(鮎川信夫訳)、「ちくま文学の森10」所収。
全集第一巻 全短編集、三笠書房、1973年。
第二巻 狩と旅と友人たち、1973年。
第三巻 日はまた昇る、アフリカの緑の丘、アフリカ日記、1974年。
第四巻 武器よさらば、春の奔流、第五列、詩篇、1974年。
第五巻 持つと持たぬと、午後の死、危険な夏、1974年。
誰がために鐘は鳴る(大久保康雄訳)、集英社世界文学全集、1968年。
(中文)誰が為に鐘は鳴る(程中瑞訳)、上海訳文出版社、2006年。
ベーメ、ヤコブ キリストへの道(福島正彦訳)、松籟社、1991年。
ベラルミーノ、ロベルト 異端反駁信仰論争(深堀純訳)、『宗教改革著作集13』所収。
ぺリー、アン 見知らぬ顔(吉澤康子訳)、創元推理文庫、1995年,。
へリー、トマス 逃げる殺し屋(二宮 磐訳)、文春文庫、1984年。
ベリガン、D.  ケイトンズヴィル事件の九人(有吉佐和子訳)、新潮社、1972年。
危機に生きるーひと我らを死者と呼ぶ(佐々木孝訳)、私家本、
2006年。
ペリン、ノエル 鉄砲を捨てた日本人(川勝平太訳)、紀伊国屋書店、1984年。
ベル、H.   保護者なき家(小松太郎訳)、角川文庫、1973年、3版。
ベルク、オギュスタン  北京にて、その翌日、『発言』所収。
ベルクソン   形而上学に結う門、哲学的直感、意識と生命、心と身体、
脳と試行、道徳と宗教の二源泉、「中公世界の名著 53」、1969年。
時間と自由、創造的進化、「河出世界の大思想 31」、1970年。
笑い(林達夫訳)、岩波文庫、1987年、46刷。
哲学的直感ほか(坂田徳男他訳)、中公クラシックス、2002年。
ペルザー、デイヴ ゛It”と呼ばれた子、青春編(田栗美奈子訳)、
ソニー・マガジンズ、2004年。
ベルジャーエフ  精神と現実(南原 實訳) 著作集 5 白水社 1960年
ヘルタイ    運命(徳永康元訳)、「ちくま文学の森5」所収。
ヘルツマノフスキー=オルランド   シャイブスの町の第二木曜日
(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学選」所収
ベルデン  「中国は世界をゆるがす」、筑摩書房「現代世界ノンフィクション全集」
18所収。
ベルナノス、J. 田舎司祭の日記(木村太郎訳)、養徳社、1951年。
悪魔の陽の下に(木村太郎訳)、国書刊行会、1975年。
月下の大墓地(高坂和彦訳)、白馬書房、1973年。
ベルナール、E. 「回想のセザンヌ」(有島生馬訳)、平凡社「世界教養全集」
12所収。
ベルナアル、JJ. マルチイヌ(岸田國士訳)、「近代劇全集21」所収。
ベルナール、T. 自由の重荷・懐を傷めずに(岸田國士訳)、「近代劇全集15」所収。
ベルヌ、ジュール  十五少年漂流記(那須辰造訳)、「講談社少年少女
世界文学館19」1996年、第22刷。
ヘルマン、A.   楼蘭 流砂に埋もれた王都(松田寿男訳)、東洋文庫1、平凡社、
1978年、第22刷。
ペレス・ガルドス、ベニート  フォルトゥナータとハシンタ(浅沼澄訳)、
上下、水声社、1997年。
ペレス、F.  存在への問いーー哲学の原点に根ざして、創文社、1987.
ヘレンバルト、ジュラ  ブタペストのミダース王 若きルカーチとハンガリー文学
(西澤龍生訳)、論叢社、2010年。
ベロー、S.  現在をつかめ(栗原行雄 他訳)、河出書房新社、1972年。
ハルツォーグ(宇野利泰訳)、早川書房、1970年。
猫の親方あるいは長靴をはいた猫(澁澤龍彦訳)、
「ちくま文学の森12」所収。
ペロッェルコーフスキイ  反響(昇曙夢訳)、「近代劇全集34」所収。
ベンクシュ、A. 信仰と現代人の世界感情、『現代思潮とカトリシズム』所収。
ベン・ジェルーン、タハール  パパ、イスラムってなーに、『発言』所収。
ベンヤミン   「パリ――十九世紀の首都」(川村二郎訳)、平凡社
「世界教養全集」別巻2所収。
ヘンリー、O.  短編集(大久保康雄訳)、「新潮世界文学全集 46」、1965年。
改心(大津栄一郎訳)、「ちくま文学の森6」所収。
警官と賛美歌、「ちくま文学の森9」所収。
最後の一葉(大津栄一郎訳)、「ちくま文学の森2」所収。

外国の作家 ハ行のフ

ファイン、アン    キルジョイ(延原泰子訳)、ハヤカワ文庫、1989年。
ファージョン、エリナー  ムギと王さま(石井桃子訳)、岩波少年文庫、
1997年、第37刷。
フアナ・イネス・デ・ラ・クルス、  ソル 神聖なるナルシソ(中井
博康訳)、「スペイン黄金世紀演劇集」所収
知への賛歌(修道女フアナの手紙)(旦敬介訳)、
光文社古典新訳文庫、2007年。
ファハティ、テレンス  輝ける日々へ(三川基好訳)、ハヤカワ文庫、1999年。
若き聖者の罪(安倍昭至訳)、ハヤカワ・ミステリ文庫、1995年。
ファーブル、J.H. 「ファーブル昆虫記」(平岡昇訳)、平凡社
「世界教養全集」34所収。
幼年時代の思い出(林達夫・山田吉彦訳)、
「ちくま文学の森3」所収
蝉―変態(羽化)(林達夫・山田吉彦訳)、「ちくま文学の森12」
所収。
ファラデー   「ろうそくの語る科学」(岡邦雄訳)、平凡社
「世界教養全集」30所収。
フイアリング、ケネス  大時計(長谷川修三訳) ハヤカワ・ミステリ文庫1989年
プイグ    蜘蛛女のキス(野谷文昭訳)、集英社文庫、1988年。
赤い唇(野谷文昭訳)、集英社文庫、1994年。
南国に日は墜ちて(野谷文昭訳)、集英社、1996年
フィーゲル、ジョン・R.子供たちがいなくなる(加藤洋子訳),新潮文庫、1993年。
フィシュテル、j・ジャック 私家版(榊原晃三訳)、創元推理文庫、2000年。
フィツジェラルド  短編集(野崎孝訳)、新潮文庫、1995年、12刷。
フイッシェル  チャップリン(秦豊吉訳)、「近代劇全集9」所収。
フィッシュ兄弟 エステル(堀口大學訳)、「ちくま文学の森14」所収。
フィッシャー、ルイス  レーニン(猪木正道・進藤榮一訳)、
「筑摩ノンフィクション5」
フィッチ、F.M. かみさまのほん(L.ワイスガードゑ)、福音館書店、1969年、
フィードラー    芸術活動の根源(山崎・物部訳)、「中公世界の名著81」、1987年。
フィリップ(Ch.Louis) 傑作短編集(山田稔訳)、福武文庫、1990年。
朝のコント(淀野隆三訳)、岩波文庫、1967年、第3刷。
小さな町(小牧近江訳)、河出市民文庫、1953年。★以上三冊合本。
めぐり合い(淀野隆三訳)、「集英社世界短編文学全集7」、1962年。
全集1(母と子、やさしいマドレーヌ、哀れなマリー、四つの哀れな恋物語、
クロキニョル、野鴨雑記、二十歳の日記)、白水社、1952年。
2(母への手紙、若き日の手紙、シャルル・ブランシャール、朝のコント)
3(ビュビュ・ド・モンパルナス、ペルドリ爺さん、マリ・ドナディユ、
小さな町)
フィリップス  ユーリシーズ〔灰野庄平訳)、「近代劇全集42」所収。
フィールディング  大盗ジョナサン・ワイルド伝(袖山栄真訳)、
「集英社世界文学全集 6」1979年
フィールド、ノーマ  天皇の逝く国で(大島かおり訳)、みすず書房、
1994年、第6刷。
小林多喜二、岩波新書、2009年、第2刷。
加藤周一・徐京植と共著 教養の再生のために、影書房、2005年。
フィンケールクロート、アラン  左翼的思考の敗北、『発言』所収。
20世紀は人類に役に立ったのか(川竹英克訳)、凱風社、
1999年。
フインドlJ-、テイモシー   姥をつく人々(高儀 進訳)、ハヤカワ文庫、1990年。
馮 夢竜(ふうむりょう) 平妖伝(太田辰夫訳)、「中国古典文学
大系36」、平凡社、1967年。
ブウテ、F.   嫉妬(堀口大學訳)、「ちくま文学の森6」所収。
プウルデ      囚われの女(堀口大學訳)、「近代劇全集22」所収。
フェリーチェR.   ファシズム論(藤沢道郎訳)、平凡社、
フェリーニ、ヴィンセント  自伝 雲の住人(田島伸悟訳)、沖積舎、1990年。
フェルト      きかんしゃ1414(鈴木武樹訳)、偕成社、1970年。
フェルナンデス・アルメスト  コロンブス(永井淳訳)、草思社、1977年。
フェルナン・ゴメス、フェルナンド  『自転車は夏のために』(田尻・古屋訳)、
『現代スペイン演劇選集』所収。
フェルロシオ、R.S. アルファンウィ(渡辺マキ訳)、未知谷、2009年。
★本当はサ行に分類されるべき。つまりサンチェス・フェルロシオが正しい。
フエンテス、C.  老いぼれグリンゴ(安藤哲行訳)、集英社文庫、1994年。
私の愛したグリンゴ(安藤哲行訳)、集英社、1990年。
(★上のものと同じ作品、畜生!)
アウラ(安藤哲行訳)、エディシオン・アルシーブ、1982年。
アウラ・純な魂 他四篇(木村榮一訳)、岩波文庫、1995年。
メヒコの時間(西沢龍生訳)、新泉社、1975年。
セルバンテスまたは読みの批判(牛島信明訳)、「海」、
1981年12月号。
フォイエルバッハ  唯心論と唯物論(船山信一訳)、岩波文庫、1973年、21刷。
フォイヒトヴァンガー、リオン  トレド風雲録(小栗浩訳)、晶文社、1991年。
フォオグト  戦争〔秦豊吉訳)、「近代劇全集10」所収。
フォークナー 八月の光(加島 造訳)、新潮文庫、1967年。
同   「新潮世界文学全集 30」、1964年。
響きと怒り、他(高橋正雄他訳)、「講談社世界文学全集
41」、1968年。
野生の情熱(大久保康雄訳)、三笠書房、1952年。
短編集(龍口直太郎訳)、新潮文庫、1967年、15刷。
サンクチュアリ(大橋健三郎訳)、角川文庫、1965年、3版。
アブサロム、アブサロム!(篠田一士訳)、集英社文庫、
1978年。
修道士、クィーン『犯罪文学傑作選』所収。
寓話(阿部知二訳)、上下、岩波文庫、1988年、3刷。
エミリーの薔薇、「ちくま文学の森1」所収。
フォーゲル、ジョシュア・A 中江丑吉と中国(阪谷芳直訳)、岩波書店、1992年。
フォーサイス、F. 戦争の犬たち、上下、(篠原慎訳)、角川文庫、1981年。
Los perros de la guerra,Ed.G.P.,3ed,1979.
イコン、上下(篠原慎訳)、角川書店、1996年。
ジャッカルの日(篠原慎訳)、角川書店、1975年、18版。
フォルサム、アラン  狂気のコードネーム(明後日) (戸田裕之訳)、 上下、1995年
フォルミュレル    奇蹟(高橋健二訳)、「近代劇全集7」所収。
フォレスター、C.S.  証拠の手紙、クィーン『犯罪文学傑作選』所収。
フォレスト、E.  エヴァの日記(小中陽太郎訳)、時事通信社、1978年、2刷。
フォンターナ、ジョゼップ  鏡の中のヨーロッパ(立石・花方共訳)、
平凡社、2000年。
ブクレシュリエフ、アンドレ  ショパンを解く?(小阪裕子訳)、
音楽之友社、2001年、2刷。
フクヤマ、フランシス  西洋の勝利、『発言』所収。
プーシキン   スペードの女王(中村白葉訳)、「新潮社世界文学全集 49」、1965年。
スペードの女王(神西清訳)、「ちくま文学の森10」所収。
フジタニ、T.  象徴天皇制の未来について、講談社『日本の歴史』25所収。
仏教文学集   「中国古典文学大系60」、平凡社、1975年。
ブッツアーティ、ディーノ  七人の使者(脇 功訳)、河出書房新社、1990年。
フッサール   立松弘孝編、平凡社、1976年。
厳密な学としての哲学、デカルト的省察、ヨーロッパの学問の
危機と先験的現象学、「中公バックス世界の名著 62」、1987年、4版。
「人類の知的遺産」58、田島節夫編、講談社、1981年。
ブッシュ    完全殺人事件(宇野利泰訳)、新潮文庫、1970年、18刷。
ブッシュ、フリッツ  指揮者の教え(福田達夫訳)、春秋社、2008年。
ブース、アラン  津軽(柴田京子訳)、新潮社、1993年、7刷。
プティトー   リジユの聖テレジア(伊藤庄治郎・糟谷宗規訳)、中央出版社、
1942年、再版。
ブデル、M.   毛虫の舞踏会(堀口大學訳)、「ちくま文学の森12」所収。
ブノアメシャン、ジャック  エジプト革命(牟田口義郎訳)、「筑摩ノン
フィクション23」
ブーバー、M.  我と汝(植田重雄訳)、岩波文庫、1979年。
われとなんじ(植田重雄訳)、『現代人の信仰』所収。
祈りと教え ハシディズムの道(板倉敏之訳)、理想社、
1972年、4刷。
忘我の告白(田口義弘訳)、法政大学出版局、1994年。
ブーバー=ノイマン、マルグレーテ  ポツダムからモスクワまで
(片岡啓二訳)、「筑摩ノンフィクション8」
ブライ    文学動物大百科(抄)(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学
選」所収
フライシャー、レオノー   アグネスー神の小羊―(竹内佳子訳)角川文庫、1986年。
ブライス=エチュケ 幾たびもペドロ(野谷文昭訳) 集英社、1983年。
ブライデン、クリスティーン  私は私になっていく(馬籠久美子・
桧垣陽子訳)、クリエイツかもがわ、2006年第3刷。
※クリスティーン・ボーデンと同一人。
ブライト、ウィリィ ナイフの夜は終わった(中島博訳)、「筑摩ノンフィクション8」
プラウティ、オリイヴ・ヒギンス  ステラ・ダラス(森岩雄訳)、改造社、
1928年。(祖父・幾太郎の蔵書)、『ラ・ボエーム』と一書。、
ブラウン、ダン   ダヴィンチ・コード(越前敏弥訳)、上下、角川書店、
2005年、25版。
ブラウン、R,D.  災厄という名の男(安倍昭至厄)、ハヤカワ文庫、1989年。
ブラジャック、R. スペイン・一九三八年(高橋治男訳)、『スペイン人民
戦争』 学芸書林。
ブラスコ・イバーニェス 血と砂(永田寛定訳)、岩波文庫、1990年、第7刷。
われらの海(永田寛定訳)、上下、岩波文庫、1999年、2刷。
ブラッグ、W.H. 「音の世界」(栗原嘉名芽訳)、平凡社「世界教養全集」30所収。
ブラッコオ     小さき泉(三浦逸雄訳)、第一書房「近代劇全集36南欧」所収。
ブラッティ、ウイリアム・ピーター  エクソシスト(宇野利泰訳)、
創元推理文庫、1999年。
ブラッドベリ、レイ  たんぽぽのお酒(北山克彦訳)、晶文社、1991,55刷。
社交ダンスが終った夜に(伊藤典夫訳)、新潮文庫、2008年。
ブラドブロック.C.  T.S.Eliot(高谷毅訳)、研究社、1968年、8版。
プラトン   国家、クリティス、第七書簡、(田中美知太郎他訳)、
中公世界の名著 7、1990年 3 版。
人類の知的遺産 7、プラトン、斎藤忍隨、講談社、1982年。
ソクラテスの弁明(エウチュプロン、クリトン)(山本光雄訳)、角川
文庫、1988年、38版。
ソクラテスの弁明(クリトーン、パイドーン)(田中美知太郎・池田
美恵訳)、新潮文庫、1989年、41
ソクラテスの辯明・クリトン(久保勉訳)、岩波文庫、1952年、
新改訂版、第4刷。
饗宴(森進一訳)、新潮文庫、1988年、30刷。
饗宴 他(田中美知太郎編)、「中公世界の名著 6」、1966年。
国家、ソクラテスの弁明、クリトン、「河出世界の大思想」1970年。
フランク、A.  The Diary of a Young Girl,Pocket Books,1969.
写真集アンネ・フランク、小学館、1981年。
日記 完全版(深町真理子訳)、文春文庫、1994年。
目で見る「アンネの日記」、アンネ・フランク財団編、文春文庫
ビジュアル版、1988年。
(中文)安ネ日記(宁瑛訳)浙江少年児童出版社、
2005年、第三次印刷。
フランク、モリス  この犬が光を与えた(井本威夫訳)、「筑摩ノンフィクション10」
フランクリン   自伝(松本慎一・西川正身訳)、岩波文庫、1985年、33刷。
フランクル、V.E.  それでも人生にイエスと言う(山田・松田訳)、
春秋社、1994年、9刷。
死と愛 実存分析入門(霜山徳爾訳)、みすず書房、
新装第11刷、1994年。
夜と霧(霜山徳爾訳)、みすず書房、1986年、新装5刷。
宿命を超えて、自己を超えて(山田・松田訳)、春秋社、1997年。
フランコ、ジャン  ジャヌーへのたたかい(近藤等訳)、「筑摩ノンフィクション22」
フランス、A.  クランビーユ(山内義雄訳)、「集英社世界短編
文学全集 7」所収。
聖母の曲芸師(堀口大學訳)、「ちくま文学の森2」所収。
ブラント、ゼバスティアン 阿呆船(尾崎盛景訳)上下、古典文庫25、現代思潮社、                                   1968年。
ブリックヒル、ポール  大脱走(田村隆一訳)、「筑摩ノンフィクション17」所収。
フリッシュ、マックス  アテネに死す(中野孝次訳)、白水社、1963年。
フリーデル     オーストリア気質(池内紀訳)、「ウィーン世紀末文学選」所収
フリーマントル   フリーマントルの恐怖劇場(山田順子訳)、新潮文庫、1998年。
ブリユウ       ブランシェット(内藤濯訳)、「近代劇全集15」所収。
プリンス、クライブ  マグダラとヨハネのミステリー(林和彦訳)三交社、1999年。
プール、レジナルド  教会一致擁護論(河井田研朗訳)、『宗教改革
著作集13』所収。
プルースト、M. 乙女の告白(鈴木道彦訳)、「集英社世界短編文学
全集 7」所収。
見出された時(豊崎光一訳)、平凡社「現代人の思想5」所収。
「サント・ブーヴの方法」(清水徹訳)、平凡社「世界
教養全集」別巻2所収。
ブルチビセフスキー   客(三井光彌訳)、『近代劇全集13』所収。
ブルックネル   犯罪人(高橋健二訳)、「近代劇全集10」所収。
ブルックハルト  イタリア・ルネサンスの文化(柴田治三郎訳)、
「中公世界の名著 45」1967年。
ギリシャ文化史、第二巻(新関良三訳)、東京堂、
1949年、再版。
ブルデュー、ピエール  イスラムの原理主義が興隆した背景、『発言』所収。
フルトヴェングラー  音と言葉(芳賀檀訳)、新潮文庫、1999年第17刷。
プルードン   十九世紀における革命の一般理念(渡辺一訳)、
「中公世界の名千代 42」1967年。
ブルトン  ナジャ(稲田三吉訳)、平凡社「現代人の思想 5」、所収。
ブルノ、イエズス・マリアの  十字架の聖ヨハネ(西宮カルメル会改訳)、
ドン・ボスコ社、1991年。
ブルフィンチ、T.  完訳ギリシア・ローマ神話(大久保博訳)、
角川文庫、1974年、9版。
ブレイエ、E.   現代哲学入門(河野輿一訳)、岩波新書、1975年、25刷。
ブレイク   抒情詩抄(壽岳文章訳)、岩波文庫、1936年、第7刷。
(論)ジョルジュ・バタイユ『文学と悪』所収。
土岐恒二「ジョイスとブレイク」、「ユリイカ」1977年10月号。
ブレイド、ケイト エミリー・カー(上野真枝訳)、春秋社、
プレヴォ、A. マノン・レスコー(杉捷夫訳)、「河出世界文学全集 II-4」所収。
マノン・レスコー(青柳瑞穂訳)、「新潮世界文学全集
43」、1965年、3刷。
プレオー、ウィリアム  弱さの中の力(宮沢邦子訳)、女子パウロ会、10版、1991年。
フレーザー、D.  スペイン、タホス村繁盛記(高橋敦子訳)、平凡社、1975年。
壁に隠れて(長谷川四郎訳)、平凡社、1973年。
フレーザー、J.  金枝篇、1~5、(永橋貞介訳)、岩波文庫、1985年。
「悪魔の弁護人」(永橋貞介訳)、平凡社「世界
教養全集」19所収。
ブレステド     古代文化史[新版](間崎万里訳)、刀江書院、1938年、再訂新                     版
プレッサーH.  書物の本(轡田収訳)、法大出版局、1986年、6刷。
ブレッチャー、E. 私はシンドラーのリストに載った(幾野宏訳)、潮文庫、1996年。
ブレナン、J.H. 魔術師ヒットラー(小泉源太郎訳)、大陸書房、1974年。
ブレヒト、B.   真鍮買い(石黒秀男訳)、平凡社「現代人の思想 5」所収。
夜打つ太鼓(成瀬無極訳)、「近代劇全集10」所収。
子供の十字軍(矢川澄子訳)、マガジンハウス、1992年。
肝っ玉おっ母とその子どもたち(岩淵達治訳)、岩波文庫、2004年。
プレネル、エドウィー  五○○年後のコロンブス(飛幡祐規訳)、晶文社、1992年。
ブレンターノ   道徳的認識の厳選について(水地宗明訳)、
「中公バックス世界の名著 62」1987年。
ブロア、レオン   絶望者(田辺貞之助訳) フランス世紀末文学
叢書 10 国書刊行会、1984.
フロイス、ルイス ヨーロッパ文化と日本文化(岡田章雄訳注)、岩波文庫、
2000年、18刷。
フロイト    精神分析学入門(懸田克躬訳)、「中公世界の名著 49」、1967年、9版。
精神分析学入門(菊盛英夫訳)、「河出世界の大思想 30」、1970年。
「精神分析入門」(懸田克躬訳)、平凡社「世界教養全集」33所収。
ブローク     見世物小舎・見知らぬ女(山内封介訳)、「近代劇全集31」所収。
ブロック、J.   ジプシー(木内信敬訳)、クセジュ文庫、1975年、2刷。
ブロック、ロ―レンス  聖なる酒場の挽歌(田口俊樹訳) 二見文庫 1986年。
八百万の死にざま(田口俊樹訳)、ハヤカワ文庫、1988年。
暗闇にひと突き(田口俊樹訳)、ハヤカワ文庫1990年。
ブロッホ      夢遊の人々(菊盛英夫訳)、「中公世界の文学 48」、1966年。
フロベール   ボヴァリー夫人、(村上菊一郎訳)、角川文庫、 1969年、7版。
ボヴァリー夫人(生島遼一訳)、「新潮世界文学全集11」、1965年、6刷。
フロマンタン  ドミニック(市原豊太訳)、岩波文庫、1988年、10刷。
フロム、E.  悪について(鈴木重吉訳)、紀伊国屋書店、1974年、 第18刷。
希望の革命、改訂版(佐田啓一・佐野哲郎訳)、
紀伊國屋書店、1973年、第7刷。
ヒューマニズムの再発見(飯坂良明訳)、河出書房、1968年。
自由からの逃走(日高六郎訳)、創元社、1971年、49版。
正気の社会(加藤正明・佐瀬隆夫訳)、中公世界の
名著 76、 1989年4版。
愛するということ(鈴木昌訳)、紀伊国屋書店、1992年、第4刷。
生きるということ(佐野哲郎訳)、紀伊國屋書店、1977年。
ブロムフィールド   男ざかり、『犯罪文学傑作選』所収。
ブロンジー二、B.  誘拐(高見浩訳)、新潮文庫、1977年。
失綜(高見浩訳)、新潮文庫、1978年。
死角   新潮文庫、1981年。
名無しの探偵事件ファイル、新潮文庫、1984年
ブロンテ、E.  嵐が丘(田中西二郎訳)、上下、新潮文庫、1964年。
嵐が丘(田中訳)、「新潮世界文学全集 15」、1965年、7刷。
(論)バタイユ、『文学と悪』所収。
ブロンテ、C. ジェーン・エア(大久保康雄訳)、「新潮世界文学全集                                15」、1965年、6刷。
ジェーン・エア(小尾芙佐訳)、上下、光文社古典新訳
文庫、2006年。
文  康    児女英雄伝(立間祥介訳)、「中国古典文学大系47」、
平凡社、1977年、第6刷。