メイン

日本の作家 た行の「た」

戴  国輝    台湾―人間・歴史・心性、岩波新書、1988年。
大同学院     論叢 第ニ輯、満州行政學会、昭和15年。 
大同学院同窓会  大いなる満州、1966年。           
高井 研一郎   上海に生きて、『ボクの満州』所収。
太平洋戦争研究会 「満州帝国」がよくわかる本、PHP文庫、2005年、第2刷。 
         満州帝国、河出文庫、2005年。
         太平洋戦争研究会 『「満州帝国」がよくわかる本』、
                        PHP文庫、2005年、第2刷。
         満州帝国、河出文庫、2005年。
         写説 満洲、ビジネス社、2005年。
高井  有一   北の河、文春文庫,1976.           
         少年たちの戦場、旺文社文庫,1976.           
         廐橋、「海」1979,7月号.           
         青梅、「海」1977,1月号.           
         影絵あそび、「海」1981,12月号.
高神  覚昇   「般若心教講義」、平凡社「世界教養全集」10所収。
高木  桂蔵   客家(ハッカ)、講談社現代新書、1991年。
高木  一嘉   インコの飼い方、永岡書店、1989年。
高木  俊明   新版 傷身・長崎の原爆・純女学徒隊の殉難、
                             角川文庫,1984,4版.
高木  敏子   ガラスのうさぎ、金の星社、1979年、第5刷。
           ※敦子に返す。      ※スペイン語版あり。
高樹  信子   (中文)透光的樹、「中日女作家新作大系」、中国
                           文聯出版公司、2001年。
高坂   薫   (西尾宣明共編)南島へ南島から 島尾敏雄研究、
                              和泉書院、2005年。
高士  宗明    (ヘスス・ラカラ共著)聖者と悪魔、山手書房新社,1992.

高島  俊男  お言葉ですが…、文春文庫、1999年。
           「週刊文春」の怪、文春文庫、2001年。 
        本と中国と日本人と、ちくま文庫、2004年、第2刷。 
      メルヘン誕生 向田邦子をさがして、いそっぷ社、2000年。
       (成瀬哲生共著)友情と別離、「中国古典詩聚花8」、小学館、1985年。
高島  満    育ちゆく子のために、大学書房、1964年。
高階  秀爾   ルネッサンスの光と闇、中公文庫,1987.
高杉  一郎   中国の緑の星 長谷川テル 反戦の生涯、朝日選書、1980年。
         大地の娘ーアグネス・スメドレーの生涯、岩波書店、1988年。 
         夜明け前の歌 盲目詩人エロシェンコの生涯、岩波書店、1982年。
         極光のかげに シベリア俘虜記、目黒書店、1951年、第14版。
高杉  晋吾   部落差別と八鹿高校、三一書房、1983年、9刷。
高瀬 弘一郎   キリシタンの世紀 ザビエル渡日から「鎖国」まで、岩波書店,1993.
高月  義照   人間学 こころの地動説 、北樹出版,1992,2刷.
高田   淳   魯迅詩話、中公新書、1971年。
          中国の近代と儒教、紀伊國屋新書、1970年。
高田   昇   万葉のふるさと、保育社、1963年。
高田   宏   言葉の海へ、新潮社,1978,4刷.           
          おや、旅だ!、新潮社,1981.           
          本のある生活、新潮社,1980,5刷.           
          われ山に帰る、新潮社,1980,5刷.          
          「吾輩は猫でもある」覚書き、講談社文庫,1988. 
          木に会う、新潮社、1990年、9刷。
   (編) 対話「東北」論(岩田由輝、樺山紘一、米山俊直)、
                            刀水書房、2003年。
高田  竜鋒  天明救荒録、佐藤弘毅「相馬藩における法徳仕法と富田高慶」
            収録、1991年
高塚  竹堂   一万五千語くづし方手本、「婦人倶楽部」十一月号付録、1936年。
高取  正男   日本的思考の原型 民族学の視角、現代親書,1975.
高野  悦子   黒龍江への旅、新潮社、1986年、第3刷。
高野   澄   安藤昌益と『ギャートルズ』、舞字社、1996年。
高野  伸二(編) 野外ハンドブック・4 野鳥、山と渓谷社、1981年、4版2刷。
高野  素十   初からす、筑摩現代文学大系 69.
高野  長英   漢洋内景説、遠西水質論、夢物語、蛮社遭厄小記
                ほか、「中公日本の名著25」、1972年。
鷹羽  狩行   NHK俳句入門 俳句の楽しみ、日本放送出版協会、1987年。
高橋  アキ   パルランド 私のピアノ人生、春秋社、2013年。
高橋  克彦   写楽殺人事件、講談社、1987年。
         天を衝く、上、講談社、2002年、4刷。
              下、    2003年、7刷。
         火怨、上下、講談社文庫、2003年、第8刷。
高橋  和巳   悲の器、新潮文庫、1988,38刷. 
         我が心は石にあらず、新潮社,1974,34刷     
         我が心は石にあらず、新潮文庫、1978年、19刷。 
         人間にとって、新潮文庫,1983,8刷.   
         日本の悪霊、新潮文庫、1981年、3刷。           
         堕落、新潮文庫、1982年。           
         捨子物語、新潮文庫、1981年。           
         邪宗門、上下(私製合本)、新潮文庫、1982年、15刷。   
      高橋和己作品集7 エッセイ集1、河出書房新社、1971年8版。 
      「文芸読本 高橋和巳」、1980年、河出書房新社。
高橋  重義   死んだ風景、遠い風景、庭、悲しい 私の驢馬、
                  「福島県文学全集 第二期6」所収。
高橋  正治   古典曼陀羅 汝自身を知れ 、教育出版センター、1994.
高橋  新二   夕べ君へ送るの詩、古船解体、山、性・けだもの、
                      「福島県文学全集 第二期6」所収。
高橋 たか子   誘惑者、講談社,1977,10刷. 
           高橋和巳の思い出,構想社,1977.          
           装いせよ、わが魂よ,新潮社,1975.           
           亡命者、『群像』合本94/95。
高橋  哲哉   内海愛子・徐京稙共編「三国人」発言の何が問題なのか、
                           影書房、2000年
         反哲学入門、白澤者、2004年。
         <物語>の廃墟から(対話・対談集)、影書房、2004年。
         戦後責任論、講談社、2000年、第二刷。
         靖国問題、ちくま新書、2005年、第6刷。
         犠牲のシステム 福島・沖縄、集英社新書、2012年。
高橋  英夫   ミクロコスモス 松尾芭蕉に向って、講談社学術文庫、 1992. 
         批評の精神、中央公論社、1972. 
         役割としての神、新潮社、1975.           
         花田清輝、岩波書店、1986,2刷.
         西行、岩波新書、1993年。
高橋   紘   象徴天皇、岩波書店、1987.
高橋  富雄   徳一と最澄(抄)、「福島県文学全集 第二期5」所収。
高橋博幸・加藤隆浩編  スペインの女性群像、行路社、2003年。                                     ラテンアメリカの女性群像、行路社、2004年。
高橋  康也   シェイクスピア時代(樺山紘一と対談)、中公新書,1979.
         道化の文学、中公新書,1977.
高浜  虚子   柿二つ・五百句、筑摩現代文学大系 7.
         「父を戀ふ」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
         「俳句読本」、平凡社「世界教養全集」14所収。
           (編)新歳時記、増訂版、三省堂、増訂22版、1969年。
高見  邦雄   ぼくらの村にアンズが実った 中国植林プロジェクト
                    の10年、日本経済新聞社、2003年。
       (中文)雁栖寒北(李建華・王黎?訳)、国際文化出版公司、2005年。
高見   順   起承転々・故旧忘れ得べき・如何なる星の下に、・
           紀子の死・インテリゲンチア・湿原植物部落・片耳
           のたれた兎、「集英社日本文学全集65」,1968.
高村 光太郎  平常心を豊かに、筑摩「戦後思想の出発」所収. 
        智恵子抄、新潮文庫,1985,81刷.           
        光太郎 智恵子、龍星閣,1977,14刷.           
        道程・「道程」以後・典型、筑摩現代文学大系 15.         
        智惠子の半生、「福島県文学全集 第二期2」所収。
        「蝉の美と造型」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
        新潮日本文学アルバム 高村光太郎、1984. 
高群  逸枝 お遍路、中公文庫,1987.
高柳   篤  Fantasy8作品集)・In memoriam(追悼文集)、2000年。
高山 高麗雄   湯タンポにビールを入れて、「福島県文学全集第一期5」所収。
高山  樗牛   光陰誌行、「福島県文学全集 第二期1」所収。
田川  健三   立ち尽くす思想、勁草書房,1972.           
           原始キリスト教史の一断面 福音書文学の成立、
                           勁草書房,1979,7刷.
瀧井  孝作   無限抱擁・慾呆気・積雪・父祖の形見、
                       筑摩現代文学大系 31所収.
         牡丹漫筆、「海」1979,7月号.           
         続 牡丹漫筆、「海」1980,7月号.
         「山女釣り」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
滝沢 馬琴(興邦) 南総里見八犬傳、博文館、明治42年、20版。
             同書、白井喬二現代語訳、河出書房新社、
                              1984年、7版。 
田口  掬汀   女夫波、筑摩「明治文学全集93」」所収。
田久保 英夫   剥製、「海」1979,7月号.
竹内   昭   (大東俊一共編)20世紀の思想家たち、
                            梓出版社、2004年。
竹内 勝太郎   黒豹、筑摩現代文学大系 67.
竹内 智惠子   昭和遊女考(抄)、「福島県文学全集 第二期5」所収。  
           壷といっしょに、おたすけさま、茄子の馬、云い伝え、
                   「福島県文学全集 第二期6」所収。
竹内  照夫   四書五経 中国思想の形成と展開、平凡社東洋
                         文庫44、1983年2版第4刷。
竹内  敏晴   語り下ろし自伝 レッスンする人、藤原書店、2010年。 
竹内   実   日本人にとっての中国像、同時代ライブラリー、
                              岩波書店、1992年。
         紀行 日本の中の中国、朝日選書、1976年。 
         中国の思想 伝統と現代、NHKブックス、1972年第6刷。、
         毛沢東と中国共産党、中公新書、1972年。
         毛沢東、岩波新書、1989年。 
         中国 同時代の知識人、合同出版、1967年、第2刷。
         茶館、大修館書店、1974年。
         (荻野脩二共著)閑適のうた、中公新書、1990年。    
         (編)文化大革命、「ドキュメント現代史16」、平凡社、1974
                             年、第4刷。
         (萩野脩二共編著)『中国文学最新事情』、サイマル出版会、
                              1987年。
竹内  康浩   「生き方」の中国史 中華の民の生存原理、岩波書店、2005年。
武内  義雄   中国思想史、岩波全書、1962年、第22刷。
竹内   好   近代の超克、冨山房「近代の超克」所収. 
         中国の近代と日本の近代、筑摩「現代人間論」所収.   
         わが中国抄、中国新書5、普通社、1963年。
         日本と中国のあいだ、文藝春秋社,1973.      
         新編 魯迅雑記、勁草書房,1976.         
         魯迅、未来社,1983,18刷. 
         現代中国論、中国選書1.普通社、1963年。
         談論集1、蘭花堂、1985年。
         (野村浩一共編)革命と伝統、『講座 中国』第1巻、
                           筑摩書房、一九六七年。
         (山口一郎・斎藤秋男・野原四郎と共著)中国革命の
                   思想、岩波新書、1953年。 
         中国を知るために、第1~3集、勁草書房、1973年、第7刷。  
         評論集第一巻 新編現代中国論、筑摩書房、1976年、第9刷。
            第二巻 新編日本イデオロギイ、1973年、第7刷。
            第三巻 日本とアジア、      1971年、第5刷。
         著作ノート(立間祥介編著)、圖書新聞社、1965年。 
         全集、第十五巻 日記(上)、筑摩書房、1981年。 
            第十七巻、     1982年。
         『中国古代政治思想』、「中江丑吉の人間像」所収。 
武田  清子    (編)比較近代化論、未来社,1984,6刷.
竹田  光柳   川柳句集 からしだね、集文館出版、1999年。
竹田  青嗣   「自分」を生きるための思想入門、芸文社,1992,2刷. (淳)   
         自分を知るための哲学入門、筑摩書房,1991,7刷.(淳)
武田  泰淳  鶴見俊輔との対談「国家と政治死」、筑摩「現代人間論」所収.  
          シルクロードを旅して(カセット)、岩波書店.   
    全集 第一巻 小説 1(慮州風景・他27篇)、1978,
                          増補1刷,筑摩書房.  
       第二巻  小説2(審判、秘密、蝮のすえ、サイロの
                  ほとりにて、非革命者、黒旗、闇にたつ人、
                  もの喰う女、苦笑の前後、「愛」のかたち、
                  復讐、悪らしきもの、空間の犯罪、廃園の
                  女、誰が、約束の身体、冷たい火焔、夜の
                  虹、海肌の匂い、日蝕と桜のころ、信念、
                  不明な事件、メサの使徒、花盗人)    
       第三巻  小説3(椅子のきしみ、母の出発、筋肉、
                  情婦殺し、物言う鼠、女の部屋、獣の徽章、
                  由井正雪の最期、めがね、うまれかわり
                  物語、春日異変、F花園十九号、冷笑、第
                  一のボタン、あいびき、巨人、女地主、風
                  土記、奇蹟の掌、宇宙博士の恋愛)
                          1978年、増補版第1刷。  
      第四巻  小説4(美貌の使徒、耳、勝負、飛瀑
                  の女、父子の情、幻聴、銀色の客人、
                  風媒花、天と地の結婚)、1978年、増補版
                                 第1刷。
      第五巻  小説5(愛と誓い、流人島にて、異形の者、
                迷路、遠くの旗、恐怖と快感、動物、青木さ
                んの過失、ひかりごけ、紅葉、声なき男、
                密室、火の接吻、ゴーストップ、青黒き河の
                ほとり、遊覧地、敵の秘密、にっぽんの美男
                美女、悲恋、燃えあがるみどりの底、ウラニ
                ウム青春、汝の母を!、杭を打つ、グロテ
                スク、誰を箱舟に残すか、怪人物、独裁者と
                共に、良妻賢母)、1978年、増補版第1刷。  
      第九巻 小説 9(十三妹・他三篇)、1978,増補1刷.
      第十一巻 評論 1(司馬遷・他).             
      第十二巻 評論 2(中国の作家たち・他).     
      第十三巻 評論 3(政治家の文章・他).    
      第十四巻 評論 4(新編 私の映画観賞法・他).  
      第十五巻 評論 5(日本の夫婦・他)  
      第十六巻 評論 6(文章のくさみ・他).           
      別 巻 一 対談 1(現代について・他).    
      別 巻 二 対談 2(同文同種というけれど・他).    
      別 巻 三 増補 武田泰淳研究、埴谷雄高編,1980.   
      新潮日本文学 42 武田泰淳(快楽・才子佳人・蝮のすえ・「愛」の
             かたち・橋を築く・美貌の信徒・ひかりごけ・おとなしい
                             目撃者)1977,4刷.  
      筑摩現代文学大系 57 武田泰淳(森と湖のまつり・蝮のすえ・
                          夜の虹・異形の者)、1979.  
      快楽、1,2、新潮社、1972年、2刷。
      混沌から創造へ、中央公論社,1976.           
      上海の螢、中央公論社,1976.           
      目まいのする散歩、中央公論社,1977,5版.           
      わが子キリスト、講談社文庫,1976,6刷.           
      富士、中公文庫,1973.           
      新・東海道五十三次、中公文庫,1977.           
      ひかりごけ・海肌の匂い、新潮文庫,1979,23刷.           
      身心快楽、創樹社,1977,3刷.           
      私の中の地獄、筑摩書房,1973,7刷.           
      霞客(未発表作品)、「海」1979,7月号.           
      三島由紀夫君のこと、「海」1977,1月号.           
      ひかりごけ・滅亡について、『存在の探求 上』所収.        
      富士山、『日本随筆紀行 10』所収.   
      (竹内実と共著)毛沢東 その詩と人生、文藝春秋新社、
                            1965年、第2刷。    
      (堀田善衛共著)対話 私はもう中国を語らない、朝日新聞社1973年。
      「史記の世界」、平凡社「世界教養全集」18所収。
      わが中国抄、中国新書5、普通社、1963年。
      ひかりごけ、「ちくま文学の森」7所収。
武田   徹   偽満州国論、河出書房新社、1995年。
         「隔離」という病い 近代日本の医療空間、講談社選書メシエ、
                         1997年。
武田  友寿   内村鑑三・青春の原像、YMCA出版,1982.   
         戦後文学の道程、北洋社,1980.
武田  久吉   尾瀬、「福島県文学全集 第二期2」所収。
武田  花    煙突やニワトリ、筑摩書房、1992年。
         カラスも猫も、筑摩書房、1995年、第2刷。
         仏壇におはぎ、角川春樹事務所、2004年第5刷。
         猫・大通り、現代書館、2007年。
         イカ干しは日向の匂い、角川春樹事務所、2008年。
         写文集 猫と花、講談社+α文庫、2009年。
         犬の足あと 猫のひげ、中公文庫、2010年。
武田 繁太郎   沈黙の四十年 引き揚げ女性強制中絶の記録、
                           中央公論社、1985年。
武田   久   康子、「福島県文学全集 第二期6」所収。
武田 英克    満州脱出 満州中央銀行幹部の体験、中公新書、1985年、再版。
武田 百合子   日日雑記、中央公論社,1992,再版.           
         富士日記 上、中央公論社,1977. 
             下           
         犬が星見た・ロシア紀行、中央公論社,1979.        
         ことばの食卓、作品社,1984.           
         遊覧日記、作品社,1987.           
         北麓の晩夏から秋、『日本随筆紀行 10』所収.        
     ※『武田百合子 天衣無縫の文章家』、「文藝別冊」、
                      河出書房新社、2004年、第2刷。
武田 麟太郎   暴力・反逆の呂律・日本三文オペラ・釜ヶ崎・
              市井事・一の酉・現代詩・朝の草・大凶のくじ、
                            筑摩現代文学大系 44.
         大凶の籤、「ちくま文学の森9」所収。
竹取物語     野口元大校注、「新潮日本古典集成」、1979年。
           北壮夫現代語訳、「少年少女日本文学館2」所収。
竹中  郁    黄蜂と花粉、枝の祝日、象牙海岸、署名、竜骨、動物磁気、
                詩集そのほか、「日本の詩歌」25所収。
竹西  寛子   春過ぎて、「海」1979,7月号.           
         儀式、『何とも知れない未来に』所収.
         長城の風、新潮社、1994年。
         神馬(じんめ)、「少年少女日本文学館21」所収。
竹之内 響介  ベルリンの奇跡、東京新聞、2015年。
武林 無想庵   ピルロニストのように、筑摩現代文学大系 64所収.
竹本  健治   腐蝕の惑星、新潮文庫、1986年。 (淳)
竹山  道雄   「蓮池のほとりにて」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
         ビルマの竪琴、「少年少女日本文学館16」、講談社、1993年、
                                第11刷。
太宰   治   返事 貴司山治宛、筑摩「戦後思想の出発」所収.         
          パンドラの匣(正義と微笑)、新潮文庫,1993,38刷.  
          津軽、新潮文庫、1986年、64刷。        
  ◆(以下四冊合本)
           お伽草紙、新潮文庫、1996年、51刷。 
           惜別、新潮文庫、1992年、26刷。
           もの思う葦、新潮文庫、1996年、35刷。 
           津軽通信、新潮文庫、1997年、16刷。
          ◆(以下三冊合本)
           二十世紀旗手、新潮文庫、1996年、38刷。  
           きりぎりす(他13篇)、新潮文庫、1997年、47刷。  
           新ハムレット(他4篇)、新潮文庫、1996年、31刷。 
           ◆(以下三冊合本)
           新樹の言葉、新潮文庫,1982.       
            ろまん灯籠、新潮文庫,1983.           
           津軽、新潮文庫,1978,48刷.    
          人間失格・桜桃、角川文庫,1962,36版.          
          女生徒、角川文庫,1960,23版.            
          斜陽、角川文庫,1962,36版.   
         ■皮膚と心、畜犬談、駈込み訴へ、走れメロス、待つ、
          めくら草紙、父、桜桃、(「集英社日本文学全集 70」所収.)  
         □晩年、ダス・ゲマイネ、満願、富嶽百景、駆け込み訴え、
           走れメロス、女の決闘、千代女、吉野山、竹青、
           浦島さん、ヴィヨンの妻、斜陽、桜桃
                   (「筑摩現代文学大系54 」所収)。   
           貧の意地、「ちくま文学の森2」所収。
          雀こ、「実験小説名作選」.           
          グッド・バイ(他15篇)、新潮文庫、1996年、52刷。 
         「一日の労苦」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
          カチカチ山、「ちくま文学の森8」所収。        
         〈中文)惜別(于小植訳)、新星出版社、2006年。
          魚服記、「ちくま文学の森4」所収。
          らん惰の歌留多、「ちくま文学の森9」所収。
      愛と苦悩の手紙(亀井勝一郎編)、角川文庫、1981年、30版。 
       太宰治に聞く、井上ひさし編著、文春文庫、2002年。
       新潮日本文学アルバム 太宰治,1983. 
      群像 日本の作家17 太宰治、小学館、1991年。     
田代   櫂  グスタフ・マーラー、春秋社、2009年。  
多田  茂治  戦中文学青春譜 「こをろ」の文学者たち、海鳥社、2006年。
          満州・重い鎖 牛島春子の昭和史、弦書房、2009年。
橘    樸   著作集第一巻、中国研究、1966年。
橘   稲子   一女教師の記録 五つの星に導かれて、1970年。、
立原 えりか  アンデルセン作 マッチうりの少女、集英社、1974年、2版1刷。
立花   開   裏目しや満州 開拓一家四代百二十年、1992,改訂再版.
          幻か?現実か?満州国 悲劇の満蒙開拓、2008年。
          挽歌『開拓と協和』、2009年。
立花   隆   『無限の相のもとに』(埴谷雄高との対談)、岩波書店、1997年。
立原   幹   風のように光のように 父・立原正秋、角川書店,1985,4版.
立原  正秋   冬のかたみに・帰路・薪能・剣ヶ崎(新潮現代文学
                      61立原正秋),新潮社,1980.
         夢は枯野を、角川文庫、1979年。           
         春の病葉、角川文庫、1979年、5版。           
         愛をめぐる人生論、新潮文庫、1981年、第10刷。
         萩へ津和野へ、随筆集、メディア総合研究所、1997年。
立原  雅子  国鉄2万キロ女一人旅、動輪社、1983年。
立原  道造   立原道造詩集(中村真一郎編)、角川文庫,1965,
                          32版. 1961,17版.
         立原道造詩集(杉浦民平編)、岩波文庫、1988年。
立間  祥介   孫子、中国の人と思想③、集英社、1984年。
辰野   隆    随想全集 1、副武書店、1983年。
                   2、 1983年。
                   3、 1983年。
                   4、 1983年。
                   5、 1983年。
                  別巻     1983年。 
伊達  宗雄   歌集 古園、東北アララギ会、1978年。
石  博高   スペイン歴史散歩、行路社、2004年。
立野  正裕   精神のたたかい--非暴力主義の思想と文学、
                     スペース伽耶、2007年。
           紀行 星の時間を旅して、彩流社、2015年。
           世界文学の扉をひらく 第一の扉、運命をあきらめ
               ない人たちの物語、スペース伽耶、2008年。
           〃 第二の扉 愛をつらぬいた女たちの物語、2010年。
           〃 第三の扉 奇怪なものに遭遇した人たちの物語、
                                     2011年。  
           スクリーンの中への旅、彩流社、2017年。     
           (伊藤龍哉と共著)世界の「聖地」を旅する 第二の旅路、
              明治大学リバティーアカデミー、2017年。
           未完なるものへの情熱 英米文学エッセイ集、
                           スペース伽耶。2016年。
田中   彰   小国主義ー日本の近代を読み直す、岩波新書、1999年。
田中  克彦   ことばと国家、岩波新書,1987,10刷.
田中 貢太郎   竈の中の顔、「ちくま文学の森」7所収。
田中 小実昌   ショーウィンドーのなか、「海」1979,7月号.
田中  澄江   九條武子、『人類愛に捧げた生涯 女の一生⑧』講談社所収。
田中 艸太郎  「こをろ」の時代 矢山哲治と戦時下の文学、葦書房、1989年。
田中  仁彦   デカルトの旅/デカルトの夢、岩波書店,1989,3刷.       
            ラ・ロシュフーコーと箴言、中公新書,1986年。
田中  英光   オリンポスの果実、新潮文庫,1960,13刷.          
           野狐、筑摩現代文学大系 65.
田中  冬二 幼年の日、「福島県文学全集 第二期3」所収。        
         皿、青い夜道、アスピリン、大根禮讃、故園の莢、
             銀行、虹、「福島県文学全集 第二期6」所収。
田中 益三   長く黄色い道ー満洲・女性・戦後、せらび書房、2006年。
田中 康夫   ぼくだけの東京ドライブ、中公文庫、1987年。
田中美知太郎  ソクラテス、岩波新書,1988,44刷.           
          学問論 現代における学問のあり方、筑摩書房,1972,3刷.
田辺  聖子  おちくぼ姫、角川文庫、43版、2007年。
田部  重治  「山と渓谷」、平凡社「世界教養全集22所収。
谷   譲次  踊る地平線、上下、岩波文庫、1999年。
谷    泰   カトリックの文化史 神・人間・自然をめぐって、NHK
                     ブックス,1997年
谷内  六郎  北風とぬりえ、天野祐吉作業室、2011年。
谷川   雁  賢治初期童話考、潮出版社,1985.
谷川  健一  南島論序説、講談社学術文庫、1987.
谷川 俊太郎  詩集  空の青さをみつめていると、角川文庫、1987,改版7版. 
         詩集  朝のかたち、角川文庫、1987,5版.
谷川  徹三   日本人の心、講談社学術文庫、1976年。
           「全体と部分」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
谷内  六郎   絵本歳時記、新潮文庫,1981.
谷口  龍男   (富永厚共編著)人間とは何か、北樹出版、1992年。
谷口  雅春   生長の家聖典 生命の實相 地の巻、
        光明思想普及会1939年、第68版。
谷崎 潤一郎   陰翳礼賛、筑摩「反近代の思想」所収.           
         痴人の愛、角川文庫、1962,35刷.           
         蓼喰う虫、岩波文庫,1961,15刷.           
         痴人の愛・蓼喰う虫・盲目物語・あし刈・春琴抄・鍵、
                       筑摩現代文学大系 18.
         小さな王国、母を恋うる記、「少年少女日本文学館4」所収。
         「或る時」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
         美食倶楽部、「ちくま文学の森5」所収。
         秘密、「ちくま文学の森4」所収。
         或る調書の一節、「ちくま文学の森8」所収。
         幇間、「ちくま文学の森9」所収。
         母を恋うる記、「ちくま文学の森2」所収。
         武州公秘話・聞書抄、中公文庫、1984年。
田沼  利男   宗教改革史概説、中央出版社、1948年。
種田 山頭火    定本句集、弥生書房、1979年、六版。
田部井 淳子   エベレスト・ママ〈抄)、豊な自然が福島の命、
                    「福島県文学全集 第二期4」所収。
田畑 修一郎   鳥羽家の子供、筑摩現代文学大系 19所収.
田部  重治   わが山旅五十年(抄)、「福島県文学全集第二期5」所収。 
田宮  虎彦   無花果・霧の中・天路遍歴・落城・土佐日記・
            足摺岬・鷺・絵本・ぎんの一生・銀心中、
                      筑摩現代文学大系 10.  
         悲運の城、「福島県文学全集 第一期4」所収。
  (田宮千代と共著)愛のかたみ、光文社、1957年、9版。
田村 泰次郎   肉体の悪魔、筑摩現代文学大系 65.
田村  隆一   四千の日と夜、筑摩現代文学大系 67.
田山  花袋   田舎教師・百夜・重右衛門の最後・蒲団・一兵卒・
          ある僧の奇跡・露骨なる描写・インキ壼抄、
                   筑摩現代文学大系 10. 
         棚倉の思い出、会津の温泉、「福島県文学全集 
                           第二期1」所収。
        「湯河原の一日」、平凡社『世界教養全集』別巻1所収。      
多和田 叶子   (中文)三人關系、「中日女作家新作大系」、
                       中国文聯出版公司、2001年。
俵   万智   新・おくのほそ道(抄)、「福島県文学全集 第二期5」所収。
團  伊玖磨   パイプのけむり、朝日新聞社、新装第刷、1981年。
        中国語訳、李楊晶・建華訳、国際文化出版公司、2005年。
檀   一雄   火宅の人 上下、新潮文庫,1986,12刷,11刷.           
         リツ子・その愛、新潮文庫,1986,58刷.           
         リツ子・その死、新潮文庫,1986,55刷.           
         檀流クッキング、中公文庫,1985,18版.           
         美味放浪記、中公文庫,1986,12版.           
         新潮日本文学アルバム 壇一雄、1987,2刷.           
         花筐・佐久の夕映え、「檀一雄全集」第一巻、
                      新潮社、1977年。  
         小説 太宰治、岩波現代文庫、2000年。 
         夕日と拳銃、「壇一雄全集」第五巻、新潮社、1977年。        
        光る道、「ちくま文学の森8」所収。
         「檀一雄全集」別巻 研究篇、真鍋呉夫編、沖積舎、1992.
檀   太郎   自由奔放クッキング、新潮文庫,1987.           
          壇流エスニック料理、中公文庫、1995年。
檀   晴子  檀流クッキング入門日記、集英社文庫,1983.
丹藤  佳紀  中国 現代言葉事情、岩波新書、2000年。

日本の作家 た行の「ち」

近松門左衛門    曽根崎心中・冥土の飛脚・他五篇、松田義雄校注,
          (西語訳あり)      岩波文庫、1986,12刷.
茅野 裕城子    韓素音の月、集英社、1996年。
中国帰還者連絡会編  完全版 三光、晩聲社、1984年。
知里 真志保    アイヌ語に入門―とくに地名研究者のために、楡書房、1956年。
千葉 省三     「日本児童文学大系 15 千葉省三集」、ほるぷ出版、1977年。
ちば てつや    ボクの満州放浪記、『ボクの満州』所収。
知里  幸恵    アイヌ神謡集、岩波文庫,1978,2刷.
陳   舜臣    日本人と中国人、集英社文庫、1987年。
    (司馬遼太郎・金達寿鼎談)歴史の交差路にて、講談社文庫、1991年。
           敦煌の旅、平凡社、1976年、3刷。

日本の作家 た行の「つ」

つかこうへい  娘に語る祖国、光文社,1990,5刷. 
          人は幸せになるためにうまれてきたのです、光文社、1996年。     
          娘に語る祖国 『満州駅伝』-従軍慰安婦編、光文社、1997年。
          文藝別冊 つかこうへい追悼総特集、河出書房新社、2011年。 
       (井上ひさし対談)国ゆたかにして義を忘れ、角川書店、1985年。   
司    修   戦争と美術、岩波新書,1992.
          イーハトーヴォ幻想、岩波書店、1996年。
          賢治の手帳、岩波書店、1996年。
          影について、新潮社、1994年、2刷。
塚瀬   進   満州の日本人、吉川弘文館、2004年。
塚田  大峯   聖道得門、「岩波日本思想大系47」所収、1972年。
塚原 健二郎  古いお靴、他14編、ほるぷ「日本児童文学大系27」所収。
筑紫  政昭   鳥になった人間 亀井文夫の生涯、講談社、1992年。
つげ  義春   つげ義春流れ雲旅、旺文社文庫,1983,重版.           
          颯爽旅日記(抄)、断片的回想記(抄)、「福島県文学全集
                             第二期3」所収。
         つげ義春作品集、日本文芸社、2007年。
辻   康吾   現代中国文学によせて、『キビとゴマ』所収。
         北京激動―中国の民主、岩波ブックレット、No.141、 1989年。
         転換期の中国、岩波新書、1983年。
辻   邦生   モンマルトル日記、集英社文庫,1979.    
          辻邦生作品全六巻 3、河出書房新社,1972.  
          高瀬川、『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。   
          サラマンカの手帖から、新潮文庫,1975.        
          小説への序章、中公文庫、1979.        
          安土往還記、新潮文庫、1973,3刷.       
          青い葡萄、「海」1979,7月号.        
          吹雪、「海」1977,1月号.      
          勝利の女神の翼の部分、「海」1980,7月号.     
          憂愁のジルス・マリアにて、「海」1981,12月号.   
          作家の世界「辻 邦生」、番町書房、1978年。
          吝い、婪り、「少年少女日本文学館21」所収。
辻  まこと  多摩川探検隊、「ちくま文学の森3」所収。
        スキー場で、「ちくま文学の森12」所収。
辻   光博  アンダルシィア物語、書肆季節社,1983.  
          続・アンダルシィア物語、書肆季節社,1987.
辻井   喬  深夜の読書、新潮文庫,1987.年。                 
         辻井喬詩集、思潮社、1967年。     
         桃幻記、集英社、2003年。
對馬  勝淑    島尾敏雄論、海風社、1990.
津島 美知子    回想の太宰治、講談社文庫,1983
津島  佑子   光の領分、講談社文庫,1984.         
           夢の道、「海」1979,7月号.          
           水槽、「海」1977,1月号.      
       (中文)微笑的狼、中国文聯出版社、2001年。
津田 左右吉   日本の天皇、筑摩「国家の思想」所収.   
           建国の事情と万世一系の思想、筑摩「戦後思想の出発」所収.
津田  幸男   (編)英語支配への異論、第三書館、1993年。
槌田  満文   (監修)ことわざ辞典、成美堂出版、2006年。
土田  耕平   八の字山、他20編、ほるぷ「日本児童文学大系9」所収。
土田  ヒロミ 土田ヒロミのニッポン、産経新聞社、2007年。 
          「広重五十三次」を歩く、上下、NHK出版、1997年。
           ヒロシマの証(杉原正、兼口芳成)、岩波書店、1982年。
           聖地への旅[伊勢神宮]、矢野憲一・文、佼成出版社、1988年。 
土屋  文明   山谷集、筑摩現代文学大系 68.        
           短歌入門、角川文庫、1971年、改版再販。
筒井  康隆   筒井康隆編 実験小説名作選、1982,2刷. 
         着想の技術、新潮社、1983,8刷.        
         ジーザス・クライスト・トリックスター、「海」1981,12月号. 
         嘘人たち、中公文庫,1986,3版.        
         旅、「実験小説名作選」.         
         文学部唯野教授、岩波書店,1990,2刷.
         時をかける少女、角川文庫、1983年、34版。
鼓    直   ラテンアメリカの小説の世界 想像力の目眩、北栄社、2000年。
堤中納言物語   塚原哲雄校注、「新潮日本古典集成」、1983年。
恒藤   恭   改正憲法の革命的性格、「戦後思想の出発」所収.
角田  房子   甘粕大尉、中公文庫,1987,8刷.         
           甘粕大尉、中央公論社、1975年、3版。     
           墓標なき八万の死者、中公文庫、1982年、第6刷。
           一死、大罪に謝す、新潮社、1980年、7刷。
壺井   栄   二十四の瞳・屋根裏の記録・日めくり、筑摩現代文学大系 39.
           二十四の瞳、偕成社フォア文庫、1981年、第6刷※敦子に返す    
           小さな物語、坂道、『川をわたる歌声』所収。
           (編)野の草のようにー母の地図、光文社、1960年、19版。
坪井  繁治   罪と罰「福島県文学全集 第二期6」所収。
坪内  逍遥   桐一葉・小説神髄・小説三派・「マクベス評釈」の
                          緒言、筑摩現代文学 大系 1.
坪倉  優介   ぼくらはみんな生きている、幻冬舎、2001年。
坪田  歓一   (堀 秀彦監修) 言典、1973年、第二版。
坪田  譲治   お化けの世界、筑摩現代文学大系 65.
           お化けの世界、「ちくま文学の森4」所収。
           「日本児童文学大系25 坪田譲治集」、ほるぷ出版、1980年、3刷。
津村  節子   日本やきもの旅行Ⅱ(抄)、風花の街、「福島県
                       文学全集 第二期4」所収。
津村  秀夫   何を破るべきか 冨山房「近代の超克」所収
鶴岡  賀雄  十字架のヨハネ研究、創文社、2000年。
鶴間  和幸   ファーストエンペラーの遺産 秦漢帝国、
                      「中国の歴史3」、講談社、2004年。
鶴見  俊輔  わたしのアンソロジー 筑摩「国家の思想」所収 
          不定形の思想、文藝春秋、1968年。    
        (中川六平と共編)天皇百話 上下 ちくま文庫、1989年    
        (久野収と共著)現代日本の思想 その五つの渦、岩波新書,
        (長田弘、高畠通敏と共著)日本人の世界地図、潮出版社,1978.
           (同時代ライブラリー版)、岩波書店、1997年      
        (安田武と共著)忠臣蔵と四谷怪談、朝日選書,1983. 
        (浜田晋・春キスヨ・徳永進と共著)、いま家族とは、岩波書店、
                               1999年。   
         埴谷雄高、講談社、2005年。
         戦時期日本の精神史、岩波書店、1982年、4刷。
         思い出袋、岩波新書、2010年。
         (編)老いの生きかた、ちくま文庫、1997年。
鶴屋  南北   東海道四谷怪談、新潮日本古典集成 45、1981年。

日本の作家 た行の「て」と「と」

T.K生        (「世界」編集部編)、岩波新書、1974年、第3刷。 

手塚 治虫   丹下左膳、講談社、2000年、7刷。
デュモリン、H.  全き人間、社会思想研究会出版部、1962年、再版、25刷。
          新訂 全き人間、教養文庫、1988年。 
          近代思想とキリスト教、社会思想研究会出版部、1955年重版。
          生きる喜び、現代教養文庫、1955年。
手嶋  龍一   (佐藤優と共著)インテリジェンス 武器なき闘争、
                      幻冬舎新書、2007年第7。刷
寺内  邦夫   かなしみの袋、大宝文庫、1995年。
           島尾紀 島尾敏雄文学の一背景、和泉書院、2007年。
寺尾  五郎   先駆 安藤昌益、徳間書店、1976年。
           安藤昌益の闘い、人間選書、農山漁村文化協会、1978年。
寺田 建比古   T.S.エリオットーー砂漠の中心、研究社、1963年。
寺田   透   不可測の振幅、筑摩書房、1990年。
寺田  寅彦   随筆集(小宮豊隆編)、第一巻、岩波文庫、1963年、第28刷改版。
                    第二巻、 1983年、第46刷。 
                    第三巻、 1963年、第20刷。
                    第四巻、 1963年、第20刷。 
                    第五巻、 1963年、第20刷。
        「化物の進化」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
         比較言語学における統計的…、「ちくま文学の森14」所収。
         蓄音機、「ちくま文学の森11」所収。
寺田 喜久    相馬傅説集、大正11年初版、1972年崙書房復刻。 
寺山 修司   モンタヴァル一家の血の呪いについて、「ちくま文学の森 別巻」
                                 所収。
        「ちくま日本文学全集 寺山修司」、誰か故郷を思はざる抄、
           詩・短歌 他、2001年、6刷。    
照井 良彦    少年の曠野 “満州”で生きた日々、影書房、1997年。
                                      
天田  愚安   東海遊侠伝、「福島県文学全集 第二期1」所収。 
土井  健郎   「甘え」の構造、弘文社、1984年、2版。  
           「甘え」雑稿、弘文社、1981年、25刷。
           表と裏、弘文堂、1995年、21刷。
土井  淑平   反核・反原発・エコロジー 吉本隆明の政治思想
                           批判,批評社、1986年。
土井  晩翠   野口英世博士の生家を訪ひて、「福島県文学全集第二期2」所収。
         荒城の月、野口英世頌 磐梯山のもと、「福島県
                         文学全集 第二期6」所収。
         「日本の詩歌 2 土井晩翠他3名」、中央公論社、1968年。
東海  散士   佳人之奇遇、「福島県文学全集 第一期1」所収。
東京教育大学アジア史研究会  中国近代化の社会構造、教育書籍、1960年。
東京新聞社会部  新編 あの戦争を伝えたい、岩波現代文庫、2011年。
東海  正史   歌集 動く氷河、九芸出版、1994年。
道元       辧道話、正法眼蔵(第一~第四十)、「岩波日本
                         思想大系12」所収、1970年。 
         正法眼蔵(第四十一~第七十五)、十二巻正法眼蔵、
                  「岩波日本思想大系13」所収、1972年。 
         正法眼蔵(抄)(玉城康四郎訳)、「中公日本の名著7」、1974年。
         正法眼蔵随聞記、大久保道舟註、山喜房佛書林、1982年、第20版。
東野邊  薫   和紙、「福島県文学全集 第一期3」所収。
東北学院     大正デモクラシーと東北学院―杉山元治郎と鈴木義男ー
                           2006年。(岩本由輝教授寄贈)
東北大学出版会  魯迅と仙台 東北大学留学百周年、2005年、改訂第一版。
遠山  茂樹   昭和史[新版](今井清一、藤原彰共著)、岩波新書、
1967年、12刷。
東野  利夫   汚名「九大生体解剖事件」の真相 文春文庫1985年
遠丸   立   埴谷雄高と神秘宇宙 ユングとの邂逅、武蔵野書房、1989年。
戸門  一衛  (執筆者の一人)社会党の現在と未来、日本社会党
                      中央本部機関誌局、 1989.  
        (石井陽一共著)スペインーその国土と市場ー、
                       改訂3版、科学新聞社、1990年。       
 (タマメス他と共著)スペイン現代史、大修館書店、 1999年。
         スペインの実験 社会労働党政権の12年、朝日選書、1994年。
戸川  幸夫   吾妻の白猿神、「福島県文学全集 第一期5」所収。
土岐  善麿   六月(筑摩現代文学大系 68)
        「日本の詩歌 11 土岐善麿他3名」、中央公論社、1968年。
時永  正夫   神は直線を描かない、叙階25周年記念委員会、1993年。
徳川  無声   「落語少年」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
徳田  球一   人民に訴う 筑摩「戦後思想の出発」所収
徳田  秋声   仮装人物、新潮文庫、1965年、11刷。        
         あらくれ、仮装人物、縮図、或売春婦の話、花が咲く、
            風呂桶、町の踊り場、チビの魂、のらもの
                      (筑摩現代文学大系 11)
徳富  蘇峰   将来の日本、吉田松陰、「中公日本の名著40」、1971年。
徳富  正敬   満州建国読本、日本電報通信社、1940年。
徳富  蘆花   自然と人生、岩波文庫、1974年、52刷。       
           みみずのたはこと、「福島県文学全集 第二期1」所収。
           自然と人生 抄、新潮社日本文学全集4、1954年。
   健次郎   みみずのたはこと、上下、岩波文庫、1996年、第30刷。
           思出の記、東京民友社、明治三十七年、十八刷。
     不如帰、岩波文庫、1991年、59刷。
           黒潮、岩波文庫、1986年、6刷。
           新春、岩波文庫、1999年、7刷。
           青山白雲、明治31年、民友社。(祖父幾太郎の本)
 健次郎、愛 小説 富士、第一巻、福永書店、大正14年、22版。
              々   第二巻、     大正15年、19版。
              々   第三巻、     昭和2年、6版。
              々   第四巻、     昭和3年、7版。    
得永   直   太陽のない町(筑摩現代文学大系 37)
          いねむり千葉さん、『川をわたる歌声』所収。
徳山  高明   歌集 ヤポネシア、短歌新聞社、1995年。
戸嶋  靖昌  孤高のリアリズム、戸嶋靖昌記念館、2015年。
          戸嶋靖昌 とその時代、甲田洋一・執行草舟、戸嶋靖昌記念館、2013年。
              英訳あり。
        戸嶋靖昌存在の地層、ー邂逅と回帰、小池寿子、戸嶋靖昌記念館、2016年。
          我と汝ー山口長男と戸嶋靖昌の対話、戸嶋靖昌記念館、2013年。
戸田   覚   パソコンを買う賢者の選択、講談社α新書、2000年。
戸田 ヒロコ   本の仕事、沖積舎、1991年。
どちりなきりしたん(長崎版)、海老沢有道校注、岩波文庫、1991年、 第7刷。
戸塚  文卿   (編)カトリック思想史、中央出版社、1960年。
外村   繁   みおつくし、落日の光景、新潮文庫、1969年、6刷。
外村  民彦   宗教は核時代に何ができるか、全記録・アッシジ
                         の祈り、朝日選書、1988年。
殿谷 みな子   海の城、「実験小説名作選」。
土橋   寛   奥の細道 幻住庵ノ記新釈、1954年。
戸部  実之   満州語入門、泰流社、1989年。
           ケチュア語入門、泰流社、1987年。
苫米地 英人   明治維新という名の洗脳、ビジネス社、2015年。
富岡 多恵子   壷中庵異聞、集英社文庫、1978年。
富沢 有為男   谷間の太陽、「福島県文学全集 第一期4」所収。
富田  常雄   姿三四郎、河出「国民の文学14」、1968年。
富永  太郎   詩集(筑摩現代文学大系 67)
富永  仲基   翁の文、出定後語、「中公日本の名著18」、1972年。
富山  妙子   帰らぬ女たち―従軍慰安婦と日本文化ー、
                  岩波ブックレットNo.261、1992年。
友清  高志   満州慟哭、講談社、1987年。
外山 茂比古  知的創造のヒント 講談社現代新書 1989年20刷。   
         日本語の個性、中公新書、1976年。        
         フィナーレの発想、講談社、1979年。      
         日本語の素顔、中公新書、1981年。
豊島 与志雄 天狗笑い(豊島与志雄童話集) 晶文社 1978年。 
         著作集全六巻(1965~67) 未来社         
           1(小説 1)、未来社、1967年。        
           2 (小説 2) 1965年。         
           3 (小説 3)、 1966年。        
           4 (小説 4) 1965年。        
           5 (小説 5、戯曲) 1966年。      
        恩人(筑摩現代文学大系 64)
        立札、「ちくま文学の森15」所収。
        「日本児童文学大系16 豊島与志雄集」、ほるぷ出版、1977年。
豊田 君仙子   句集 柚の花、花桐社(会津若松)、1968年。
豊田  芳子   つるの恩返し、集英社、1976年、第18刷。
十和田 操      戸の前で(筑摩現代文学大系 65)
寅さん読本 男はつらいよ、PHP研究所、1992年、第2刷。
鳥飼 玖美子   歴史を変えた誤訳、新潮文庫、2004年。
鳥山  喜一   「黄河の水」、平凡社「世界教養全集」18所収。

About た行

ブログ「貞房文庫」のカテゴリ「た行」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはさ行です。

次のカテゴリはな行です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。