メイン

日本の作家 あ行のあ

会沢 正志斉   新論、「中公日本の名著29」、1974年。
会田  謙三   崖の骨、あおざめた鬼の翳、吹雪の中の赤い月、
                     「福島県文学全集 第二期6」所収。
会田  毅    練兵場風景、瓦斯タンクのある町、夜景思慕、
                     「福島県文学全集 第二期6」所収。
会田  由・長南実  テーブル式スペイン語便覧、白水社、1985年、第7版。
会田 雄次    日本人の意識構造、講談社、1971,8刷(初版1970).  
           ルネサンス、講談社現代新書、1974,2刷.  
           アーロン収容所、中公文庫、1987,18版.
会津武家屋敷  山嵐 西郷四郎、歴史春秋出版、1987年。
会津 八一    南京新唱(筑摩現代文学大系 68).     
          朝河寛一と私ーー木村毅君に答えるーー、
                    「福島県文学全集 第二期2」所収。
           「歌材の佛像」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
相原  茂    はじめての中国語、講談社現代新書、2004年、第26刷。 
         必ず話せる中国語入門、主婦の友社、2004年。
饗庭 孝男   遡行と予見、審美社、1970.     
         石と光の思想、恣草書房、1971.     
         神なき詩の神学、1972.        
         絶対への渇望、恣草書房、1972.   
         近代の孤独、集英社、1973.    
         近代の解体、河出書房新社、1976. 
         ヨーロッパとは何か 文化の重層的空間、小沢書店、1993年、2刷。
青江 舜二郎   狩野亮吉の生涯、中公文庫、1987.年(2冊あり)。
青木  茂  三太花荻先生の野球、他、ほるぷ「日本児童文学大系14」所収。  
青木  茂    偽満州国に日本侵略の跡を訪ねる、日本僑報社、2007年。
青木  保    「日本文化論」の変容、中央公論社、1992年、8版。
青木 正児    江南春、東洋文庫、平凡社、1979年、第2刷。 
           琴棊書画、東洋文庫520、平凡社、1990年。   
           酒中趣、筑摩叢書289、筑摩書房、1985年、第二刷。
青木  靖三   ガリレオ・ガリレイ、岩波新書、1966,3刷(初版1965).
青田  恵子  小さな窓辺から(詩・布絵・短歌)、私家版、滋賀県大津市、2015年8刷。
青柳  瑞穂  「石皿との出合」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
青山 光二   吾妹子哀し、しがけん、新潮社、2003年。
青山  秀夫   マックス・ウェーバー、岩波新書、1976,第36刷(初版1951).
赤坂  憲雄  東西/南北考ーいくつもの日本へー、岩波新書、2000年。
          東北学へ①もうひとつの東北から、作品社、1996年。
          (編)東北ルネサンス、小学館文庫、2007年。
          (小熊英二・山内明美と共著)「東北」再生、イースト・プレス、2011年。
赤沢  典子  ピレネーを越えて 典子とコーラルのスペイン
              留学、東洋経済新報社、1984年。(2冊)
赤瀬川 源平  凝縮さざえ堂の二重ラセン、「福島県文学全集第二期5」所収。
          学術小説 外骨という人がいた、ちくま文庫、1992年、第3刷。
赤塚 不二夫  「メーファーズ」--これでいいのだ!!、『ボクの満州』所収。
阿川 弘之    雲の墓標(筑摩現代文学大系 61).       
          スパニエル幻想、『奇妙な味の小説』所収.    
          志賀直哉 上下、岩波書店、1994.   
          米内光政、新潮文庫、1999年、26刷。
秋田  雨雀  監督判事、白鳥の国、『川をわたる歌声』所収。
          湖上の別れ、他17編、ほるぷ「日本児童文学大系12」所収。
秋谷   豊  奥只見、二本松と裏磐梯、「福島県文学全集第二期4」所収。
暁鳥   敏  「歎異鈔講話」、平凡社「世界教養全集」10所収。
秋山  駿    対談 私の文学、講談社、1969.
芥川 比呂志  決められた以外のせりふ、新潮社、1970,7刷.
芥川 竜之介  日本文学 29、中央公論社、1964.     
          Rashomon y otros cuentos, Centro Editor de
               America Latina, Buenos Aires,1980.    
          筑摩現代文学体系25,1963.  
       岩波新書版全集       
           1.小 説 一 1955,6刷. 
           2. 二 1955,4刷.    
           3. 三 1955,2刷.          
           4. 四 1954.              
           5. 五 1955.            
           6. 六 1955.               
           7. 七 1955.             
           8. 八 1955.               
           9. 小 品 1955.             
          10. 随 筆 1955.              
          11. 紀行・日記 1955.          
          12. 評 論 一 1955.            
          13. 二 1955.              
          14. 三・詩 歌 1955.          
          15. 手 記・そ の 他 1955.           
          16. 書 簡 一 1955.             
          17. 二 1955.               
          18. 三 1955.              
          19. 雑 纂 1955.         
        芥川龍之介案内 1955.      
        「東京小品」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
        「侏儒の言葉」、平凡社「世界教養全集」3所収。
        魔術、「ちくま文学の森6」所収。
        (中文)羅生門(高慧勤訳)、中国  出版社、2005年。
        ひょっとこ、「ちくま文学の森15」所収。
        鼠小僧次郎吉、「ちくま文学の森8」所収。
        藪の中、「ちくま文学の森14」所収。
        蜜柑、「ちくま文学の森2」所収。
        蜘蛛の糸、他8編、ほるぷ「日本児童文学大系12」所収。
    「群像 日本の作家11 芥川龍之介」、小学館、1991年。
朝河  貫一   日本の禍機、講談社学術文庫、2006年、第11刷。
浅井  計弥   続 遥かなる旅路 感涙日中友好、中日新聞社、1996年。
浅田   彰   構造と力 記号論を超えて、恣草書房、第16刷,1984(初版1983)            逃走論 スキゾ・キッズの冒険、筑摩書房、2刷,1984(初版1984)
浅田  次郎  蒼穹の昴、上下、講談社、1998年,第16刷。
        珍妃の井戸、講談社、1998年、第2刷。   
        マンチュリアンリポート、講談社、2010年。
浅野  順一  ヨブ記、岩波新書、1972年、第6刷。
浅野  裕一  古代中国の文明観、岩波新書、2005年。
朝日新聞社   天声人語、1-5、1981年。
         ※なおこの五冊については執筆者別にも登録する。
朝日キーワード 2000、2000年。
                2000~2001年版 英語版、2000年。
朝日新聞アイヌ民族取材班  コタンに生きる、岩波同時代ライブラリー、1993年。
朝日新聞「新聞と戦争」取材班  新聞と戦争、上下、朝日文庫、2011年。
朝日新聞中国・東北取材班  旧満州はいま 日中交流の十字路、
朝日新聞社、1983年。朝日新聞テーマ談話室  戦争1・2・3.1990.
朝日新聞東京裁判記者団 東京裁判、上下、朝日文庫、1995年。
朝日新聞テーマ談話室編  戦争 血と涙で綴った証言、上下、                                                  朝日ソノラマ社、1987年。
  (上記と内容は同じ。写真図版無し)戦争 体験者の貴重な証言1~3、
                  朝日文庫、朝日新聞社、1990年。
朝日新聞長野支局編   ルポ現代の被差別部落、朝日新聞社、
                              1982年、第13刷。
浅見  雅一・安延苑共著 韓国とキリスト教、中公新書、2012年。
亜細亜大学ことわざ比較研究プロジェクト編  捕らぬ狸は皮算用?、
                              白帝社、2003年。
東   史郎  わが南京プラトーン、青木書店、1987年。
東   峰夫  アメリカの聖なる森林公園、「海」,1980,7月号
安住  義人  満洲随想 あのころの日本人、洛文社、1974年。.
足立  力也  丸腰国家ー軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略、
            扶桑社新書、2015年、2刷。
          緑の思想、幻冬舎ルネッサンス、2013年。
阿刀田 高   食べられた男、 講談社文庫 1988,14刷    
        響灘そして十二の短篇、文春文庫、1992年。
阿部 秋生   新纂 源氏物語評釈、清水書院、1956年、22刷。
                            ※迪子姉使用のもの。
阿部  昭   司令の休暇、明治四十二年夏、講談社「現代の文学35」所収。
阿部  市次  ああ胸あつくなるこの歳月、「福島県文学全集第二期6」所収。
安部 公房   終わりし道の標べに、新潮文庫、第6刷.     
        夢の逃亡、新潮文庫、第9刷,1982(初版1977).
        水中都市・デンドロカカリア、新潮文庫、14刷,1981(以上三冊合本)
        けものたちは故郷をめざす、新潮文庫、11刷,1977 
        無関係な死・時の崖、新潮文庫、14刷,1982
        第四間氷期、新潮文庫,1985,25刷.
        石の眼、新潮文庫、1975. (以上四冊合本)
        壁、新潮文庫、第22刷. 1974.     
        砂の女(新潮文庫、1981年、6刷)
        R62号の発明・鉛の卵、新潮文庫、14刷,1982
        カーブの向こう・ユープケッチャ、新潮文庫,1988.(以上四冊合本) 
        他人の顔、新潮文庫、1995年、54刷。 
        人間そっくり、新潮文庫、1985年、20刷。 
        箱男、新潮文庫、1982. 
        笑う月、新潮文庫、1984.  
        燃えつきた地図、新潮社、第6刷,1968.(以上四冊合本)   
        密会、新潮文庫、1983.
        死に急ぐ鯨たち、新潮文庫、1996年、6刷。
        カンガルー・ノート、新潮文庫、1997年、7刷。(以上三冊合本) 
        日本文学全集 85、集英社、1968.(収録作品
             「第四間氷期」、「赤い繭」、「魔法のチョーク」、
             「棒」、「イソップの裁判」、「無関係な死」、
             「時の崖」、「他人の顔」).       
        都市への回路、中央公論社、1980.   
        砂漠の思想、講談社、1980,20刷.    
        時の壁(筑摩現代文学体系66).  
        方舟さくら丸、新潮社、1984年。 
       「安部公房全作品14」(裁かれる記録、文学における理論と実践、
          黄金道路他)、新潮社、1973年。  
        榎本武揚、中公文庫、2004年、改版4刷。   
       ※『他人の顔』、『砂の女』のスペイン語訳あり。
阿部 謹也   中世の星の下で、ちくま文庫、1988.      
        中世の窓から、朝日新聞社、1981,4刷.     
        中世賎民の宇宙、筑摩書房、1987.      
        ハメルーンの笛吹き男、平凡社、1987,19刷.  
        ヨーロッパ中世の宇宙観、講談社学術文庫、1995年、第8刷。
阿部 次郎   三太郎の日記(合本)、角川書店.(淳)
         「三太郎の日記 第一」、平凡社『世界教養全集」4所収。

阿部 知二   冬の宿、黒い影、おぼろ夜、アルト・ハイデルベルヒ
                            (筑摩現代文学体系).
阿部 光子   小川正子、『人類愛に捧げた生涯 女の一生⑧』
                            講談社、1981年所収。       
阿部  善雄  最後の「日本人」 朝河貫一の生涯、
                          岩波現代文庫、2004年。
天城 南海子  詩集、日本現代女流詩人叢書Ⅱ 第7集、芸風書院、1984年。
                                      
天児   慧  巨龍の胎動 毛沢東VS鄧小平、「中国の歴史11」、
                          講談社、2004年。
         中国とどう付き合うか、NHKブックス、2003年。
天野  哲夫  禁じられた青春、上下、葦書房、1991年。
天野  秀延  現代伊太利亜音楽、アオイ書房、1939年
天野  祐吉  成長から成熟へーーさよなら経済大国、集英社新書、2013年。
奄美・島尾敏雄研究会編  追想島尾敏雄、南方新社、2006年。
網渕  謙錠   鏡の中の顔、二本松城址の風、鶴ヶ城下の抜け道、
                    「福島県文学全集 第二期4」所収。 
          魄、「福島県文学全集 第一期6」所収。
アムネスティ・インターナショナル日本支部編 現代世界の人権、明石書店、
                   1993年、第2刷。
綾部  恒雄   (編)文化人類学15の理論、中公新書、1984.
鮎川  義介   新日本建設の道、筑摩「戦後思想の出発」所収.
鮎川   信雄   橋上の人(筑摩現代文学体系67).
荒  正人   (編)エリオット入門、南雲堂,再版,1961.    
           第二の青春、筑摩「戦後思想の出発」所収.  
           思想の流れ、毎日新聞社、1963年。        
           雪どけを越えて(政治と文学)、近代生活社、1957年。
           漱石――人とその作品、日本リーダース
                     ダイジェスト社、1979年。     
           小説家 現代の英雄、光文社カッパブックス、1957年。 
           会津の女(抄)、「福島県文学全集 第二期3」所収。
           著作集 第一巻 第二の青春、三一書房、1983年。
            第二巻 文学的回想、     1984年。
            第三巻 市民文学論、     1984年。
            第四巻 宇宙文明論、     1984年。
            第五巻 小説家夏目漱石の全容 1984年。
荒井 作之助  不合理主義の源泉、筑摩「戦後思想の出発」所収.
新井利男・藤原彰  (編)侵略の証言 中国における日本人戦犯
                 自筆供述書、岩波書店、2000年、第3刷。 
荒井 とみよ  中国戦線はどう描かれたか 従軍記を読む、岩波書店、2007年。
荒井  献   イエス・キリスト、「人類の知的遺産 12」講談社、1979.      
        イエスとその現代、岩波新書、4刷,1975(初版1974).  
        トマスによる福音書、講談社学術文庫、1994年。
新井 智   聖書 その歴史的現実、NHKブックス、1988,第35刷.(淳)
荒井 信一   ゲルニカ物語-ピカソと現代史-、岩波新書、1991.
新井 白石  西洋紀聞 村岡典嗣校注、岩波文庫、1982,17刷.     
      折りたく柴の記、古史通・古史通或間、読史余論、
                   「中公日本の名著15」、1969年。
新井一二三 中国語はおもしろい、講談社現代新書、2004年。
新井 満   幸福論、PHP研究所,1992.    
        カフカの外套、文芸春秋社,1991.                    
荒垣 秀雄   天声人語 1.1945.9~1949.12,朝日新聞社,1981,8刷.
  (嘉治隆一と)      2.1950.1~1954. 6,1981,6刷.    
                3.1954.8~1958. 6,1981,3刷.    
                4.1958.7~1963. 4,1981,4刷.   

新川  明   新南島風土記、大和書房、1978年、第2刷。
荒木昭太郎  瑠璃色のまなざし、春秋社、2004年。
       モンテーニュとの対話、春秋社、2007年。
荒木 忠男  ローマの細道 南欧俳句随想、サイマル出版会1997年。
荒木 博之   日本人の心情論理、現代新書、1976.
新崎 盛てる  沖縄・反戦地主、高文研、1996年、新版3刷。
嵐山 光三郎  福島県玉梨温泉のノリ子さん、お元気ですか、
                   「福島県文学全集 第二期5」所収。
新城 俊昭  高等学校 琉球・沖縄史、編集工房東洋企画、1999年、4刷。
荒畑 寒村  寒村自伝、評論社、1960年。
         谷中村滅亡史、新泉社、1970年。
荒巻 義雄   大いなる正午、「実験小説名作選」.
荒俣  宏   別世界通信、ちくま文庫、1987.
有島 生馬   鳩飼ふ娘、筑摩現代文学大系64所収.
有島 武郎   かんかん虫、An Incident、宣言、カインの末裔、
           小さきものへ、生まれ出ずる悩み、ドモ又の死、
           酒狂、骨、親子(集英社日本文学全集25),1968.          
        或る女、An Incident、カインの末裔、小さき者へ、
           生まれ出ずる悩み、 ロダン先生の事、惜しみなく
           愛は奪ふ、武者小路兄へ、宣言一つ、革命心理の
           前に横たわる二岐路、農場解放顛末
                   (筑摩書房現代文学大系22,1964.)
        小さき者ヘ、「ちくま文学の森3」所収。
        碁石を呑だ八っちゃん、「ちくま文学の森2」所収。
        一房の葡萄、他5編、ほるぷ「日本児童文学大系9」所収。
有田   潤   初級ラテン語入門、白水社、1989,第18刷.
有田 芳生   私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実、
                         文藝春秋、、2005年、第4刷。
蟻塚 亨二  (須藤康宏と共著)3・11と心の災害、大月書店、2016年。
有馬 佑義   日付変更線、冥草社、1979.
有吉 佐和子  恍惚の人、29刷,1972.       
          海鳴り、筑摩現代文学大系 66 現代名作集(四).        
          出雲の阿国、上・中・下巻,1969.      
          華岡青洲の妻、新潮社、1967年、16刷。       
          女二人のニューギニア、朝日新聞社、1969年。 
          有吉佐和子の中国レポート、新潮社、1979年、第5刷。
          断弦、講談社、1957年。
アルーペ、ペドロ   若き世代に與う 人生案内、春秋社、1956,4刷.
阿波  弓夫  オクタビオ・パス 迷路と帰還、
                  文化科学高等研究院出版局、2015年。
阿波根 昌鴻   命こそ宝、岩波新書、1992年。
粟津  則雄   アルデュール・ランボオ、NHKブックス、2刷,1974.
阿波野 青畝   壱万両、筑摩現代文学大系 69.
安西  冬衛   軍艦茉莉、筑摩現代文学大系 67.
         軍艦茉莉、亜細亜の鹹湖、大学の留守、韃靼海峡と蝶、座せる闘牛                   士、「日本の詩歌」25、中央公論社、所収。 
安斎  良夫   私はどこにもいなかった、青い馬、虚構の実験室、
                     「福島県文学全集 第二期6」所収。
アンダ知宏   スペイン紀行、末来社、1991年。
安藤  昌益  自然真営途(抄)、統道真伝(抄)、中公「日本の名著 19」
                       野口武彦責任編集、1971年.
             同         中公バックス版、1984年。 
         「岩波日本思想大系45」(自然真営道・稿本自然
           真営道(抄)・掠職手記・石碑銘)、岩波書店、1977年。
          統道真伝 上、奈良本辰也訳註、岩波文庫、1982,9刷. 
                 下、 、1991,8刷.
          稿本自然真営道 安永寿校注、平凡社東洋文庫、1987,2刷. 
        写真集 人間安藤昌益(安永壽延編著)、農文協、1986年。
      全集、第一巻 稿本自然真営道 大序巻、真道哲論巻、
                        農山漁村文化協会、1986年。
         第二巻 稿本 自然真営道 私制辞書巻一、二、三    
         第三巻 稿本 自然真営道 私法儒書巻一、二   
         第四巻 稿本 自然真営道 私法儒書巻三、私法仏書巻 
         第五巻 稿本 自然真営道 私制韻鏡巻、私法神書巻上 
         第六巻 稿本 自然真営道 私法世物語巻、人相巻一 
         第七巻 稿本 自然真営道 人相巻二、三       
         第八巻 統道真伝 糾聖失     
         第九巻 統道真伝 糾仏失       
         第十巻 統道真伝 人倫巻           
         第十一巻 統道真伝 禽獣巻      
         第十二巻 統道真伝 万国巻       
         第十三巻 刊本 自然真営道 巻一・二・三    
         第十四巻 温泉寺過去帳(抜粋)/墓碑/石碑銘/
                 掠職手記/一関家文書(抜粋)/進退小録/
                 自然精進門/神医天真論    
         第十五巻 真斎謾筆 天・地・人       
         第十六巻上 稿本 自然真営道 私法神書巻下、
                  稿本 自然真営道 和訓神語論、稿本
                  自然真営道 甘味ノ諸薬・自然ノ気行
         第十六巻下 暦の大意 上・中位・下、博聞抜粋 
                 釈氏篇・神事篇・雑ノ条、確竜先生韻経書、
                 禽獣草木虫魚性弁、転真敬会祭文注解、
                 詩文聞書記(抜粋)/八戸藩庁日記(抜粋)/
                 宗門改帳(抜粋)、自然真営道残簡/  
                 安藤昌益関係書簡断片     
         第十七巻 稿本自然真営道 大序巻、私訓字書巻
                          一・二・三、私法儒書巻一     
         第十八巻 稿本自然真営道 私法儒書巻二・三、
                私法仏書巻、私制韻鏡巻、、私法神書間上   
         第十九巻 稿本自然真営道 私法世物語巻、真道
                         哲論巻、人相巻一・二・三巻  
         第二十巻 統道真伝 糾聖失、糾仏失、人倫巻   
         第二十一巻 統道真伝 禽獣巻、万国巻 刊本自然
                              真営道巻一・二・三 
         別巻 安藤昌益著作目録、年譜、関係文献目録/
              参考図解・図表/用語解説、書名・人名・地名・病名索引
         増補篇第一巻 資料編四 良中子神医天真、良中
                         先生自然真営道方、2004年。
         増補篇第ニ巻 資料篇五上 真斉謾筆 天・地・人                                (訓釈注解篇・上)、2004年。 
         増補篇第三巻 真斉謾筆 点・地・人(訓釈注解篇・
                                下)、2004年。 
        電子版 安藤昌益事典 
        電子版 安藤昌益全集(全文テキスト篇) 
        電子版 安藤昌益全集(章句検索篇)   
    安藤昌益、八戸市立図書館、伊吉書院、1974年、第2版。    
    昌益論 寺尾五郎『安藤昌益』、徳間書店、1976年。     
    ラードゥリ=ザトゥロフスキー  安藤昌益の世界(村上
                         恭一訳)、雄山閣、1982年。      
    没後230年生誕290年 安藤昌益 国際シンポジウム記録、
                 1993年「現代農業」臨時増刊、農文協。     
    農文協(編)   安藤昌益 日本・中国共同研究、農文協、1993年。 
    安永寿延 安藤昌益、平凡社選書、1976年。       
    ラードゥリ=ザトゥロフスキー  安藤昌益の世界(村上
                        恭一訳)、雄山閣、1982年。  
    青江 舜二郎   狩野亮吉の生涯、中公文庫、1987. 
    ノーマン、H. 「全集第3巻」忘れられた思想家 安藤昌益、
                             岩波書店、コピー。
安藤 誠一郎   農村教師の夢、1982年、子供たちによる自費出版。
         誠一郎と千秋、安藤御史編集、2012年。
安東  次男   Carendrier(筑摩現代文学大系 67).    
           日本の希望、「福島県文学全集 第二期6」所収。
安藤正士・太田勝洪・辻康吾  文化大革命と現代中国、岩波新書、1986年。
安楽庵策伝   醒睡笑 戦国の笑話(鈴木裳三訳)、東洋文庫31、
                              平凡社、1964年。

日本の作家 あ行の「い」

飯倉 照平  魯迅、「人類の知的遺産 69」講談社、1980.        
(鈴木健之共訳)山東民話集 中国の口承文芸3、東洋文庫274、
                       平凡社、1975年。
        魯迅・周作人兄弟と現代文学、「中国文化史」所収。
飯島 耕一  アヤモンテを渡る、「海」1979,7月号.        
       漂う都、「海」1980,7月号.
      鳩の薄闇、みすず書房、1986年。
飯田 蛇笏  霊芝、筑摩現代文学大系 69.        
       富士と峠、『日本随筆紀行 10』所収.
いいだもも  猪・鉄砲・安藤昌益、農山漁文化協会、1996年。
飯田 龍太  勝沼大善寺、『日本随筆紀行 10』所収.
        NHK俳句入門 俳句の楽しみ、日本放送出版協会、1987年、第4刷。
飯舘村    未来への翼、SEEDS出版、2012年。
飯塚 一郎  大航海時代へのイベリア、中公新書,1981.
飯塚 浩二 東洋史と西洋史の7あいだ、岩波書店、1988年、17刷。
        日本の軍隊、岩波同時代ライブラリー、1992年、3刷。
飯沼 二郎  日本天皇制とキリスト者、日本基督教団出版局、1991年。
        キリスト者 聖アウグスティヌス、エンデルレ書店、1990.
      (編)熱河宣教の記録、未来社、1965年。
イエズス会日本管区 イエズス会、エンデルレ書店、1958年。
筏   勲   平林治徳監修 万葉・古今・新古今、新興出版社、1961年。
碇  順治  (編)スペイン、河出書房新社、2008年。
猪狩 満直  日記、「福島県文学全集 第二期1」所収。  
       開墾地風景〈三)、開墾地風景〈四)、吹雪の夜の会話、農勢調査、
         俺は百姓、君と別れて 更科源蔵氏へ、母の手紙、帰郷、
                   「福島県文学全集 第二期6」所収。
生松 敬三  (木田元と共著)理性の運命、中公新書、1976. 
        現代思想の源流 1920年代への照射、河出書房新書、1977. 
        人間への問いと現代 ナチズム前夜の思想史、NHKブックス,1975.
        転換期としての現代、人文書院、1983.        
        ハイデルベルク ある大学都市の精神史、TBSブリタニカ、1980.
        日本文化への一視角、未来社、1975. 
        書物渉歴 1,2、みすず書房、1984.
生井久美子  付き添って、明日はわが身の老人介護、朝日新聞社、1996年。
       人間らしい死をもとめて、岩波書店、1999年。
       ゆびさきの宇宙、岩波書店、2013年、第10刷。
生島 治郎   暗い海暗い声、『奇妙な味の小説』所収.
生田 蝶介  作歌用語辞典、立命館出版部、昭和十八年再版。
池  利文  空海の宇宙大伽藍  池利文写真集、学習研究社、1984年。
池内  紀   錬金術通り、文芸春秋社、1993.        
       読書見本帖、丸善ライブラリー、1991,第2刷.        
       喜劇 人間百科、村松書舘、1980.        
       眼玉のひっこし、冥草社、1979.        
       ウィーンの世紀末、白水社、1981.        
       風刺の文学、白水社、1978.        
       書斎のコロンブス、冬樹社、1982.        
       世紀末の窓[21の肖像]、美術公論社、1983.         
       ウィーン・都市の万華鏡、音楽の友社、1983.        
       ことばの園芸舘、白水社、1983.        
       温泉、白水社、1983.        
       恋愛読本、弥生書房、1984.        
       猿飛レゲンデ、沖積舎、1985.        
       風景読本、弥生書房、1985.        
       M博士 往来の思想、青土社、1985.        
       闇にひとつの猥火あり、筑摩書房、1985.        
       地球の上に朝がくる、河出書房新社、1987.        
       私の人物博物館、筑摩書房、1987.        
       ぼくのドイツ文学講義、岩波新書、1996年。        
       開化小説集、岩波書店、1991年。        
       遊園地の木馬、みすず書房、1998年。        
       カラス、カラス、どこさいく‥‥東山温泉、「福島県文学
                        全集 第二期5」所収。
池上  俊一   魔女と聖女、講談社現代新書、1992.
池澤  夏樹   夏の朝の成層圏、中央公論社、1988年、再版。
         スティル・ライフ、中央公論社、1988年。
         スティル・ライフ、中公文庫、1991年。
         バビロンに行きて歌え、新潮文庫、1993年。
         マシアス・ギリの失脚、新潮社、1993年。
         楽しい終末、文藝春秋、1993年。
         マリコ/マリキータ、文春文庫、1994年。
         インパラは転ばない、新潮文庫、1995年。
         きみが住む星(エルンスト・ハース写真)、文化出版局、
                    1996年、10刷。
         骨は珊瑚、眼は真珠、文春文庫、1998年。
         タマリンドの木、文春文庫、1999年。
         カイマナヒラの家(写真芝田満之)、ホーム社、2011年。
         真昼のプリニウス、中公文庫、2003年、5刷。
         花を運ぶ妹、文藝春秋、2000年。
         イラクの小さな橋を渡って、光文社、2003年、4刷。
         憲法なんて知らないよ、集英社文庫、2005年。
         南の島のティオ、文春文庫、2005年、9刷。
         虹の彼方に 同時代コラム、講談社、2007年。
         パレオマニア、集英社文庫、2008年。
         異国の客、集英社文庫、2009年。
        (編)本は、これから、岩波新書、2010年。
         光の指で触れよ、中公文庫、2011年。
         春を恨んだりはしない、中央公論新社、2011年。
池田  草菴   鳴鶴相和集、「岩波日本思想大系47」所収、1972年。
池田  大作   21世紀文明と大乗仏教 海外諸大学講演集、
                         聖教新聞社、1996年。
池田  太郎   小説 日本の青空、映画「日本の青空」製作委員会、2007年。
池田 得太郎   家畜小屋、筑摩現代文学大系 66 現代名作集(四).
池田  浩士   ルカーチとこの時代、平凡社、1979.
池田 満寿夫   エーゲ海に捧ぐ、角川文庫、5版,1979.         
         アイスクリームの月、「海」1982,12月号.
池田 みち子   沢田美喜、『人類愛に捧げた生涯 女の一生⑧』
                       講談社、1981年所収。
池波 正太郎  他・津本陽・直木三十五・五味康祐・綱淵謙錠共著 剣聖
                       新潮文庫、2006年。
池宮城 秀意   戦争と沖縄、岩波ジュニア新書、1980年。
井沢  元彦   逆説の日本史 古代黎明編、小学館文庫、1998年。
石   弘之   地球環境報告、岩波新書、1990年、17刷。
石井  清司   革命とショパン、ヤマハミュージックメディア、2002年。
石井  敏雄   雪、筑摩「現代人間論」所収.
石井  陽一  (戸門一衛と共著)スペイン その国土と市場、
                          科学新聞社、1983年。
石井 美樹子   神の道化師 聖ヨセフの肖像、白水社、1991年。
石井  桃子  ノンちゃん雲に乗る、福音館書店、2006年、52刷。
石尾 芳久   天律罪国津罪再論 筑摩「国家の思想」所収。
石垣 綾子  愛ある限り―若き日のスメドレー、偕成社、1975年。
       回想のスメドレー、みすず書房、1967年。
石上  正夫  平頂山事件 消えた中国の村、青木書店、1991年。
石川  文子   随筆 花芒のある風景、1995年。           
石川進一遺稿集 花芒のある風景Ⅱ、1996年。
石川 淳  石川 淳選集 全17巻、岩波書店、1979~81年。          
         第一巻 小 説 1(葦手、山桜、普賢、他).           
          二 小 説 2(白猫、他).           
          三 小 説 3(雪のイヴ、他).           
          四 小 説 4(おとしばなし、尭舜、他).           
          五 小 説 5(前身、狼、他).           
          六 小 説 6(白頭ぎん).           
          七 小 説 7(荒魂).           
          八 小 説 8(至福千年).           
          九 小 説 9(かくしごと、他).           
          十 小説+戯曲(天馬賦、他).          
         十一 評論・随筆 1(森歐外、他).          
         十二 評論・随筆 2(渡辺崋山、他).          
         十三 評論・随筆 3(夷斎筆談、他).          
         十四 評論・随筆 4(夷斎清談、他).          
         十五 評論・随筆 5(諸国奇人伝、他).         
         十六 評論・随筆 6(新釈古事記).          
         十七 評論・随筆 7(西遊日録).          
   筑摩現代文学大系 52 石川 淳集(普賢、虹、曾呂利噺、無ジ
            ン燈、おとしばなし、尭舜、鷹、珊瑚、紫苑、喜寿童女、
            ゆう女始末、おまえの敵はおまえだ、西遊日録)、1969.  
          森 歐外 岩波文庫、1978,2刷.       
          普賢 他四篇、角川文庫,1956.       
          紫苑物語、新潮文庫、1967,8刷.       
          文林通信、中公文庫、1978.       
          焼跡のイエス、新潮文庫、1967,9刷.       
          文学大概、角川文庫、1955.       
          狂風記 上下、集英社文庫、1967,9刷.       
          六道遊行、集英社、1983年、2刷。
          天門、集英社、1985年。
          夷齋風雅、集英社、1988年。
         「雑文について」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
         「江戸人の発想について」、平凡社「世界教養全集」、
                             別巻2所収。
        「すばる」石川淳追悼来年号、1988年4月臨時増刊号。
          絶筆「蛇の歌」、初期作品「銀瓶」、「拳」、「爪喰ひの僧正」                              収録。
          井月(せいげつ)、「ちくま文学の森9」所収。
          鷹、「ちくま文学の森 別巻」所収。
石川 啄木   石川啄木集 上、新潮文庫、1985,52刷.    
                      下 1956,11刷.        
          啄木詩集 久保田正文編、角川文庫、1978,19版. 
          ローマ字日記 桑原武夫編訳、岩波文庫、1983,10刷. 
          一握の砂、悲しき玩具、呼子と口笛、ビロウド、足跡、
            葉書、我等の一団と彼、林中書、一握の砂、弓町
            より、文学と政治、硝子窓、時代閉塞の現状、所謂
            今度の事、一利己主義者と友人との対話、歌のいろ
            いろ、明治四十四年日記抄 (筑摩現代文学大系 6).    
          新潮日本文学アルバム、1987,4刷.
          「時代閉塞の現状」、平凡社「世界教養全集」
                            別巻2所収。
   「群像 日本の作家7 石川啄木」、小学館、1991年。
石川 忠久    陰逸と田園、「中国古典詩聚花2」、小学館、1984年。
石川 達三  蒼みん、生きている兵隊、神坂四郎の犯罪、
      骨肉の倫理、三代の矜持、自由詩人(筑摩現代文学大系 48).
      転落の詩集・智慧の青草、新潮文庫、1978年、48刷。
      四十八歳の抵抗・愛の終りの時・赤虫島日誌、筑摩「昭和国民文学全集22」、1974年。
石川 昌彦  メキシコ讃歌、とらべる書房、1974.
石上 玄一郎  黄金分割、筑摩現代文学大系 65.
石坂 洋次郎  青い山脈、新潮文庫、1983年、78刷。
        草を刈る娘、新潮文庫、1961年、4刷。        
        女同士、角川文庫、1962年、20版。            
        若い人、上下、新潮文庫、1961年、40刷。        
        やなぎ座(筑摩現代文学大系 65).
        陽のあたる坂道、若い川の流れ、壁画、海を見に行く、リヤカア
         を曳いて、草を刈る娘、集英社日本文学全集題58巻所収、1966年。
石島  紀之  中国抗日戦争史、青木書店、1985年、第2刷。
石田 英一郎  人類学上から見た人間の疎外、筑摩「現代人間論」所収.
石田 耕治  雲の記憶、『何とも知れない未来に』所収.
石田  梅岩  都鄙問答、付 石田先生語録(抄)、「中公日本の名著18」、
                     1972年。
        石田   波郷  鶴の眼、筑摩現代文学大系 69.
石田 幹之助  「長安の春」、平凡社「世界教養全集」18所収。 
石田   米子  中国人の女性観―秋瑾のこと、「中国文化史」所収。
石飛   仁  中国人強制連行の記録 花岡暴動を中心に、
                       太平出版社、1978年、第6刷。
石野 径一郎  ひめゆりの搭、講談社文庫、1992年、25刷。
石橋  湛山  評論集(松尾編)、岩波文庫、2009年、33刷。
石原 慎太郎  祖国について、筑摩「国家の思想」所収.         
           完全な遊戯、筑摩現代文学大系 65.         
           亀裂、新潮文庫、1964年、5刷。
石原  八束   俳句の作り方 改訂版、明治書院、1978.改定再版.
石原  保徳   インディアスの発見 ラス・カサスを読む、田畑書店、1980. 
         世界史への道 ヨーロッパ的世界史再考、前後編、
                     丸善ライブラリー、1999年。  
         大航海者たちの世紀、評論社、2005年。  
         新しい世界への旅立ち、岩波書店、2006年。
         世界史再考 歴史家ラス・カサスとの対話、2011年。
石原  吉郎   ある「共生」の経験から、筑摩「現代人間論」所収.
石光  真人   ある明治人の記録(抄)、「福島県文学全集 
                            第二期3」所収。
         ある明治人の記録、中公新書、2012年、53版。  
石丸 静雄    ホフマンの愛と生活、「世界の人間像17」、角川書店、1965年。
石牟礼道子   陽の悲しみ、朝日新聞社、1986年。 
          苦海浄土、講談社文庫、2012年、8刷。 
石母田  正   耶麻紀行、「福島県文学全集 第二期2」所収。
石森  延男   グスベリ、他十篇、ほるぷ「日本児童文学大系 23」
              (山本有三・川端康成と)、1977年。
井尻   進   ボロブドゥル、中公文庫、1989年。、
泉   鏡花   婦系図 前・後篇、岩波文庫、1958,13刷.          
           日本橋、夜行巡査、外科室、照葉狂言、高野聖、
            いろ扱い(筑摩現代文学大系2).    
          飯坂ゆき、「福島県文学全集 第二期1」所収。 
           弓取町人、白羽箭、「福島県文学全集 第一期1」所収。
          高野聖、「ちくま文学の森4」所収。              
          龍譚譚、「ちくま文学の森3」所収。
      群像日本の作家5 泉鏡花、小学館、1992年。
泉   靖一   インカ帝国、岩波新書、1976,20刷.
和泉式部日記   藤岡忠美校注・訳、小学館日本古典文学全集 18、1987,19版.    
         和泉式部集、野村精一校注、「新潮日本古典集成」、1981年。
石牟礼 道子   陽のかなしみ、朝日新聞社、1986.           
           妣たちの国、講談社文芸文庫、2004年。
           苦海浄土 わが水俣病、講談社文庫、2012年、8刷。           
石母田  正   族長法と王法、筑摩「国家の思想」所収.
井尻   進   ボロブドゥル、中公文庫、1989.
伊勢物語     大津有一編著、福音館書店、1963年、8刷。
         俵万智現代語訳、「少年少女日本文学館2」所収。
磯見  辰典   (編)彷徨 西洋中世世界、南窓社、1996年。 
                 (共著者の一人北田よ志子氏よりの寄贈)
磯村  英樹   冬来る、「福島県文学全集 第二期6」所収。
磯山   雅   J・S・バッハ、講談社現代新書、1993,5刷.
板垣 家子夫  歌集 礫底、白玉書房、1966年。
板倉 加奈子  原智恵子の思い出、春秋社、2005年。
伊丹  万作  カタカナ随筆 抄、「ちくま文学の森14」所収。
市川 染五郎  ひとり言、文化出版局、1972年。
市川  桃子  (斉藤茂共著)詠史と詠物、「中国古典詩聚花3」、
                      小学館、1984年。
一ノ瀬  綾  幻の碧き湖 古澤真喜の生涯、筑摩書房、1998年、第2刷。
出    隆  哲学を殺すもの、筑摩「哲学思想」所収.
五木 寛之  運命の足音、幻冬舎文庫、2003年。
一休  宗純  狂雲集、「岩波日本思想大系16」所収、1972年。
一    茶 →小林一茶 
一色 悦子  子どもを抱く坂上田村麻呂(絵・岩谷徹)、歴史春秋社、2014年。
井筒  俊彦  イスラーム文化ーその根柢にあるもの、岩波文庫、
                      1999年、第17刷。
井出  孫六  終わりなき旅 「中国残留孤児」の歴史と現在、
                  岩波書店、1986年、第8刷。
         中国残留邦人ーー置き去られた六十余年、岩波新書、2008年。
伊藤左千夫  野菊の墓(他 紅黄録・奈々子・去年)、旺文社文庫、1980年、重版。
         隣の嫁、「ちくま文学の森1」所収。 
伊東 静雄  詩集(杉本秀太郎編)、岩波文庫、1989年。
         全集(桑原武夫・小高根二郎・富士正晴編集)、人文書院、
              再販、1968年。
伊藤 純/真  宋姉妹、角川文庫、2001年、13版。              
伊東俊太郎  (編集者代表)地中海小事典、エッソ石油株式会社広報部、1986年。
伊藤 真愚  東洋医学 心と体の健康百科、佼成出版社、1991年、2刷。
伊藤  整  風、「講談社少年少女日本文学館19」所収。
        詩集、新潮文庫、1980年、28刷。
        若い詩人の肖像、新潮文庫、1971年、18刷。
        氾濫、新潮文庫、1967年、9刷。
        同行者、新潮社、1970年、5刷。
伊藤 武雄  満鉄に生きて、中国新書7、勁草書房、1964年。
         (岡崎嘉平太・松本重治との鼎談)われらの生涯のなか
          の中国、みすず書房、1983年。
伊藤  律  伊藤律回顧録 北京幽閉二十七年、文藝春秋、1993年。
伊藤 マリ子  帰らない日へ、講談社文庫、1985.
板倉   進  (西沢龍生編)パリ特電、「奇妙な戦争」の記録、論創社、                      1987.※2冊あり。西澤龍生の項にも登録。
板谷  英紀  銀河鉄道をめざして 宮沢賢治の旅、ちくま少年文庫、1985年.
五木  寛之  風に吹かれて、新潮文庫、1972.          
        地図のない旅、集英社文庫、1978          
        スペインの墓標、文春文庫、1978.          
        ソフィアの秋、講談社文庫、1974,12刷.          
        新潮現代文学大系 72、1978.(戒厳令の夜、黄金時代).
        筑摩現代文学大系 92、1976. 〈さらばモスクワ愚連隊、
          蒼ざめた馬を見よ、ソフィアの秋、こがね虫たちの夜、
          鳩を撃つ、風に吹かれて(抄)〉
        白夜の終り、『奇妙な味の小説』所収.          
        生きるヒント、角川文庫、1994,8刷.
井筒 俊彦  イスラーム哲学の原像、岩波新書、1980.        
       イスラーム思想史、岩波書店、1975.
井出  孫六  朝河桜、「福島県文学全集 第二期5」所収。  
          非英雄伝、「福島県文学全集 第一期5」所収。
伊藤 左千夫  野菊の墓(紅黄録、奈々子、去年)、旺文社文庫、%

※以下に欠落部分があるが、現在のところ探索不可能なので、気の付いたものだけを補充していく。つまり「いと…」から「いん」までの欠落をすこしずつ修復していくしかない。とうぜん井上ひさしの作品が脱落していた。2010年2月24日記。

稲垣  足穂  山ン本五郎左衛門只今退散仕る、「ちくま文学の森15」所収。
          天体嗜好症、「ちくま文学の森11」所収。
          彼等(they)、河出文庫、1991年。
稲田 裕二   「いのち」の不思議さ、紀伊国屋書店、1992年、2刷。
稲葉 克夫   八戸の安藤昌益、八戸市、2002年。
稲森 道三郎   一座建立 中勘輔助の手紙、六興出版、1987年。
いぬいとみこ  ながいながいペンギンの話、山田三郎絵、理論社、
                1969年、11刷。(大貴に、2015.12.24.)
井上 純一  中国嫁日記①、エンターブレイン、2011年、2刷。
            ②          2012年。
井上 直幸 ピアノ奏法②、春秋社DVDブック、2005年。
井上 ひさし 〇青葉繁れる、文春文庫、1975年、5刷。
        四十一番目の少年、文春文庫、1975年、5刷。
        イサムよりよろしく、文春文庫、1976年。
        合牢者、文春文庫、1977年。(以上4冊合本)
       〇ドン松五郎の生活、新潮文庫、1978年。
       〇ブラウン監獄の四季、講談社文庫、1979年。
        他人の血、講談社文庫、1986年、5刷。
        喜劇役者たち、講談社文庫、1983年。(以上3冊合本)
       〇ブンとフン、新潮文庫、1975年、11刷。
        浅草鳥越あずま床、新潮文庫、1981年。
        四捨五入殺人事件、新潮文庫、1986年8刷。
        日本亭主図鑑、新潮文庫、1978年、1980年、9刷。(以上4冊合本)
       〇私家本 日本語文法、新潮文庫、1985年、4刷。
        日本語相談、朝日文芸文庫、1997年、3刷。(以上2冊合本)
       〇新釈 遠野物語、新潮文庫、1980年。
        下駄の上の卵、新潮文庫、1982年。
        月なきみそらの天坊一座、新潮文庫、1984年。(以上3冊合本)
       〇吉里吉里人、上中下、新潮文庫、1985年。(3冊合本)
       〇家庭口論、中公文庫、1977年、3版。
        十二人の手紙、中公文庫、1980年。
        悪党と幽霊(エッセイ集7)、中公文庫、1994年。(以上3冊合本)
       〇モッキンポット師の後始末、講談社文庫、1984年。
        モッキンポット師ふたたび、講談社文庫、1986年、6刷。
                        (以上2冊合本)
       〇しみじみ日本・乃木大将、新潮文庫、1988年。
        イーハトーボの劇列車、新潮文庫、1988年。(以上2冊合本) 
       〇犯罪調書、集英社文庫、1984年。
        やあおげんきですか、集英社文庫、1990年、4刷。
        不忠臣蔵、集英社文庫、1991年、3刷。(以上3冊合本)
       〇太宰治に聞く(こまつ座編著)、文春文庫、2002年。
        宮沢賢治に聞く、文春文庫、2002年。
        樋口一葉に聞く(こまつ座編著)、文春文庫、2003年。
                         (以上3冊合本)
       〇ジャックの正体(エッセイ集3)、中公文庫、1982年、再版。
        さまざまな自画像(エッセイ集4)、中公文庫、1984年。
        聖母の道化師(エッセイ集5)、中公文庫、1984年。(以上3冊合本)

       〇死ぬのがこわくなる薬(エッセイ集8)、中央公論社、1993年。
        文学強盗の最後の仕事(エッセイ集9)、中央公論社、1994年。
        餓鬼大将の論理(エッセイ集10)、中央公論社、1994年。(以上3冊
                               合本)
        手鎖心中、文春文庫、
        ジャックの正体、中公文庫、1982年、再版。
        本の枕草紙
        おれたちと大砲、文藝春秋、1975年。
        馬喰八十八伝、朝日新聞社、1986年。
        本の運命、文藝春秋、1997年。
        パロディ志願(エッセイ集1)、中央公論社、1979年。
        風景はなみだにゆすれ(エッセイ集2)、中央公論社、1979年。
        遅れたものが勝ちになる(エッセイ集6)、中央公論社、1989年。 
        もとの黙阿弥、文藝春秋、1983年、第2刷。
        続 家庭口論、中公文庫、1992年、12版。
        巷談辞典、文春文庫、1986ねん、2刷。
        東京セブンローズ、上、文春文庫、2002年。
        一週間、新潮社、2010年。
        ボローニャ紀行、文藝春秋、2008年、4刷。
  (司馬遼太郎対談)国家・宗教・日本人、講談社文庫、2012年、2刷。
  (つかこうへい対談)国ゆたかにして義を忘れ、角川書店、1985年。
       講演とシンポジウム「日本語よどこに行く」(寿岳章子・俵万智など五 
            氏)、岩波書店、1999年、第3刷。
       井上ひさしの世界、仙台文学館、2009年。
       井上ユリ・小森陽一編「米原万里を語る」、かもがわ出版、2009年。
       井上  マス  人生はガタゴト列車に乗って、ちくま文庫、1986年。
井上   靖  あすなろ物語、新潮社小説文庫、1955年。
        あすなろ物語、新潮文庫、1985年、56刷。
        冬の月、集英社文庫、1977年。
        姨捨、新潮文庫、1983年、25刷。
        額田女王、新潮文庫、1983年、28刷。
        風林火山・戦国無頼・他、河出「国民の文学20」、1967年。
        蒼き狼・あした来る人、筑摩「昭和国民文学全集26」、1973年。
猪瀬  直樹  天皇の影法師、新潮文庫、1988年、6刷。
伊波  園子  ひめゆりの沖縄戦、岩波ジュニア新書、2004年、25刷。
井原  西鶴  好色五人女(東明雅校註)、岩波文庫、1982年、25刷。
茨木   晃  三訂版 スペイン史概説、アポロン社、1978年。
茨木 のり子  (訳編)韓国現代詩選、花神社、1990年。
井伏  鱒二  黒い雨、新潮文庫、1986年、37刷。※英訳本あり。
         荻窪風土記、新潮文庫、1987年。
色川  大吉  ある昭和史 自分史の試み、中公文庫、1982年、4版。
          ユーラシア大陸思索行、中公文庫、1976年。
          わだつみの友へ、岩波同時代ライブラリー、1993年。
          東北の再発見、河出書房新社、2012年。
岩合  光昭  ねこ、クレヴィス、2010年、3刷。
岩崎奈緒子   【歴史】とアイヌ、講談社『日本の歴史』25所収。
岩田  豊雄  東は東、「ちくま文学の森14」所収。
岩波講座 文学 4 国民の文学① 近代編1、1954年。
           5         ② 近代編2、1954年。
           6         ③ 古典編、1954年。
岩波文庫編集部編 読書のすすめ 第10集、2005年。
                第11集、2006年。
岩本  由輝  歴史としての相馬、刀水書房、2000年。
         念仏衆の流れを訪ねる―相馬の浄土真宗考―
         「浄土真宗 みちのく念仏」64、65号、平成23年12月、同24年4月 
         東北学院大学経済学論集 岩本由輝教授退任記念号、2011年。
      (編)歴史としての東日本大震災、刀水書房、2013年。
         柳田國男とザシキワラシ、「アナホリッシュ国文学」第2号、
響文社、2013年。

日本の作家 あ行の「う」

上杉   聡   天皇制と部落差別、三一新書、1990.
植田  重雄   ヨーロッパ歳時記、岩波新書、1984,3刷.
植田  寿蔵   滑稽、機智、機鋒および洒脱の「間」と「答」、筑摩「哲学思想」.
植田  満文   ことわざ辞典、成美堂出版、2006年。
上田  秋成   雨月物語、癇癖談 浅野三平校注 新潮日本古典 集成、1979.  
         春雨物語・書初機嫌梅、美山靖校注、「新潮日本
                        古典集成」、1980年。
         夢応の鯉魚(石川淳訳)、「ちくま文学の森4」所収。
上田  和夫   ユダヤ人、講談社現代新書、1987,4刷.
上田 トシコ   祖国はなれて(ハルピン)、『ボクの満州』所収。
上田  正昭   斐伊川、『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
         帰化人 古代国家の成立をmぐって、中公新書、1989年、35版。
上田   信   海と帝国 明清時代、「中国の歴史09」、講談社、2005年。
上田 三四二   現代秀歌Ⅰ 斉藤茂吉、筑摩書房、1981年。
上野 さち子   女性俳句の世界、岩波新書、1989.
上野 千鶴子(他) 男流文学論、筑摩書房、1992,4刷.
上野  英信   廃紘譜、筑摩書房、1978.           
         遠賀川、『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
         スカブラの話、「ちくま文学の森9」所収。
上野  清士   ラス・カサスへの道、新泉社、2008年。(川崎剛氏寄贈)
上野  洋三   芭蕉、旅へ;岩波新書、1989.
上原  専禄   増補改訂版 世界史における現代のアジア、
                       末来社、1968年、6刷。
上原  善広   被差別の食卓、新潮新書、2005年、4刷。
植村  直己   北極圏一万二千キロ、文春文庫、1979.
牛島  信明   反=ドン・キホーテ論、弘文堂、1989年。 
           スペイン古典文学史、名古屋大学出版会、1997年。
           ドン・キホーテの旅、中公新書、2002年。2冊有り。
           『ドン・キホーテ』書物の書、『古典の扉 第一集』
所収、中公クラシックス、2005年。
宇治拾遺物語   中島悦次校注、角川文庫、1975,16版.    
         小林智昭校注、小学館日本古典文学全集28、1987,16版.   
         川端義明現代語訳、岩波少年文庫、1995年。
臼井  勝美   満州事変 戦争と外交と、中公新書、1974年。   
         日中戦争 和平か戦線拡大か、中公新書、1977年、15版。
臼井  吉見   人間の確かめ、文藝春秋、1977年、第4刷。
         日本語と酒と、「ちくま文学の森14」所収。
内田 清之助  「鳥の名前」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
内田   百間   ノラや、中公文庫、1987,6版.        
         クルやお前か、旺文社文庫、1983.        
         冥土・旅順入城式、旺文社文庫、1986.重版.  
         東北本線阿房列車(抄)、「福島県文学全集第二期2」所収。 
         東京日記 抄、「ちくま文学の森4」所収。        
         豹/鯉、「ちくま文学の森12」所収。
内田  道夫   (解説)北京風俗図譜1,2、東洋文庫23,30、平凡社、1964年。
内田  康夫   遠野殺人事件、中公文庫、1995年。
            記憶の中の殺人、講談社文庫、1998年。
内田  芳明   風景の現象学 ヨーロッパの旅から、中公新書、1985年.
内田  義彦   日本資本主義の思想像、岩波書店、1968,2刷.   
         作品としての社会科学、岩波書店、1981 4刷.   
         学問への散策、岩波書店、1976,4刷.
内田  魯庵  「煙本」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
内村  鑑三  後世への最大遺物・デンマルク国の話、岩波文庫、1983年、第40刷  
          勿来関を訪ふの記、「福島県文学全集 第二期1」所収。 
          余はいかにしてキリスト教徒となりしか、求安録、
            地人論、小篇、「中公日本の名著38」、1971年。
         「後世への最大遺物」、平凡社「世界教養全集」9所収。
内山 完造  中国人の生活風景 内山完造漫語、東方書店、1979年。
内村 剛介   流亡と自存、北洋社、1974,3刷.
宇都宮 貞子  秋の草木、新潮文庫、1984.
宇野 浩二   思ふ川、子を貸し屋、枯野の夢、子の来歴、
               夢の通い路(筑摩現代文学大系29).
         屋根裏の法学士、「ちくま文学の森9」所収。
         揺籃の唄の思ひ出、他14編、ほるぷ「日本児童文学大系9」所収。
宇野 重吉   新劇 愉し哀し、理論社、1969.     
        旅廻り宇野重吉一座、岩波書店、1988.
宇野 千代  女の日記、講談社文芸文庫、1991.   
        或る一人の女の話/刺す、講談社文芸文庫、1989年。 
        色ざんげ、おはん(筑摩現代文学大系41).   
        雨の音、講談社文藝文庫、1997年、第六刷。       
        生きて行く私、角川文庫、1996年。      
        生きていく願望、集英社文庫、1996年、5刷。 
宇野 信夫   ふたりの姉、「海」1981,12月号.
宇野 美恵子   教育の復権、国際書院、1991.
梅棹 忠夫  (編)私の知的生産の技術、岩波新書、1988.     
         知的生産の技術、岩波新書、1972,16刷.      
         文明の生態史観、中公文庫、1974.     
        (他)続 わたしの知的生産の技術、講談社、1979.
梅崎  春生   桜島、日の果て、輪唱、空の下、Sの背中、紫陽花
                         (筑摩現代文学大系51).
         ヒョウタン、クマゼミとタマゴ、「講談社少年少女日本
                             文学館19」所収。
         ボロ家の春秋、「ちくま文学の森 別巻」所収。
梅津 尚志、他編  ヨーロッパ文化史 中世への招待、南窓社、1989,2刷.
梅原  猛   日本学の哲学的反省、講談社学術文庫、1976. 
        湖の伝説 画家三橋節子の愛と死、新潮社、1977,6刷. 
        闇のパトス、著作集1、1983年。
        仏像・羅漢、著作集2、1982年、第6刷。
        美と宗教の発見、著作集3
        地獄の思想、著作集4
        仏教の思想Ⅰ、著作集5
             Ⅱ、   6
        哲学の復興、著作集7、1983年。
        神々の流竄、著作集8、集英社、1981年第6刷。
        搭、著作集9、1982年。
        隠された十字架、著作集10
        水底の歌、著作集11
        さまよえる歌集、著作集12、1982年。
        万葉を考える、著作集13
        歌の復籍、梅原猛著作集14、1982年。
        飛鳥とは何か、著作集15
        日常の思想、著作集17、1982年。
        精神の発見、著作集18、1983年。
        美と倫理の矛盾、著作集19、1983年。
        日本学事始、著作集20     
        日本の深層 縄文・蝦夷文化を探る、写真井上
                     隆雄、佼成出版社、1983年。
        自然と人生 思うままに、文藝春秋、1995年。
        日本人の魂 あの世を観る、光文社、1992年、2刷。
梅原 龍三郎   富士山、『日本随筆紀行』所収.
浦野  興治    おどける父、青弓社、1989年. 
海野 福寿  韓国併合、岩波新書、1995年。
海野 十三  浮かぶ飛行島、ほるぷ「日本児童文学大系29」所収。
海野 泰男   ミラノの雷、文藝春秋企画出版部、2010年。
         文豪と京の「庭」「桜」、集英社新書、2015年。

日本の作家 あ行の「え」

永   六輔   大往生、岩波新書、1994年、第21刷。
江上 波夫     騎馬民族国家 日本古代史へのアプローチ、
                           中公文庫、1975,27刷.
江川  紹子   「オウム真理教」追跡2200日、文芸春秋社、1995年。 
           冤罪の構図、現代教養文庫、社会思想社、1994年。
江口   渙   「漱石山房夜話」、平凡社「世界教養全集」別巻1 所収。
         つる、『川をわたる歌声』所収。
江口 圭一  日本帝国主義論、青木書店、1975年。
        日中アヘン戦争、岩波新書、1988年。
江崎  富雄   『思い出 熱河戦記』、1984年。
江渡  狄嶺  選集、上下、家の光協会、1980年、第2版。
江藤   淳   小林秀雄、講談社、1966,7刷.       
          漱石とその時代 第一部、新潮選書、1975,14刷.     
                     第二部、 1975,13刷.  
          アメリカと私、講談社文庫、1974,3刷.   
          夏目漱石、角川文庫、1970,4版.
衛藤  利夫    韃靼、中公文庫、1992年。
衛藤  瀋吉   『中江丑吉書簡集』、「中江丑吉の人間像」所収。
江戸川 乱歩   化人幻戯、角川ホラー文庫、1998年、8版。
          押絵と旅する男、「ちくま文学の森6」所収。
          人間椅子、「ちくま文学の森4」所収。
          二銭銅貨、「ちくま文学の森14」所収。
          黄金豹、ほるぷ「日本児童文学大系29」所収。
江成 常夫    シャオハイの満州、集英社、1984年。
江原  昭善    人間性の起源と進化、NHKブックス、1990,5.
潁原  退蔵    芭蕉俳句新講 上、岩波書店、1978,6刷.   
                     下、 1978,6刷
NHK取材班    「ヒトラー」に派遣されたスパイ、日本の選択9、
                           角川文庫、1995年。
NHK「新シルクロード」プロジェクト編著 
            1 楼蘭 トルファン,2005年。
            2 草原の道 タクラマカン、2005年。  
            3 天山南路 敦煌、2005年。    
            4 青海 カラホト、2005年。    
            5 カシュガル 西安、2005年。
援助修道会   1981年。
円地 文子   食卓のない家、新潮文庫、1985,5刷.           
          花散里、ひもじい月日、黒い紫陽花、男のほね、妖、
            二世の縁、拾遺、耳おうらく、東京の土、冬紅葉、
                        老桜(筑摩現代文学大系40). 
          噴水(抄)、「少年少女日本文学館17」所収。
          迷子、「海」1979,7月号.        
          女親戦争、「海」1980,7月号.
遠藤 周作   深い河、講談社、1993,8刷.      
         沈黙、新潮社、1967,17刷.        
         死海のほとり、新潮社、1973.       
         イエスの生涯、新潮社、1973.        
         留学、新潮文庫、1969,2刷.       
         文学と芸術、講談社、1977.         
         宗教と文学、講談社、1977.        
         月光のドミナ、新潮文庫、1973,3刷.       
         私のイエス、祥伝社、1976.        
         対談集 日本人はキリスト教を信じられるか   
         侍、新潮文庫、1986.        
         おバカさん、角川文庫、1963年、3版。  
         その前日、童話、私のもの、札の辻、四十歳の男、
           帰郷、ルーアンの夏、留学生(筑摩現代文学大系61). 
         小説家の海外旅行、「海」1979,7月号.
         聖書の中の女性たち、角川書店、4版、1962年。
         鉄の首枷、中央公論社、1977年、3版。
         白い人・黄色い人、新潮文庫、1985年、11刷。
         海と毒薬、新潮文庫、2002年、88刷。
         真昼の悪魔、新潮文庫、1996年、26刷。
         古今百馬鹿、角川文庫、1976年、17版。
「群像 日本の作家22 遠藤周作」、小学館、1994年、第2刷。
遠藤  順子 再会 夫の宿題 それから、PHP研究所、2000年。
遠藤登志子  雪の夜ばなし 福島の民話、ふるさと企画、1985年。
遠藤 満雄  戦後生まれの正義感、情報センター出版局、1982年。

日本の作家 あ行の「お」

王   樞之   孫文傳、改造社、1931年。
小江  康雄   琵琶湖水底の謎、現代新書、1975.
大石  邦子   回想のわが青春よ!、母校へ行く、自負、屈辱、
              鬼の邦子、埋もれ火、夕日、かえりこよ、
                    「福島文学全集 第二期3」所収。      
          瀬戸蔵の小さな窓に、蕎麦の花、「福島県文学全集 
                          第二期5」所収。
大石  真   チョコレート戦争、理論社フォア文庫、1980年、第」5刷。
大石  芳野   ベトナムは いま、十年後のベトナム戦争、講談社文庫、1985.
大泉  光一   国際テロの標的、講談社、1986.
笈川  博一   コロンブスは何を「発見」したか、講談社現代新書、1992.
大井 義典  詩集 無の勝利、1972年。         
       詩集 線、1977年。        
大内 一(染田・立石共著)  もう一つのスペイン史、同朋舎出版、1994.
大内  兵衛   日本社会党と農地改革 筑摩「戦後思想の出発」所収.
          エンゲルスの「小見本」、「中江丑吉の人間像」所収。
大江 健三郎   現代の文学43 大江権三郎集、河出書房新社、1964. 
             (収録作品・われらの時代、芽むしり仔撃ち、
             奇妙な仕事、死者の奢り、他人の足、飼育、
             人間の手、見るまえに跳べ、戦いの今日、ここより
             他の場所、共同生活、後退青年研究所、解説奥野健男)
        性的人間、新潮社、1968,11刷. 
        われらの時代、新潮文庫、1970,13刷.        
        同時代としての戦後、講談社、1973,2刷.  
        壊れものとしての人間 活字のむこうの暗闇、講談社文庫、1973,6刷.
        みずから我が涙をぬぐいたまう日、講談社文庫、1974. 
        厳粛な綱渡り、上下、文春文庫、1975. 
        ピンチランナー調書、新潮社、1976.         
        小説の方法、岩波現代選書、1978年。   
        「雨の木」を聴く女たち、新潮社、1982,2刷
        沖縄ノート、岩波新書、1983,15刷.   
        (選)何とも知れない未来に、集英社文庫、1983.           
        新しい人よ眼ざめよ、講談社、1983,2刷. 
        日本現代のユマニスト 渡辺一夫を読む、岩波書店、1984.
        同時代ゲーム、新潮文庫、1984. 
        いかに木を殺すか、文芸春秋社、1985,2刷.         
        河馬に噛まれる、文芸春秋社、1985.    
        懐かしい年への手紙、講談社、1987.
        新しい文学のために、岩波新書、1988. 
        キルプの軍団、岩波同時代ライブラリー、1990.  
        死者の奢り・飼育、新潮文庫、1991,49刷.         
        小説のたくらみ、知の楽しみ、新潮文庫、1992,3刷. 
        「最後の小説」、講談社、1994,3刷.         
        治療塔、岩波書店、1994,4刷.         
        静かな生活、講談社、1994,5刷.         
        ヒロシマの「生命の木」、日本放送出版協会、1994,3刷. 
        現代の文学 28 大江権三郎、講談社、講談社、
             (収録作品・不意の唖、人間の羊、後退青年
              研究所、不満足、セヴンティーン、空の怪物
              アグイー、万延元年のフットボール、狩猟で暮らし
              たわれらの先祖、巻末作家論長田弘)
        芽むしり仔撃ち、筑摩現代文学大系61.         
        新年の挨拶、岩波書店、1993年。         
        人生の親戚、新潮社、1994,20刷.  
        鯨の死滅する日、講談社文芸文庫、1994,2刷.   
        個人的な体験、新潮文庫、1994,21刷.         
        僕が本当に若かった頃、講談社、1994年、第2刷。  
        あいまいな日本の私、岩波新書、1995年。         
        小説の経験、朝日新聞社、1994年、2刷。         
        恢復する家族、講談社、1995年、3         
        日本の「私」からの手紙、岩波新書、1996年。  
        万延元年のフットボール、講談社文芸文庫、1995年、第12刷。
        ゆるやかな絆、講談社、1996年。         
        燃えあがる緑の木 第1部、「救い主」が殴られるまで 、
                    新潮社、1994,2刷.(もう一冊ある)
                  第2部、揺れ動く〈ヴァシレーション〉
                    新潮社、1994,2刷. 
                  第3部、大いなる日に、新潮社、1995年。
        宙返り、上下、講談社、1999年、第4刷、第1刷。
        取り替え子 チェンジリング、講談社、2000年。
        憂い顔の童子、講談社、2002年。         
        二百年の子供、講談社、2003年。 
        言い難き嘆きもて、講談社文庫、2004年。
        さようなら、私の本よ!(講談社、2005年)
        臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ、新潮社、2009年。
        暴力に逆らって書く 往復書簡、朝日新聞社、2003年。
  晩年様式集、講談社、2013年。
「群像日本の作家23」、大江健三郎、小学館、1994年、第4刷。
       群像特別編集「大江健三郎」、講談社MOOK、1995年。
       世界文学は日本文学たりうるか?、『群像』合本94/95。
       群像 日本の作家23 大江健三郎、1995年、第6刷。
(中文)我在曖昧的日本(王中■・庄焔訳)、南海出版公司、2005年。
       (中文)個人的体験(王中■他訳)、(収録作品.万延元年
            のフットボール、飼育、人間の羊、性的人間、空の
            怪物アグイー)北京燕山出版社、2001年。
      (中文)『広島・沖縄札記』(王新新訳)、河北教育出版社、2002年。
      (中文)『康復的家庭』(鄭民欽訳)、2004年。
      (中文)『被倫換的孩子』(竺家榮訳)南海出版公司、2004年。
      (中文)莫言など『大江健三郎文学研究 2006年論文集』、
                        百花文藝出版社、2008年。
大江  三郎  英語の構造、真砂書房、1966年。
大江 志乃夫  満州歴史紀行、立風書房、1995年。            
          張作霖爆殺 昭和天皇の統帥、中公新書、1989年。
大岡  昇平  無罪、新潮文庫、1982,2刷.          
          俘虜記、野火、花影、朝の歌(筑摩現代文学大系59). 
          野火、新潮文庫、1993年、75刷。   
          青山二郎装「山羊の歌」、『海』1979,7月号.          
          武蔵野夫人、新潮文庫、1970年、30刷。          
          保成峠、磐梯愁色、「福島県文学全集 第二期2」所収。
          大岡昇平・埴谷雄高 二つの同時代史、岩波書店、1984年、
                                 第二刷。
          母六夜、母、焚火、童謡、「講談社少年少女日本文学館19」
                               所収。
    「群像 日本の作家19 大岡昇平」、小学館、1995年、第2刷。
大岡   信  詩への架橋、岩波新書、1983,15刷.         
          熊野川『流域紀行』(朝日新聞社、1973)所収。
          光のくだもの、小学館、1993年、2刷。
          光の受胎、小学館、1995年。
          おとぎ草子、岩波少年文庫、1995年。
          1900年前夜後朝譚 近代文芸の豊かさの秘密、岩波書店、
                            1994年。
          捧げるうた 50篇、花神社、1999年。
大上  正美  思索と詠嘆、「中国古典詩聚花4」、小学館、1985年。
大木  英夫  終末論的考察、中央公論社、1970.         
          現代人のユダヤ人化 現代文明論集、白水社、1976.
大来 佐武郎  (監修)ローマ・クラブ東京シンポジウム
           新しい世界像を求めて、ダイヤモンド社、1974年。
大久保 督子  空っぽの家、沖積舎、1988.         
          梟の棲むベランダ、沖積舎、1992.
大久保 哲郎  ウナムーノの詩と世界、芸林書房、1975.          
           実存・時間・生成、芸林書房、1977.          
           存在の光(竹下双炎と共著)、近代文芸社、1985.
大倉  桃郎   琵琶歌、筑摩「明治文学全集93」所収。
逢坂   剛   スペイン読本、福武文庫、1987.
          ハポン追跡、講談社文庫、1995年。
          カディスの赤い星、1987年、5刷。
大澤  武男  ユダヤ人とドイツ、講談社現代新書、1991.
大塩  中斉  洗心洞箚記、古本大学刮目(抄)、儒門空虚聚語
            附録ほか、佐藤一斉に寄せた手紙と返書、檄文
                   「中公日本の名著27」1978年。
大島   彰  心の月は沈まない、河出書房新社、1995年。
大島  鋸山  鞴(ふいご)遺句集、1995年
大嶋   仁  こころの変遷 日本思想をたどる、増進会出版社、1997年。
 (MJデプラダ共著)ゆらぎとずれの日本文学史、ミネルヴァ書房、2005年。
        ユダヤ人の思考法、ちくま新書、1999年。
        福沢諭吉のすすめ、新潮選書、1998年。
大島  秀子  歌集 花のある径、短歌新聞社、1990年。
大須賀 乙字  乙字俳論集(抄)、「福島県文学全集 第二期1」所収。
大杉  一雄  日中十五年戦争史、中公文庫、1996年。
大杉   栄  自叙伝、日本脱出記(抄)、僕は精神が好きだ、
           新しい女、自我の棄脱、小紳士的感情、労働運動の
           精神、組合帝国主義、無政府主義将軍ほか、
                        「中公日本の名著46」、1969年。
          「遺言」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
        牢屋の歌、「ちくま文学の森13」所収。
太田  尚樹  満州裏史 甘粕正彦と岸信介が背負ったもの、講談社、2005年。
大田  治子  心映えの記、中公文庫、1987年。
太田 光・中沢新一 憲法九条を世界遺産に、集英社新書、2006年。
大田  昌秀  沖縄の心 沖縄戦と私、岩波新書、1988,2刷.
大田  浩史  相馬移民と二宮尊徳、真宗大谷派大福寺住職、2011年。
太田  水穂  冬葉、筑摩現代文学大系68.
大田  洋子  ほたる、『何とも知れない未来に』所収.
大田遼一郎  回想の中江丑吉、風媒社「中江丑吉の人間像」所収。
大高 保二郎  世界美術全集11 ベラスケス、小学館、1978. 
                         新潮美術文庫12、1974.
大滝  清雄  作品 第陸、作品 第質、作品 第捌、作品 第玖、
                      「福島県文学全集 第二期6」所収。
大竹   勝  アメリカ文学史、評論社、1963,6版.
大塚 金之助  「一自由主義者の戦時日記」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
大槻  吉直  相馬藩士 富田高慶伝、興複社、明治三十年。
大手  拓次  藍色のがま、筑摩現代文学大系67.
大谷  貴子  霧の中の生命、リヨン社、1991.
大谷 忠一郎  小石を投げる、空中錯覚、
大塚  公子  死刑囚の最後の瞬間、角川文庫、1997年、8版。
大西  巨人  神聖喜劇、第一巻、ちくま文庫、1991年。
                 第二巻、      、1991年。
                 第三巻、      、1992年。
                 第四巻、       1992年。
                 第五巻、       1992年。
大野   晋  日本語の起源、岩波新書、1965,11刷.
大野  林火  (監修)ハンディ版入門歳時記、角川書店、1987再版.
大庭 みな子  三匹の蟹、講談社、1968,2刷.         
          飛ぶ花、「海」1979,7月号.         
          藤、「海」1980,7月号.
大橋  訥菴  書簡、「岩波日本思想大系47」所収、1972年。
大原  富枝  ソドムの林檎、「海」1979,7月号.
大原  幽學  微味幽玄考、義論集、「日本思想大系52」、中井信彦
                          校注、岩波書店、1973年。
大曲  駒村  東京灰燼記、中公文庫、1981年。
大町  桂月  阿武隈水源の仙境、「福島県文学全集 第二期1」所収。
大村  はま  教師大村はま96歳の仕事、小学館、2003年。
大森 和夫・弘子 (編著)「中国の大学生」発日本語のメッセージ、
                         日本僑報社、2004年。
大宅  壮一  実録・天皇記、角川文庫、1988,17版.         
         (編)日本のいちばん長い日 運命の八月十五日、
                           角川文庫、1988,20版.
         「無思想人」宣言、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
大山  郁夫  戦争責任と天皇の退位、筑摩「国家の思想」所収.
大和  岩雄  日本にあった朝鮮王国 謎の「秦王国」と古代信仰、
                    白水社、1993年、第4刷。
大和田 建樹  鉄道唱歌、「ちくま文学の森13」所収。
岡    潔  講演集、市民大学講座出版局、1978.
岡    麓  雲間草、筑摩現代文学大系68.
岡倉  覚三  茶の本、村岡博訳、岩波文庫、1974,53刷.
岡倉  天心  東洋の目覚め、東洋の理想、日本の目覚め、茶の本、
         応挙・芳崖・雅邦、「中公日本の名著39」、1970年。
岡崎 嘉平太  私の記録 飛雪、春の到るを迎う、東方書店、1979年。
     (伊藤武雄・松本重治との鼎談)われらの生涯のなかの中国、
           みすず書房、1983年。
岡田   啓  島尾敏雄 還相の文学、国文社、1990.
岡田  喜秋  秘話ある山河(抄)、「福島県文学全集 第二期5」所収。
岡田 英樹  文学にみる「満洲国」の位相、研文出版、2000年。
尾形   勇  (鶴間和幸・上田信・葛剣雄・王勇、蠣波護共著)日本
            にとって中国とは何か、講談社「中国の歴史」
                          第12巻、2005年。
岡村  史夫  スプートニクとボク、キツツキの習性について、笑いの
             質について、「福島県文学全集 第二期6」所収。
岡本 一平   清水勲編 漫画漫文集、岩波文庫、1995年。
岡本 かの子  巴里祭、新潮文庫、1964年,14刷.         
          巴里祭、東海道五十三次、老ぎ抄(筑摩現代文学大系41).
         鮨、「ちくま文学の森3」所収。
         生々流転、講談社文芸文庫、1993年。
         老祇抄、「ちくま文学の森9」所収。
         東海道五十三次、「ちくま文学の森13」所収。
岡本 綺堂   利根の渡、「ちくま文学の森」7所収。
        蛇精、「ちくま文学の森12」所収。
岡本 恵徳   「ヤポネシア論」の輪郭 島尾敏雄のまなざし、
                           沖縄タイムス社、1990年。
岡本  潤  神の声、「福島県文学全集 第二期6」所収。
岡本  太郎  母の手紙、千曲出版社、1979.
      (敏子共著)愛する言葉、イースト・プレス、2006年。       
岡本 良雄  アンクル・トムさん、『川をわたる歌声』所収。
尾形 仂   松尾芭蕉、ちくま文庫、1989.        
        歌仙の世界 芭蕉連句の観賞と考察、学術文庫、1989.
岡野   進  天皇と天皇制、筑摩「戦後思想の出発」所収.
岡本 恵徳   「ヤポネシア論」の輪郭 島尾敏雄のまなざし、沖縄タイムス社、1990.
小川  芋銭  福島飯坂滞留中日記、「福島県文学全集 第二期2」所収。
小川 国夫   アポロンの島、審美社、1967. 
         生のさ中に、審美社、1967. 
         海からの光、南北社、1968.  
         新鋭作家叢書 小川国夫集、河出書房新社、1971. 
         一房の葡萄、冬樹社、1972,2刷. 
         悠蔵が残したこと、審美社、1972,3版.  
         或る聖書、筑摩書房、1973,2刷.  
         彼の故郷、講談社、1974.
         漂泊世界、冬樹社、1974,3刷.         
         試みの岸、河出書房新社、1975,再版.
         青銅時代、新潮社、1974,2刷. 
         流域、河出書房新社、1975,再版. 
         舷にて、冬樹社、1977. 
         対談集 彼に尋ねよ、小沢書店、1977. 
         天草灘、潮出版社、1977,2刷.         
         花深き、湯川書房、1977.
         ステンドグラス なだれる虹 燃えるいばら、
平凡社カラー新書、1977年。    
         親和力、小沢書店、1978.         
         葦の言葉、筑摩書房、1978. 
         血と幻、小沢書店、1979.  
         光があった(下村寅太郎と共著)、朝日出版社、1979年。 
         アフリカの死、集英社、1980. 
         想う人、小沢書店、1980. 
         なだれる虹、作品社、1980. 
         新潮現代文学 65 小川国夫(或る聖書・青銅時代
                ・アポロンの島・自選エッセイ)、1980年。   
         サハラの港、小沢書店、1981.  
         若潮の頃、新潮社、2刷、1981年。
         西方の誘惑、朝日出版社、1981.
         (埴谷雄高と共著)夢の中の夢想、朝日出版社、1982年。 
         冬の二人 立原正秋・小川国夫往復書簡、創林社、1982,4刷.
         青の諧調(丹羽正編)、小沢書店、1984年。
         古都アッシジと聖フランシスコ(写真菅井日人)、
講談社、1985年。
         逸民、新潮社、1986.       
         ヴァン・ゴッホ、小沢書店、1986. 
         聖書と終末論、岩波書店、1987.         
         或る過程、河出書房新社、1988.         
         地中海の慰め、小沢書店、1989.         
         遊子随想 陽炎の道、岩波書店、1989年。
         跳躍台、文藝春秋、1990年。
         マグレブ、誘惑として、講談社、1995年。         
         ハシッシ・ギャング、文藝春秋、1998年。 
         あじさしの洲 自選短編集、講談社文芸文庫、2009年、第2刷。
         昼行灯ノート、2008年、私家製。
         止島、講談社、2008年。   
         弱い神、講談社、2010年。
         俺たちが十九の時 初期作品集、新潮社、2012年。
         動員時代ー海へ、岩波書店、2013年。
         生徒会長、「群像」1995年7月号。※私製合本に収録。  
         追悼埴谷雄高 ひたむきな思索、暗示力、「群像」
                  1997年7月号。 ※私製合本に収録。   
         オディル、「群像」1997年十月号。 ※私製合本に収録。  
         星月夜、「群像」1998年1月号。※私製合本に収録。
         「無題」、新発見第回、「アナホリッシュ國分学」、
                      第2号、響文社、2013年。 
     小川国夫全集、小沢書店版(1991~1995年)     
         第一巻   アポロンの島、想う人、ファンタジア     
         第二巻   生のさ中に、海からの光       
         第三巻   悠蔵が残したこと 試みの岸     
         第四巻   或る聖書、アフリカの死      
         第五巻   彼の故郷 青銅時代     
         第六巻   若潮の頃、逸民     
         第七巻   王歌、血と幻、遠つ海の物語     
         第八巻   跳躍台、黙っている、お袋、蛇王     
         第九巻   或る過程、遊子随想     
         第十巻   随想1 文学論Ⅰ     
         第十一巻  随想2 文学論Ⅱ     
         第十二巻  随想3 美術論     
         第十三巻  随想4 紀行     
         第十四巻  随想5 身辺誌
     小川国夫 光と闇、おりじん書房、1974年。
     故郷を見よ 小川國夫 文学の世界、静岡新聞社、2007年。
     大阪芸術大学 河南文藝 追悼ー小川国夫、Vol5,2008年。
     言葉は光、小川邦夫文学碑建立記念、2012年。
小川 恵    銀色の月 小川国夫との日々、岩波書店、2012年。
         指輪の行方、岩波書店、2015年。
小川  圭治   人類の知的遺産48 キルケゴール、講談社、1979.
小川  環樹   (西田太一郎共著)漢文入門、岩波全書、1987年、第31刷。
小川津根子・石川小夜子  国に棄てられるということ 「中国残留婦人」はなぜ
             国を訴えたか、岩波ブックレtット、No.666、2005年。
             祖国よ 「中国残留婦人」の半世紀、岩波新書、1995年。
小川  末明   赤いらふそくと人魚、筑摩現代文学大系64所収.
           野ばら、『川をわたる歌声』所収。
           牛女(高野玲子・絵)、偕成社、2005年、3刷。
           「日本児童文学大系5 小川未明集」、ほるぷ出版、1977年。
小川 洋子  (中文)博士的愛情算式(李建云訳)、人民文学出版社、2005年。
       (中文)妊娠日暦、「中日女作家新作大系」、中国文聯
                           出版公司、2001年。
尾川  正二   原稿の書き方、現代新書、1976.
荻内  勝之   スペイン・ラプソディ、主婦の友社、1989.         
           ドン・キホーテの食卓、新潮選書、1987.
荻原 井泉水   井水句集一、筑摩現代文学大系69.
荻生  徂徠   学則、弁道、弁名(抄)、徂徠集(抄)、答書、
                政談(抄)、「中公日本の名著16」、1974年。  
屋島  庄太郎   英詩の味わい方、研究社、初版1957;1988,24版.
奥田 平八郎   文学と愛の神秘、近代文藝社、1993年。
奥野  健男   越境する文芸批評、平凡社、1995年。
小熊  秀雄   (岩田宏編)小熊秀雄詩集、岩波文庫、1983,2刷. 
           哀憐詩集、筑摩現代文学大系67.
           ある手品師の話、童話集、晶文社、1976年。
           小熊秀雄研究(小田切秀雄・木島始編)、創樹社、1980年。
           全集 2(詩集・全童話)、創樹社、1983年第2刷。
           新編全集 3(『飛ぶ橇』、「文壇風刺詩編」)、1991年。
           全集 4(『流民詩集』、評論)1977年
     全集 5(画家論、美術論)、1978年、
奥村  土牛   牛のあゆみ、中公文庫、1988.
奥村  義信   満州娘娘考、満州事情案内所、1915年の、復刻版
                             (第一書房、1982年)

▲大石孝さん、あなたのアドレスが間違っているらしくこちらからのメール何度送っても返ってきます。至急正しいアドレスで連絡してください。(2017,一月四日記)
小倉  和夫   パリの周恩来 中国革命家の西欧体験、中公叢書、1992年。
小倉 金之助   自然科学者の反省、筑摩「戦後思想の出発」所収.
            「黒板は何処から来たのか」、平凡社「世界教養
                           全集」別巻1所収。
小倉  倉一   或る哲人の思い出、「中江丑吉の人間像」所収。
小倉  正宏   光と闇 我らが世紀、三一書房、2000年。
生越   忠   これからの大学、朝日新聞社、1974,2刷.
小此木 啓吾   秘密の心理、講談社現代新書、1989,6刷.         
            モラトリアム人間の時代、中央公論社、1974,2刷.
尾崎  一雄   芳兵衛物語、虫のいろいろ、美しい墓地からの眺め、
                   まぼろしの記(筑摩現代文学大系45). 
         虫のいろいろ、「少年少女日本文学館17」所収。    
         歌集『水枕』 「海」1979,7月号.
         虫のいろいろ、「ちくま文学の森12」所収。
尾崎  喜八   甲斐路の春、『日本随筆紀行10』所収.
尾崎  紅葉   多情多魂、花微笑、病骨録(筑摩現代文学大系45).
尾崎 庄太郎   われ、一粒の麦となりて、桐原書店、2007年。
尾崎  士郎   空想部落、せきれいの巣、河鹿、かがり火、落日、
                        将軍(筑摩現代文学大系44).
           高杉晋作・石田三成・他、河出「国民の文学8」、1969年。
           人生劇場、筑摩「昭和国民文学全集18」、1974年。
尾崎  秀樹   魯迅との対話、南北社、1962年。           
         上海1930年、岩波新書、1989年。
         夢いまだ成らず 評伝 山中峯太郎、中央公論社、1983年。
尾崎  文昭   (編)「規範」からの離脱 中国同時代作家たちの
                        探索、山川出版社、2006年。
尾崎  秀実   愛情はふる星のごとく、光文社カッパ・ブックス、1960年。
         現代支那論、岩波新書(特装版)、1982年。
         現代支那論、中国新書8、勁草書房、1964年。
尾崎   翠    ちくま日本文学全集20、1992. 
         初恋、「ちくま文学の森1」所収。  
長田   新   (編)わたしがちいさかったときに(岩崎ちひろ画)
                         童心社、1970年、12版。
          (編)原爆の子、上下、岩波文庫、1998、2007年。
長田  武正   野草図鑑⑥おきなぐさの巻、保育社、1984年。
長田   弘    長田弘詩集、思潮社、1968.                 
         アウシュビッツへの旅、中公新書.         
         ねこに未来はない、角川文庫、1982,13版.         
         木造校舎、福島、吾妻山、「福島県文学全集第二期5」所収。           無言          歌、愛について、われら新鮮な旅人、
             わが詩法、「福島県文学全集 第二期6」所収。
小山内 薫   息子、筑摩現代文学大系64所収.
長部 日出雄   天皇はどこから来たか、新潮社、1996年、2刷。
大佛  次郎   敗戦日記、草思社、1995年、3刷。
         鞍馬天狗 1角兵衛獅子、小学館文庫、2000年。
              2地獄の門・宗十郎頭巾、2000年。
              3新東京絵図、2000年。
              4雁の便り、2000年。
              5地獄太平記、2000年。
                   ※ 5巻ともよっちゃんに進呈(2016年5月5日)
         新潮日本文学25(乞食大将、帰郷、霧笛、ドレフェス事件、
                 詩人、地霊)、1981年、7刷。
         新潮日本文学アルバム、1995年。 
         赤穂浪士、河出「国民の文学5」、1967年。   
         ごろつき船、筑摩「昭和国民文学全集2」、1973年。 
        「少年小説大系 第4巻 大佛次郎集」、三一書房、1986年。
小澤   勲   認知症とは何か、岩波新書、2005年。
押田  成人   地下水の思想、新潮社、1986.
尾島 菊子  初奉公、他3編、ほるぷ「日本児童文学大系6」所収。
尾島 庄太郎  英詩の味わい方、研究社、1957年。
小田  玉瑛   インド曼荼羅、蓮河舎、1990.
小田   実   何でも見てやろう、河出書房新社、1962年、5版。
          人間について、筑摩現代日本思想大系16 「現代人間論」所収.
          私と天皇・人びとの中の天皇、ちくま文庫、1988.
          (安岡章太郎と対談)大逃走論、毎日新聞社、1969年。
小田  勝造   人間の灰、『何とも知れない未来に』所収.
織田 作之助    夫婦善哉、木の都、螢、六白金星、アド・バルーン、
                  世相、競馬(筑摩現代文学大系44).
         ニコ狆先生、「ちくま文学の森5」所収。
小高根二郎  詩人 伊東静雄、新潮選書、1971年。
小高町     大悲山大蛇物語、西崎正絵、1997(平成9)年再版。
越智  道雄   ワスプ(WASP)、中公新書、2000、5版。
越智 保夫   好色と花、筑摩書店、1970.
落合 一泰  (稲村哲也共著)マヤ文明・インカ文明の謎、光文社、1988.
落窪物語   稲賀敬二校注、「新潮日本古典集成」、1977年。
小都 晶子  日本人移民政策と「満州国」政府の制度的対応
           ―ー拓政司、開拓総局を中心に―ー、『アジア経済』
                         XLVII-4(2006.4)抜き刷り
御伽草子     松本隆信校注、「新潮日本古典集成」、1980年。
小野 和子  中国女性史 太平天国から現代まで、平凡社選書、1978年。
小野賢二・藤原彰・本多勝一編  南京大虐殺を記録した皇軍兵士
                     たち、大月書店、2004年、第3刷。
尾上 柴舟   銀鈴、筑摩現代文学大系68.
小野寺 功    大地の哲学 場所的論理とキリスト教、三一書房、1983.
小野寺公二  南部一揆の旗、集英社文庫、1995年。
小野山博子  原爆記 それは第二の誕生日だった、女人随筆社、2003年、4版。
帯広小学校同窓会  花の帯広小学校、1982年。
おもろそうし 外間守善・西郷信綱校注、岩波日本思想大系18、1972年。
親泊 朝省  草奔の文、筑摩「戦後思想の出発」所収.
尾山 篤二郎   明る妙、筑摩現代文学大系68.
折口 信夫  海やまのあひだ、死者の書、零時日記、山の音を
           聴きながら、姥の話、雪の記憶、恋の消息、日本
            の道路、留守ごと(中公「日本の文学」26所収)
       「世々の歌びと」、平凡社「世界教養全集」14所収。
折原  治  危機における人間と学問、未来社、1972,4刷.         
       人間の復権を求めて、中央公論社、1971.
折本 立身  介護もアート、KTC中央出版、2003年。

About あ行

ブログ「貞房文庫」のカテゴリ「あ行」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはか行です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。