日本の作家 ま行の「み」

三浦  綾子   愛すること信ずること、現代新書、1992年、第44刷。
積木の箱、朝日新聞社、1968年、5刷。
道ありき、新潮文庫、1988年、25刷。
氷点、1980年、改装35刷。
続 氷点、小説選集②、主婦の友社、1991年。
細川ガラシャ夫人、上下、新潮文庫、2004年、42刷。
塩狩峠、新潮文庫、2008年、82刷・
三浦  國雄   王安石、中国の人と思想⑦、集英社、1985年。
三浦  朱門   セミラミスの国(筑摩現代文学大系 66)
三浦 つとむ   個人意志・階級意志・国家意志の区別と連関
筑摩「国家の思想」
三浦  哲郎   初夜(筑摩現代文学大系 66)
ユタとふしぎな仲間たち、新潮文庫、1984年。
モーツァルト荘、新潮文庫、1990年。
裏磐梯の旅、「福島県文学全集 第二期3」所収。
三浦  梅園   玄語〈抄)、贅語(抄)、造物餘譚、
「中公日本の名著20」、1972年。
三木   清   全集 1.パスカルにおける人間の研究 他、
岩波書店、1967年。
2.史的観念論の諸問題 他。
3.唯物史観研究。
4.知識哲学、弁証法、現代思潮 他。
5.哲学諸論稿、人間主義 他。
6.歴史哲学、社会科学概論。
7.哲学入門、技術哲学 他。
8.構想力の論理。
9.アリストテレス、ソクラテス 他。
10.哲学評論、哲学ノート 他。
11.文学論稿、現代階級闘争の文学 他。
12.文学評論、レトリックの精神 他。
13.評論  、宗教・教養と文化1。
14.評論  、教養と文化2。
15.評論  、社会・時局。
16.時代と道徳、現代の記録 他。
17.歴史的研究、小篇 他。
18.語られざる哲学、手記、哲学的人間学 他。
19.遺稿、日記、書簡 他。
「動物精気」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
哲学と人生、講談社文庫、1971年、4刷。
哲学ノート、新潮文庫、1967年、12刷。
パスカルにおける人間の研究、岩波書店、1965年、16刷。
読書と人生、新潮文庫、1978年、6刷。
「人生論ノート」、平凡社「世界教養全集」3所収。
三木   卓   ほろびた国の旅、盛光社、1973年。
われらアジアの子、文藝春秋、1973年。
三国  一郎(きき手)  証言私の昭和史⑤終戦前後、旺文社文庫、1985年重版。
⑥混乱から成長へ、文春文庫、1989年。
三国  一郎・井田麟太郎編 昭和史探訪2日中戦争、角川文庫、1985年。
三島  霜川   ひとつ岩、『福島県文学全集 第一期1」所収。
三島 由紀夫    文化防衛論 筑摩「国家の思想」所収
春の雪 豊饒の海(一) 新潮文庫 1984年 15刷
豊饒の海(二) 新潮文庫 1984年
暁の寺 豊饒の海(三) 新潮文庫 1984年 11刷
天人五衰 豊饒の海(四)新潮文庫 1983年 9刷
禁色、新潮文庫、1990年、51刷。
新潮日本文学アルバム、1984年、3刷。
沈める滝、新潮文庫、1963年。
獣の戯れ、新潮文庫、1970年、9刷。
花ざかりの森・憂国、新潮文庫、1969年、2刷。
夏子の冒険、角川文庫、1978年、34版。
ラディゲの死、新潮文庫、1980年。
小説家の休暇、新潮文庫、1982年。
文章読本、中公文庫、1995年、改版。
仮面の告白、金閣寺、獅子、遠乗会、真夏の死、志賀寺
上人の恋、海と夕焼、橋づくし、女方、近代能楽集
(抄)、鹿鳴館(筑摩大系 58)
音楽、新潮文庫、1995年、63刷
命売ります、新潮文庫、1998年、第4刷。
潮騒、新潮文庫、1985年、83刷。
青の時代、新潮文庫、1990年、56刷。
中世における一殺人常習者の…、「ちくま文学の森8」所収。
(中文)『芸術断想』(唐月梅訳)、河北教育出版社、2002年。
「群像 日本の作家18 三島由紀夫」、小学館、1990年。
水木  しげる  妖怪画談、岩波新書、1992年、第5刷。
不思議旅行、中公文庫、1986年、4版。
幻想世界への旅 妖怪まんが集 3 、ちくま文庫、
1989年、第3刷。
愛蔵版ゲゲゲの鬼太郎、第一巻、中央公論社、1988年。、
娘に語るお父さんの戦記、河出文庫、2005年、新装第三刷。
水谷  尚子   「反日」以前 中国対日工作者たちの回想、文藝春秋、 2006年。
水野  仙子   お三輪、沈みゆく日、「福島県文学全集第一期2」所収。
水野  直樹   創氏改名ーー日本の朝鮮支配の中で、岩波新書、2008年。
水之江 有一   シンボル事典、北星堂、1986年。
水原 秋桜子   葛飾(筑摩現代文学大系 69)
溝口  雄三  (伊東貴之・村田雄二郎と共著)中国という視座、平凡社、1995年。        (他編) 中国思想文化事典、東京大学出版会、2001年、2刷。
李卓吾、中国の人と思想⑩、集英社、1985年。
見田  宗介   宮沢賢治 存在の祭りの中へ、岩波書店、1991年。
三田  幸夫   越後銀山平より会津の山旅、「福島県文学全集第二期1」 所収。
三谷  晃一   夜の訪問者、ほそい雨の糸は、東京急行便、
東京にいくと、「福島県文学全集 第二期6」所収。
三谷  隆正   幸福論、岩波文庫、1992年。
三谷 知代子   歌集 鷺草、1971年。
三田村 鳶魚   佐々木味津三の「旗本退屈男」、「ちくま文学の森14」所収。
三田村 泰助   宦官 側近政治の構造、中公新書、1983年、54版。
光岡  良二   北条民雄、沖積社、1981年。
三留  理男   満州棄民、東京書籍、1988年。
南方  熊楠   随筆集、筑摩叢書118、1988年、初版第17刷。
新文芸読本 南方熊楠、河出書房新社、1993年。
水上 滝太郎   ベルファストの一日(筑摩現代文学大系 64)
水上   勉   はなれ瞽女おりん、新潮文庫、1988年13刷。
醍醐の櫻、新潮文庫、1997年。
金閣寺炎上、新潮文庫、1986年。
うつぼの筐舟、角川文庫、1980年、14版。
棺の花・那智滝情死考、角川文庫、1980年、15版。
白蛇抄、集英社文庫、1983年。
飢餓海峡、新潮文庫、1978年、21刷。
霧と影、新潮文庫、1971年、7刷。
死の流域、角川文庫、1980年、2版。
耳、角川文庫、1980年、8版。
海の牙、角川文庫、1966年、3版。
五番町夕霧楼、新潮文庫、1972年、11刷。
くも飼い(筑摩大系 66)
若狭幻想、福武文庫、1986年。
くるま椅子の歌、中公文庫、1974年、3版。
良寛、中公文庫、1986年。
昨日の雪、「海」、1979年7月号。
薔薇海溝、光文社カッパノぺルズ、1972年.
ものの聲ひとの聲、小学館、1980年。
中国への旅、平凡社、1983年。
(中文)飢餓海峡〈何平伊凡訳〉、海峡文芸出版社、1987年、福州。
秋末の一日、母一夜、雪三景、「少年少女日本文学館21」所収。
湖笛・城、河出「国民の文学25」、1969年。
日本霊異記、岩波少年文庫、1997年、2刷。
皆川  淇園    問学挙要、「岩波日本思想大系47」所収、1972年。
南相馬市  おだかの人物(おだかの歴史特別変1)、2006年。
南 洋一郎  吼える密林、他3編、ほるぷ「日本児童文学大系29」所収。
南相馬市博物館  将門伝説 相馬と周辺地域、2007年。
南満州教育會教科書編輯部  満州補充読本(1,2,5の巻)
在満日本教育會教科書編輯部
(3,4,6の巻)復刻、国書刊行会、1979年。
南満洲鐵道株式会社編、満洲読本、、1940年8訂版、復刻版、国書刊行会、1985年。
ミネカイズカ、J.  雪は湿っていた、新潮社、1971年。
峰島  旭雄   (編著)概説 西洋哲学史、ミネルヴァ書房 1990年第3刷。
三野  混沌   銀銭、くぬぎ群林、妻を抱く力を失くすほど稼ぐでない、
あわ畑で書く、おれは行ってやつを助け、百姓同志、
「福島県文学全集 第二期6」所収。
三原  幸久   スペイン民族の昔話 岩崎美術社 1970年第2刷
宮   静枝   馬賊と菜の花、熊谷印刷出版部、1977年。
みやこうせい   地球放浪、あすなろ社、1972年。
羊とモミの木の歌、朝日選書、1988年。
宮尾 登美子   朱夏、上下、集英社、1985年、第5刷。
宮川  達二   海を越える翼―詩人小熊秀雄論、コールサック、2014年。
宮川  ひろ   おかあさんのつうしんぼ(伊勢英子絵)、偕成社、1979年。
宮城  音弥   性格、岩波新書、1960年。
三宅  雪嶺   真善美日本人 偽悪醜日本人、西郷隆盛とガリバルジー、
明治思想小史 時論、「中公日本の名著37」、1971年。
三宅  艶子   こうもり座序章、「海」、1977年1月号。
三宅  貴夫   キーワードブック医療と医学、クリエイツかもがわ、2008年。
認知症なんでも相談室、日本医療企画、2011年、第4刷。
宮崎  繁樹(編) 現代国際人権の課題、三省堂、1988年。
宮崎  滔天   三十三年の夢(抄)、狂人譚(抄)、炬燵の中より、
書簡、「中公バックス日本の名著45」、1984年。
支那革命軍談、西田勝編・解説、法政大学出版局、1967年。
宮崎 十三八   オハラ庄助談義ーー果たして実在の人物か、
「福島県文学全集 第二期。4」所収。
宮崎  駿    風の帰る場所、文春ジブリ文庫、2013年。
本へのとびらー岩波少年文庫を語るー、岩波新書、2012年、第4刷。
虫眼とアニ眼(養老孟司との対談)、新潮文庫、2010年9刷。
腰抜け愛国談義(半藤一利との対談)、文春ジブリ文庫、2013年。
時代の風音(堀田善衛・司馬遼太郎との鼎談)、朝日文芸文庫、1997年。
シュナの旅、徳間アニメージュ文庫、1983年。
崖の上のポーニョ、徳間アニメ絵本、2088年、7刷。
宮崎  雄行   詩集 黄金の雨、無限刊、1975年。
詩集 泉声、無限刊、1983年。
詩集 幻の塔、沖積舎、1990年。
詩集 海山の光、沖積舎、1996年。
詩集 流転の頌、沖積舎、2006年。
宮沢  賢治
新修宮沢賢治全集、全16巻、筑摩書房。
第一巻 短歌 歌稿 冬のスケッチ 句稿
第二巻 詩  『春と修羅』 同補遺
第三巻 詩  『春と修羅 第二集』
第四巻 詩  『春と修羅 第三集』、「詩ノート」
第五巻 詩  『春と修羅 詩稿補遺』、「疾中」
第六巻 詩  文語詩稿
第七巻 詩  「三原三部」「東京」「装景手記」
第八巻 童話  蜘蛛となめくじと狸、よだかの星、他
第九巻 童話  革トランク おきなぐさ 他
第十巻 童話  ビジテリアン大祭 土神と狐 他
第十一巻 童話  なめとこ山の熊 退く籾のすきな
署長さん他
第十二巻 童話  銀河鉄道の夜 風の又三郎 他
第十三巻 童話  『注文の多い料理店』 他
第十四巻 童話  化物工場 イギリス海岸 初期短篇 他
第十五巻 雑纂 農民芸術概論 手帳・ノート・メモより他
第十六巻 書簡・年譜
別巻  宮沢賢治研究
風の又三郎、他十八篇、谷川徹三編、岩波文庫、 1976年、34刷。
(中文)『風又三郎』〈周龍訳)、上海訳文出版社、2005年。
(中文)『銀河鉄道
宮沢賢治詩集、谷川徹三編、岩波文庫、1977年、31刷。
春と修羅第一集、手帳より、風の又三郎、銀河鉄道の夜、
注文の多い料理店、セロ弾きのゴーシュ、農民芸術
概論(筑摩現代文学体系15)
風の又三郎、「ちくま文学の森3」所収。
やまなし、「ちくま文学の森12」所収。
二十六夜、「ちくま文学の森2」所収。
シグナルとシグナレス、「ちくま文学の森11」所収。
どんぐりと山猫(高野玲子・絵)、偕成社、2010年、36刷。
宮沢賢治研究 1、2、草野信平編、筑摩書房、1981年、新装版第1刷。
Night Train to the Stars and the other stories(translated
by John Bester),Kodansha International,1987.
(中文)銀河鉄道之夜(河童訳)、新世界出版社、2003年。
宮沢賢治への旅(文藝春秋編)、文春文庫、1996年、第5刷。
宮沢賢治万華鏡、天沢退二郎編、新潮文庫、2001年。
宮澤賢治に聞く、井上ひさし編著、文春文庫、2002年。
「群像 日本の作家12 石川啄木」、小学館、1990年。
宮沢  清六   兄のトランク、ちくま文庫、1991年。
宮下  志朗   エラスムスはブルゴーニュワインがお好き、白水社、1996年。
宮下  隆二   イーハトーブと満洲国、PHP研究所、2007年。
宮嶋  資夫   坑夫(筑摩現代文学体系 64)
宮地  たか   情念の哲学、北樹出版、1991年、第3刷。
宮田  毬榮   追憶の作家たち、文春新書、2004年、第3刷。
宮田  光雄   アウシュヴィッツで考えたこと、岩波書店、1989年、第4刷。
キリスト教と笑い、岩波新書、1993年、第3刷。
いま日本人であること、岩波書店、1985年。
生きるということ、岩波ジュニア新書、1997年、第18刷。
宮本  一夫   神話から歴史へ 神話時代 夏王朝、「中国の
歴史01」、講談社、2005年。
宮本 正太郎   宇宙についての基礎知識 講談社学術文庫1989年、第16刷。
宮本  常一   忘れられた日本人、岩波文庫、1987年、8刷。
土佐源氏、「ちくま文学の森2」所収。
宮本   輝   幻の光、新潮文庫、1983年。
命の器、講談社、1983年、2刷。
泥の河、角川文庫、1983年、11版。
道頓掘川、角川文庫、1983年。
星々の悲しみ、文春文庫、1984年。
蛍川、角川文庫、1988年、28刷。
宮本  政於   在日日本人、ジャパンタイムズ、1993年。(淳)
宮本  武蔵   五輪書(渡辺一郎校訂)、岩波文庫、2010年、47刷。
宮本 百合子   現代の主題 筑摩「戦後思想の出発」所収
二つの庭、風知草(筑摩現代文学体系 38)
明治のランプ、村の三代、「福島県文学全集第二期2」所収。
貧しき人々の群、禰宜様宮田、「福島県文学全集第一期2」所収。         ペーチャの話、『川をわたる歌声』所収。
宮脇  真彦   芭蕉の方法 連句というコミュニケ―ション、角川新書、1992年。
明菴  栄西   興禅護国論、「岩波日本思想大系16」所収、1972年。
明    恵   摧邪輪(抄)、栂尾明恵上人遺訓(佐藤成順訳)、
「中公日本の名著5」、1971年。
三好  達治   なつかしい日本 筑摩「戦後思想の出発」所収
略記 冨山房「近代の超克」所収
詩集、(河盛好蔵編)、新潮文庫、1962年、19刷。
詩を読む人のために、岩波文庫、1997年、第16刷。
詩集(桑原武夫・大槻鉄男選)、岩波文庫、1993年 、第25刷。
随筆集(中野孝次編)、岩波文庫、1990年。
測量船、艸千里、一点鐘、花筐、駱駝の瘤にまた
がって抄 、なつかしい日本抄、夏のをはりの日
まわり、正午の夢、朔太郎詩の一面、魂の遍歴、
路、竹とんぼ、「筑摩書房現代文学大系 34」所収。
三好達治随筆集(中野孝次編)、岩波文庫、1990年。
「現代詩概観」、平凡社「世界教養全集」14所収。
「河鹿」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
猫、「ちくま文学の森12」所収。
民衆運動の思想  庄司吉之助他2氏校注、岩波二本思想体系58、1970年。