日本の作家 は行の「は」

灰谷 健次郎
・兎の眼、新潮文庫、1984年。
・太陽の子、新潮文庫、1988年、8刷。
・わたしの出会った子どもたち、新潮文庫、1984年、5刷。
・太陽の子、理論社、1987年、第80刷。(翔太に貸す、2016・2・23)
葉    隠
・夜陰の閑談、葉隠聞書、葉隠聞書付録、
「中公日本の名著17」、1969年。
・和辻哲郎・古川哲史校訂、上下、岩波文庫、1997年、26刷他。

誹風柳足留    新潮日本古典集成、1984年.
萩尾 望都(もと) なのはな、小学館、2012年。
萩原 恭次郎   死刑宣告(筑摩現代文学体系 67)
萩原 朔太郎
・郷愁の詩人与謝蕉村 岩波文庫 1989年 第5刷
・萩原朔太郎詩集(三好達治選)、岩波文庫、1977年、第32刷。
・『僕の孤独癖について」、平凡社「世界教養全集』別巻1所収。
・死なない蛸、「ちくま文学の森4」所収。
・猫町、「ちくま文学の森4」所収。
・群像 日本の作家10、萩原朔太郎、小学館、1992年。

萩原  葉子   花笑み、新潮社、1977年、8刷。
朴(ばく) 一(いる)   <在日>という生き方 差異と平等のジレンマ、講談社、1999年。
箱崎  総一   カバラ ユダヤ神秘思想の系譜、青土社、1986
橋川  文三
・増補 日本浪漫派批判序説、未来社、1972年、14刷。
・増補版 歴史と体験ーー近代日本精神史覚書、
春秋社、1972年、3刷。
・近代日本政治思想の諸相、未来社、1984年、13刷。
・標的周辺、弓立社、1977年。
・歴史と感情 雑感集 I、未来社、1983年、3刷。
・歴史と思想 雑感集  、 1983年、3刷。
・歴史と人間 雑感集  、 1984年、2刷。
橋根  直彦   蝦夷地滅びてもアイヌモシリは滅びず、新泉社、1973年。
橋本 カツ子   〈訳・編)一九四五年 慟哭の満州 日本人孤児から
の手紙、太平出版社、1978年、第2刷。
橋本 多佳子   紅糸(筑摩現代文学体系 69)
芭   蕉
・紀行文集、中村俊定校注、岩波文庫、1974年、4刷。
・奥の細道 付 曾良随行日記、杉浦正一郎校注、
岩波文庫、1975年、20
・芭蕉俳句集 中村俊定校注 岩波文庫、1988年、第23刷
・芭蕉七部集、中村俊定校注 岩波文庫、1989年、25刷。
・芭蕉連句集、中村俊定・萩原恭男校注、岩波文庫、1975年。
・芭蕉書簡集、萩原恭男校注、岩波文庫、1979年2刷
・許六・去来 俳諧問答、横沢三郎校注、岩波文庫、
1983年、第3刷。
・去来抄・三冊子・旅寝論 岩波文庫 1987年 34刷
・芭蕉句集、新潮日本古典集成、1982年。
・芭蕉全集、日本名著全集刊行会、1929年。
・小学館日本古典文学全集 松尾芭蕉、1987年、第17版
・岩波日本古典文学大系 45 芭蕉句集、1970年第10刷。
・芭蕉文集、1971年第13刷。
・岩波新日本古典文学大系70、芭蕉七部集、
白石・上野校注、1990年。
・自筆 奥の細道、岩波書店、1997年。
・蕉門名家句選(上)(下) 堀切実編注 岩波文庫、
第1刷、1989年
・芭蕉句集 小宮豊隆著 岩波新書 1989年 第21刷
(論) 芭蕉を読む、対談・遠藤嘉基編、創柘社、1989。
・角川・観賞日本古典文学第28巻 芭蕉、井本農一編、
1975年。
・芭蕉入門、井本農一著、講談社学術文庫、1989年、
第15刷

長谷川  櫂   四季のうた、中公新書、2005年再版。
長谷川 憲一   ヘルボックス 印刷の現場から、影書房、2008年。
長谷川 鉱平   本と校正、中公文庫、1975年、15版。

長谷川 四郎
・シベリヤ物語、旺文社文庫、1977年、第3刷。
・おかし男の歌、「ちくま文学の森5」所収。
・鶴、「ちくま文学の森15」所収。
・ちくま日本文学全集  長谷川四郎、1992年。
・恐ろしい本、ちくま少年図書館2、歴史の本、1989年、18刷。

長谷川  伸   胴を惜む物語、「福島県文学全集第一期3」所収。
女賊お君、「ちくま文学の森8」所収。
瞼の母、「ちくま文学の森2」所収。
長谷川 高生 大衆社会のゆくえ、ミネルヴァ書房、1996年。
独裁から民主主義へ スペインと日本、
ミネルヴァ書房、1999年。
長谷川 テル   嵐の中のささやき(高杉一郎訳)、新評論、1980年。
編集委員会編  『長谷川テル』、せせらぎ出版、2007年。
長谷川如是閑  「真実はかく佯る」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
「ある心の自叙伝」、平凡社「世界教養全集」28 所収。
長谷川 町子  サザエさん No.53、姉妹社、1969年。
長谷川 元吉  父・長谷川四郎の謎、草思社、2002年。
長谷部俊一郎   風、山径、目、夜、「福島県文学全集 第二期6」
所収。
秦   郁彦   南京事件 「虐殺」の構造、中公新書、1989年、7版。
畑   正憲   ムツゴロウのため息、文春文庫、1980年。
羽田  令子   李香蘭、そして私の満洲体験、社会評論社、 2006年。
波多野 精一  「基督教の起源」、平凡社「世界教養全集」9所収。
畑山   博   いつか汽笛を鳴らして、文春文庫、1986年。
埋もれた遺書-ー日本の母たち、潮出版社、1977年。
サン=テクジュペリの宇宙、PHP新書、1997年。
バチェラー八重子  若きウタリに、岩波現代文庫、2003年。
八戸市立図書館  (編)安藤昌益、1974年、第2版。
蜂谷  道彦   ヒロシマ日記、平和文庫・日本ブックエース、2012年2刷。
服部  之総  「黒船前後」、平凡社「世界教養全集」17所収。
服部  誠一   東京新繁盛記(抄)、「福島県文学全集第二期1」所収。
波立   一   夜明の集会、檻の中、運勢、結党の焔、動員令、
芥溜の都よ、「福島県文学全集 第二期6」所収。
抜隊  得勝   塩山和泥合水集、「岩波日本思想大系16」所収、1972年。
公平   従軍慰安所[海の家]の伝言、日本機関紙出版センター、1992年。
花岡  大学   やわらかい手(復刻版)、求龍堂、1998年。
花崎  皋平   静かな大地 松浦武四郎とアイヌ民族、岩波書店、1988年。
生きる場の哲学、岩波新書、?

花田  清輝
・復興期の精神、講談社文庫、1973年、3刷。
・著作集 Ⅰ (復興期の精神、錯乱の論理)、未来社、1983年、9刷。
・Ⅱ (大衆のエネルギー、二つの世界)、1980年、6刷。
・Ⅲ (アヴァンギャルド芸術、さちゅりこん)1978年、7刷。
・Ⅳ (近代の超克、もう一つの修羅)、 1980年、5刷。
・Ⅴ (仮面と顔、胆大小心録)、 1983年、5刷。
・Ⅵ (泥棒論語、爆裂弾記)、 1978年、4刷。
・Ⅶ (鳥獣戯話、俳優修業、冠者伝) 1979年、4刷。
・シラノの晩餐、未来社、1975年、2刷。
・新編 映画的思考、未来社、1981年、7刷。
・箱の話、潮出版社、1974年。
・ナマズ考、「ちくま文学の森12」所収。
・七、「ちくま文学の森14」所収。
・クバニ王国考、「ちくま文学の森13」所収。

花村  春樹  ゆずり葉 若い人々へ託す願い、笹気出版、2010年。
羽仁  五郎   ミケルアンジェロ、岩波新書、1968年、28刷。
「日本歴史の特殊性」、 筑摩「戦後思想の出発」所収
「極大・極小」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
「変形譚」、平凡社「世界教養全集」別巻2所収。
埴谷 雄高  ドストエフスキー その生涯と作品、日本放送出版協会、1965年。
虚空、現代思潮社、1966年、5刷。
不合理ゆえに吾信ず、現代思潮社、変形判、1967年、2版。
々      、現代思潮社、B6判、1996年、第16刷。
影絵の世界、平凡社。
作品集 別巻、埴谷雄高論、河出書房新社、1972年。
闇の中の黒い馬、河出書房新社、1972年、7版。
姿なき司祭 ソ聯・東欧紀行、河出書房新社、1976年。
精神のリレー(講演集)、河出書房新社、1976年。 3冊あり。
薄明のなかの思想 宇宙論的人間論、筑摩書房、1978年。
欧州紀行、中央公論社、1979年、8版。
死霊〈全五章〉、講談社、1976年。
六章、講談社、1981年。
七章、「群像」1984年10月特大号。
八章、「群像」1986年9月号。
九章、「群像」1995年11月号。
※五点、私製合本とする。
「死霊」断章、「群像」1997年4月号。 ※行方不明
死霊、存在と非在とのっぺらぼう、夢について、
可能性の作家、不可能性の作家、『存在の探求 上』所収。
戦後の先行者たち 同時代追悼文集、影書房、1984年。
ラインの白い霧とアクロポリスの円柱、福武書店1986年。
隠された無限 小川国夫との往復書簡、岩波書店、1988年。
幻視者宣言、三一書房、1994年。
生命・宇宙・人類、角川春樹事務所、1996年
無限の相の下に、岩波書店、1997年。
大岡昇平・埴谷雄高 二つの同時代史、岩波書店、1984寝、第二刷。
未来社評論シリーズ
1 濠渠と風車 1966年4刷。
2 鞭と独楽 1966年4刷。
3 墓名と影絵 1972年9刷。
4 罠と拍車 1966年、3刷。
5 垂鉛と弾機 1964年、2刷。
6 甕と蜉蝣 1964年。
7 振子と坩堝 1971年、7刷。
8 弥撤と鷹 1966年。
9 渦動と天秤 1968年。
10 兜と冥府 1971年、4刷。
11 橄欖とカタコンブ 1972年、3刷。
12 鐘と遊星 1975年。
13 石棺と年輪 1976年、2刷。
14 蓮と海嘯 1977年、2刷。
15 天頂と潮汐 1980年。
16 暈と極冠 1984年。
17 雁と胡椒 1990年、2刷。
18 滑車と風洞 1991年。
19 虹と睡蓮  1995年、3刷。
20 螺旋と蒼穹 1995年。
未来社対談シリーズ
1 凝視と密着 1976年、7刷。
2 架空と現実 1976年、6刷。
3 黙示と発端 1976年、4刷。
4 天啓と窮極 1978年、3刷。
5 微塵と出現 1983年、2刷。
6 単独と永劫 1983年。
7 覚醒と寂滅 1986年
8 無限と中軸 1990年
9 重力と真空 1991年
10 超時と没我 1996年
11 瞬發と残響 1996年
12 跳躍と浸潤 1996年
埴谷雄高作品集 全七巻 河出書房新社(1971~1972)
第一巻 死霊      解説 吉本隆明
第二巻 短編小説集   解説 秋山 駿
第三巻 政治論文集   解説 鶴見俊輔
第四巻 文学論文集   解説 井上光晴
第五巻 外国文学論文集 解説 大江健三郎
第六巻 随想集     解説 倉橋由美子
別巻  埴谷雄高論
「観念の自己増殖」、平凡社「世界教養全集」別巻2所収。
『埴谷雄高は最後にこう語った』【聞き手】松本健一、
毎日新聞社、1997年。
※埴谷雄高論
白川正芳『始まりにして終り 埴谷雄高との対話』、
文藝春秋,1997年。
「国文学」特集埴谷雄高、1972年1月号、學燈社。
「作家の世界 埴谷雄高」、1977年、番町書房。
「ユリイカ」特集埴谷雄高、1978年3月号、青土社。
※以上三点合本。
山口泉『新しい中世がやってきた』、巻末対談、
岩波書店、1994年。
埴谷雄高の文学と思想、鶴見俊輔・島田雅彦、
対談 河村湊・奥泉光、「群像」1998年3月号。
大江健三郎「『死霊』の終わり方」、「群像」1999年4月号。

馬場 あき子   いかで都へ告げやらむ、「福島県文学全集                                        第二期4」所収。
馬場  恵二   ギリシア・ローマの栄光、講談社ビジュアル版
世界の歴史 、1984年。
馬場  伸也   満州事変への道 幣原外交と田中外交、中公新書、1972年。
馬場  富子   ざっと昔 相馬の昔話、1986年。
帯木  蓬生   ヒトラーの防具、新潮文庫、上下、1999年。
浜  いさを   浜いさをの世界 人のかたち(加藤幸子。
萩原葉子・西岡武良・他)、冲積舎 1999年。2冊あり。
浜尾  四郎   日本探偵小説全集5 浜尾四郎集、創元推理文庫、1985年。
浜口  充子   北京三里屯第三小学校、岩波新書、1976年。
浜田  滋郎   エル・フォルクローレ、晶文社、1982年、第2刷。
浜田  知明   人間の風景ー浜田知明の世界展、佐喜眞美術館、2011年。
浜田  廣介   泣いた赤おに、偕成社文庫、1976年、第2版。
「日本児童文学大系13 浜田博介集」、ほるぷ出版、1977年。
浜野 健三郎   (編著)あゝ満州、秋元書房、1971年。
早川 孝太郎  「猪・鹿・狸」、平凡社「世界教養全集」21所収。
早川書房編集部編   ミステリ・ハンドブック、ハヤカワ文庫、1992年、4刷。
早坂   隆    日本の戦時下のジョーク集 満洲事変・
日中戦争編、中公新書ラクレ、2007年。
早坂 泰次郎   人間関係の心理学、講談社現代新書,1992年、28刷。(淳)
林    郁   満州・その幻の国ゆえ 中国残留妻と孤児の記録、
筑摩書房、1983年。
林  健太郎   両大戦間の世界、講談社学術文庫、1976年。
林   京子   黄浦江、「海」、1979年7月号。
空缶、『何とも知れない未来へ』所収。
林   俊一   英文レターの書き方、高橋書店、1994年。
林    髞    勉強が好きになる本、カッパブックス、光文社、1963年。
林    武   美に生きる、現代新書、1982年、第33刷。
林   竹二   教育亡国、筑摩書房、1983年。
田中正造の生涯、講談社現代新書、1980年9刷。
灰谷健次郎と対談 教えることと学ぶこと、小学館1988年。
林  ただ夫   日本帝国終末 筑摩「戦後思想の出発」所収
林   達夫   無抵抗主義者 筑摩「現代人間論」所収
歴史の暮方、中公文庫、1976年。
共産主義的人間、中公文庫、1975年、再版。
(久野収との対話)思想のドラマトゥルギー、平凡社、
1974年。
著作集1 芸術へのチチェローネ、平凡社、1975年、第6刷。
2 精神史への探求、1975年、第4刷。
3 無神論としての唯物論、1975年、第4刷。
4 批評の弁証法、1975年、第6刷。
5 政治のフォークロア、1975年、第7刷。
6 書籍の周囲、1975年、第4刷。
「歴史の暮方」、平凡社「世界教養全集」別巻1所収。
林    望   パソコン徹底指南、文春新書、1991年。
林   房雄   武装せる天皇 筑摩「国家の思想」所収
勤皇の心 冨山房「近代の超克」所収
四つの文字、「アンソロジー人間の情景1」、
運命の法則、所収、文春文庫、1992年。
愛国心と青少年、会津と私、「福島県文学全集
第二期3」所収。
林   不忘   丹下左膳(乾雲坤竜の巻)・魔像、河出国民の文学10、1968年。
丹下左膳(一)乾雲坤竜の巻、光文社文庫、2004年。
丹下左膳(二)こけ猿の巻、光文社文庫、2004年。
丹下左膳(三)日光の巻、光文社文庫、2004年。
林  芙美子   放浪記、新潮文庫、1962年、45刷。
茶色の眼、新潮文庫、1963年、16刷。
浮雲、新潮文庫、1962年、24刷。
浮雲(筑摩現代文学体系 41)
風琴と魚の町、泣虫小僧、「講談社少年少女
日本文学館11」所収。
風琴と魚の町、「ちくま文学の森3」所収。
林田 慎之助   司馬遷、中国の人と思想⑥、集英社、1984年。
林家  正蔵(八代目) あたま山、「ちくま文学の森5」所収。
早瀬  圭一   失われしもの、毎日新聞社、1986年。
早瀬   馨   人形、作品社、2011年。
浜尾  文郎   生きる意味を聞く、中央出版社、1990年、14刷。
葉山  嘉樹   海に生くる人々、淫売婦、セメント樽の中の手紙
(筑摩体系 37)
速水  敬二   ルネッサンス期の哲学、筑摩書房、1985年、7刷。
原   石鼎   花影(筑摩現代文学体系 69)
原    佑   (井上忠・杖下隆英・坂部恵共著)西洋哲学史[第三版]
東京大学出版会、1993年、19刷。
原   民喜   原爆被災時のノート 筑摩「戦後思想の出発」所収
原爆小景 筑摩「現代人間論」所収
夏の花(筑摩現代文学体系 65)
夏の花、「少年少女日本文学館17」所収。
心願の国、夏の花、『何とも知れない未来へ』所収。
原    誠   中南米のスペイン語、近代文芸社、1995年。
言語学的文法構築の方法、近代文芸社、2004年。
スペイン語創出文法、近代文芸社、2007年。
原田  靜    二つの祖国・ひとつの家族、鉱脈社、2004年。
原田 種成   漢文のすすめ、新潮選書、1992年。
原田 宗典   しょうがない人、集英社文庫、1993年、2刷。
梁取  三義   ちょっと恥かしい文学碑の話、ふるさとの五月、
「福島県文学全集 第二期5」所収。
春山  行夫  月の出る町、花花、植物の断面、シルク&ミルク、鳥類学、
「日本の詩歌」25所収。
バレンタイン・デ・スーザ  神様は私たちといる、紀尾井書房、
1992年、13刷。
ハーン、ラフカディオ  怪談・奇談(田中三千稔訳)、角川文庫、1993年、88版。
新編 日本の面影(池田雅之訳)、角川ソフィア文庫、2000年。
半沢  孝麿   近代日本のカトリシズム、みすず書房、1993年。
半田  元夫   (今野國夫共著)キリスト教史 、1977年。
半藤  一利   清張さんと司馬さん、NHK出版、2002年、2刷。
あの戦争と日本人、文藝春秋、2011年、2刷。
幕末史、新潮文庫、2012年。
坂東  省次   (編著)現代スペインを知るための60章、明石書店、2013年。
伴野  準一   スコット・ジョブリン 真実のラグタイム、春秋社、2007年。
半村   良   箪笥、『実験小説名作選』所収。